【スバル WRX STI】 グローバルラリークロスで優勝狙う!

この記事は2分で読めます

【スバル WRX STI】 グローバルラリークロスで優勝狙う!

あわせて読みたい記事:【GRC選手権】新井敏弘仕様「スバル WRX STI」スペック

あわせて読みたい記事:【スバル】 「インプレッサ」:グッドウッド2016 最速記録!

あわせて読みたい記事:【マツダ ロードスター アークティック】 英国限定400台仕様

アメリカの人気モータースポーツ「GRC(GLOBAL RALLYCROSS・グローバルラリークロス)に参戦する「スバル WRX」は、車両重量:約1,300kgの軽量ボディに、最高出力:約600psの2リッターターボエンジンを搭載したモンスターマシンであり、そのポテンシャルは、0-100km/h加速:2秒台前半というスペックを誇り、レース展開としてはクラッシュ当たり前の激しいバトルが繰り返されるモータースポーツです。アメリカ3大ネットワークのひとつ、「NBC」社のスポーツ部門である「NBCスポーツ」でも放映されるなど「GRC(GLOBAL RALLYCROSS・グローバルラリークロス)」は、大人気であり今やドイツの「VW」社、アメリカの「フォード」社に加えて、「ホンダ」、「スバル」が参戦し、ますます参戦する自動車メーカーが増加しそうです。

「WRX STI」で参戦している「スバル」は、2017年シーズンから「STI(スバルのモータースポーツ活動やチューニングパーツ、コンプリートカー開発などを行う子会社)」が本格的にマシン開発に着手しています。現在の状況は、エンジンや足まわりなどを日本で開発中ということです。そして開発のためのテストとして、2016年シーズンに「クリス・アトキンソン」選手がドライブしたマシンを日本に持ち込み、その第一弾となるテストを埼玉の本庄サーキットで実施したばかりでした。今回のテストの主な目的は、停止状態からの素早い発進を可能にする「ローンチコントロール」ということです。

実は、2016年のチャンピオンである「フォルクスワーゲン(VW)」のマシンにスタートで大きく差を付けられる状況となっており、その問題点を改善しようというわけです。その開発が順調に進み2017年シーズンは、表彰台を目標に闘うということです。ドライバーは2016年の「GRC(GLOBAL RALLYCROSS・グローバルラリークロス)」の最終戦にスポット参戦した「新井敏弘」選手ですが、次のようにコメントしています。「今まで乗ってきたクルマのなかで一番速いというマシンだが、ローンチコントロールだけではなく、足まわりの前後バランス、エンジンなど速くなる要素はまだまだたくさんある」ということです。

それで、今回のテストドライブで「新井敏弘」選手が感じ取った問題点と、「STI」側が考えていた問題点は一致しており、「STI」ではその問題点を改良すべく、「エンジン(スーパーGTのエンジンをベースに、燃焼室形状の変更などを施しているとのこと)」や足まわりの大幅改良を行っている最中だということです。2017年シーズンのドライバーは、昨年に引き続いての参戦となる「クリス・アトキンソン」選手、2016年までは「フォード」社に所属し、優勝経験のある「パトリック・サンデル」選手の2名体制となっています。ただ、3台をエントリーさせるイベントも予定されているとのことで、「新井敏弘」選手のスポット参戦が期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。