【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車両のミアのホンダNSX

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車両のミアのホンダNSX

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 実はヴィン・ディーゼルは続編を断っていた

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ジェットブレイクのあらすじ・キャスト・車

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本では『ワイスピ』という略称で親しまれている。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。今回は、シリーズとしては5作目の「ワイルドスピード メガマックス(fast five)」の.冒頭の囚人移送車を襲撃するシーンに登場する「ホンダ・NSX」に注目。


「ワイルドスピード・メガマックス」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード5】劇中車ケーニグセグCCXRのスペック・価格

指名手配犯のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、彼を脱獄させた元FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)。“お尋ね者”として追われる身となった彼らは、厳重に張り巡らされた捜査網といくつもの国境を越え、共に南米の地に降り立った。 ブラジルの裏社会に身を隠しながら、持ち前のドライビング・テクニックを生かし、超高級車の強奪など命がけのヤマをこなしていく2人。しかし彼らは、逃亡生活から抜け出し永遠の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪うという、あまりにも無謀な最後の賭けに出る。難攻 N落の厳重なセキュリティを破り大金を盗みだすために、彼らは世界中に散らばる凄腕レーサーを招集。強烈な個性と超絶ドライビング・テクニックが交わるドリーム・チームを結成し、常識を覆す手口の大金強奪ミッションに挑む。しかしそんな彼らの計画の前に、FBI特別捜査官・ホブス(ザ・ロック)が立ちはだかる・・・。 果たして彼らは、激しい追跡の手から逃げ切る事が出来るのか―?そして最高難易度の強奪作戦を成功させ、永遠の自由を得ることが出来るのか―?

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車デ・トマソ・パンテーラ


「ホンダ・NSX」:概要

あわせて読みたい記事:【NSXアレックスザナルディエディション】限定51台のスペック

日本の名車の一台として挙げられる「ホンダ:NSX」は、「ホンダ」社の新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させた「New SportsCar X」の略名でデビューしました。初代のキャッチコピーは『our dreams come true』、『緊張ではない、解放するスポーツだ』というものでした。初代モデルは、もともと第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから開発された車であり、バブル景気絶頂期の1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、(フルモデルチェンジに相当する内容の改良は幾度となく行われた)2005年12月まで販売がなされました。

当時市販自動車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用していました。その特殊性から、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、エンジン同様、生産は手作業で行っていたゆえに、日本車で唯一のスーパーカーとも評されたモデルです。

「ホンダ・NSX」:スペック

  • 年式:2005年モデル
  • 型式:LA-NA1型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,430mm × 1,810mm × 1,160mm
  • ホイールベース:2,530mm
  • トレッド(F/R):1,510mm / 1,540mm
  • 車両重量:1,270kg
  • エンジン型式:C32B
  • エンジン形式:水冷V型6気筒DOHC24バルブ
  • 排気量:3,179cc
  • ボア×ストローク:93.0mm×78.0mm
  • 圧縮比:10.2
  • 最高出力:280ps(206kW)/ 7,300rpm
  • 最大トルク:31.0kg・m(294.2N・m)/ 5,300rpm
  • 駆動方式:MR
  • トランスミッション:6MT
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):215/40R17 83Y / 255/40R17 94Y

「ワイルドスピード・MEGAMAX劇中車両/ホンダ・NSX」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】映画に登場する車種リスト一覧

「ワイルドスピード・メガマックス」の冒頭、囚人移送車に乗るドミニクの逃走を図るために「ダッジ・チャージャー」、「ポンティアック・ファイアーバード・トランザム」、「ホンダ・NSX」が使用されますが、その三台ののうちの一台が「ミア・トレット」が運転する「ホンダ・NSX」。

ボディカラーはブラック。インテリアに赤い革張りのシートを装備。

6速マニュアルトランスミッションを備えており、エンジンはノーマルで280psオーバーの最高出力を誇るC32B型 V6エンジンを搭載しています。

劇中車両として使用された車は、NSX-Rサスペンション、ブレーキ、ホイール、外装部品、その他のアップグレードを含め、大幅に変更されているチューニングマシンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。