【ルーシッドモーターズ エア】テスラのライバル?価格や性能は?

この記事は2分で読めます

【ルーシッドモーターズ エア】テスラのライバル?価格や性能は?

あわせて読みたい記事:【ポルシェ ミッションE】初の電気自動車(EV)発表 スペック

あわせて読みたい記事:【テスラ】追加アップデートでポルシェ 918と同等のスペック?

あわせて読みたい記事:【Next EV NIO EP9】 世界最速のEVマシンとは?

「ルーシッド・モーターズ」が、ついに同社初の市販モデルとなる新型高級電気自動車「エア(Air)」を公開しました。価格は「10万ドル(約1,080万円)」を超える見込みで、同じ電気自動車のテスラ「モデルS」のみならず、BMW「7シリーズ」やメルセデス・ベンツ「Sクラス」など従来の内燃エンジンを搭載する高級セダンもライバルとなるということです。2018年にアリゾナ州カサグランデの工場で生産が開始される予定です。

  • 20161217115305

2016年12月14日(現地時間)に行われた発表イベントでは、このラグジュアリーカーのエクステリアデザインだけでなく、業界最大級のバッテリーパックも公開されました。

  • 20161217115301

オプションで用意されるバッテリーの最大容量は、「130kWh(標準は100kWh)」と、最新のテスラの「モデルS」の100kWhを上回るスペックです。「ルーシッド・モーターズ」とバッテリーパックを共同開発した電池メーカーの「サムスンSDI」によれば、このクルマの航続距離は「400マイル(約643km)」を達成しているということです。

  • 20161217115306

「ルーシッド・モーターズ」によれば、「エア(Air)」はドライバーが求めるラグジュアリーカー、スポーツカー、コミューターとしてのニーズを全て完全に満たすということです。

  • 20161217115307

パワートレインは前後にサスペンションと統合された2基のモーター、そしてリアにはトランスミッションも組み込まれ、最高出力は合計で1,000馬力、0-100km/h加速は2.5秒というスペックです。

  • 20161217115311

同社の最高技術責任者(CTO)を務める「ピーター・ローリンソン」氏によれば、このようにクルマの端にすべてを詰め込むことで、広い居住空間を確保することが可能になったというAirには自動運転も可能にする短距離用および長距離用レーダー、カメラ、LiDARセンサーなどが搭載されているという。

  • 20161217115303

発売までにある程度の自動運転が実現する見込みだが、多くの機能は後から無線アップデートで使用可能になるようです。

  • 20161217115310

最新技術はこれだけに留まらず、他の多くのラグジュアリーカーと同様、ボイス・コントロールを採用した専用のコンパニオン・アプリが用意され、車内でAmazon EchoやSiriのように「安全で手間をかけずに」声で操作できるということです。

「ルーシッド・モーターズ」によると、十分なオプションを装備したモデルは10万ドル以上になるとのことだが、将来的には「6万5,000ドル(約770万円)」の廉価モデルも提供される予定ということです。


「Lucid Motors Air」:スペック・価格

  • 20161217115309
  • 電気自動車メーカー「テスラ」の幹部だった「Peter Rawlinson」が立ち上げた新興電気自動車メーカー「Lucid Motors」初の生産モデルです。
  • ミッドサイズセダンながら1000馬力を出力する電気モーターユニットを搭載しています。
  • アリゾナの自社工場で2018年から生産予定です。

スペック

  • パワートレイン:電気モーター×2基(前後に1基ずつ搭載)
  • 最高出力:1000ps(F:400ps、R:600ps)
  • 0-96km/h加速:2.5秒
  • 航続距離:480km or 640km(バッテリー容量を2種用意)
  • ショートレンジとロングレンジのレーダー、カメラ、LiDARセンサーにより、自律走行が可能な装備を搭載
  • 自律走行システムは、発売時に使えるもののほか、アップデートで追加予定

「Lucid Motors Air」:価格(円換算)

  • 新車価格:約1100万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。