【ポルシェ 959 S(スポーツ)】生産29台の価格・スペック

この記事は2分で読めます

【ポルシェ 959 S(スポーツ)】生産29台の価格・スペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911R】スティーブマックイーン トリビュート仕様

あわせて読みたい記事:【日産 フェアレディZ】スターロードS30Z 東京オートサロン

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGTS-R(R31)】グループA勝利への道

世界の名車の中でもレアな「ポルシェ 959」ですが、その中でも「ポルシェ 959スポーツ」がオークションに登場予定ということです。「ポルシェ 959」自体が、生産台数292台のみの生産と非常に少なく、そして「959スポーツ」はそのうちわずか「29台のみ」の生産となっています。しかも、今回出品される個体は、「完全オリジナル」で非常にレアな個体といえます。「ポルシェ 959」とは、当時のグループBのホモロゲーションを取得するため200台の生産予定でスタートしましたがプロジェクトは、予想をはるかに超えるオーダーに少しでも応えるために増産されることになり、最終的には283台が生産されたモデルです。

エクステリアは「ポルシェ 911」と似た外見のボディデザインでは、あるものの「ポルシェ 911」と共用のパネルはありません。このデザインによってエアロダイナミクスは向上しており、ボディと一体化されたリアフェンダー、下面全面のカバーリング、NACAダクトの採用などによりCd値:0.31と優れた空気抵抗値となっています。また、ボディの素材はケブラーやガラス繊維により強化されたエポキシ樹脂を素材を採用し、オートクレーブ加工したハイブリッド構造となっていることも注目できます。フロントフードとドアパネルには熱硬化性アルミニウム合金、バンパーは復元性に優れたガラス繊維強化ポリウレタンを使用するなど、部位ごとに材質を使い分けられており、軽量化にも貢献しています。

パワートレインとして注目すべきは、「ポルシェ 959」には画期的ともいえる四輪駆動システムが採用されていました。可変トルクスプリット式と呼ばれ、コンピュータ制御により加減速・コーナリングなどの車体状況に応じ前後の駆動力配分を自動制御し、ステアリングコラムに設けられたレバースイッチにより、天候状態や路面状況により最適なモードを選択することができるようになっていました。また場所さえ確保すれば公称値である最高速度300km/h以上を何ら問題なく達成し、その一方で「930型」の「ポルシェ 911」をベースとしているので後席があるなど日常的な足にもなるという全く正反対の二面性を持つ車となっていることも注目できます。

今回、出品予定の「ポルシェ 959スポーツ」は、快適装備を追加したモデルですが、コンフォートモデルに比べて100キロ軽く仕上げられています。製造は1989年、これまでのオーナーは3人とのことです。外装には「959S」のデカールが貼られています。

インテリアデザインにおいては、シート表皮はレザーではなくファブリックが採用されています。レース用ハーネスも装備されており、「スポーツ」をアピールしています。

足回りを見るとホイールもボディ同色に配色されており、ボディのペイントは統一感が際立っています。

「ポルシェ 959」に搭載されていたパワーユニットは、グループC車両である「ポルシェ 962C」に搭載していた、シリンダーヘッドのみ水冷の半空冷式水平対向6気筒935/82型エンジンをベースに、公道での使用に耐えられる改良を加えた仕様となっています。ボア:95mm × ストローク:67mmで排気量:2,848ccというレースのレギュレーションを考慮しての設定です。

1気筒あたり4バルブ、2基のKKK製ターボチャージャーを装着し低・中回転時には1基のみ、高回転に差しかかったところで2基により過給を行なうシーケンシャル制御のツインターボで低中回転域の実用的なトルク、レスポンスと高回転域のハイパワーを両立したセッティングとなっています。

圧縮比8.0とし、最高出力:450PS/6,500rpm、最大トルク:51.0kgm/5,500rpmというスペックです。

しかし、この「ポルシェ 959S(スポーツ)」のスペックは、最高出力:515PSとなっており、組み合わされるトランスミッションは6MTとなっています。ポテンシャルは、0-100キロ加速:3.2秒、最高速度は「市販車最速」の記録を打ち立てた314km/hとなっています(当時のテストでは最高速度:339km/hを記録)。

出品される「ポルシェ 959S(スポーツ)」の個体は、ファーストエイドキットなど付属品も完備しています。落札価格は、2億5000万円を超えると見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。