【特攻の拓のバイク】ユキヒコの愛車ホンダ・スティードのスペック

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】ユキヒコの愛車ホンダ・スティードのスペック

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

あわせて読みたい記事:【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「ユキヒコ」の愛車である「ホンダ・スティード」に注目。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【灰色の壁~歯車~登場車種バイク】奥野壮の愛車カワサキZ400GP

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だった「キング・ケニー」こと「ケニー・ロバーツ」からケニー・ロバーツ号と命名していた「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「ユキヒコ」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】高遠陸夫のハーレー・SSグレイゴースト仕様

作中での登場は昔、警察に捕まりそうになった時に麻美を裏切って逃走した男として登場。麻美が単車乗りの男性不信になった元凶。後に、天羽と武丸、龍也、マサト達の乱闘に巻き込まれた際、拓によって事故らされ、直後にクソナベの愛車と共に単車ホンダ・スティードが爆発してしまう。


「ホンダ・スティード」:概要

あわせて読みたい記事:【アナスタシア・セボスカァヤ】愛車のドゥカティや歴代彼氏や結婚

ホンダ初の本格的アメリカンとして開発されたモデル。発売より約10年間でシリーズ累計8万台もの出荷を記録したベストセラーモデル。400ccモデルでは、NV400のものをベースとしブロスproduct2のために新開発されたNC25Eを採用。ミッションは5段となる。キャブレター仕様のシャドウおよびVRXロードスターにおいて同じものが搭載されていた。600ccモデルではトランザルプ600Vに採用されるPD01Eを採用。ミッションはワイドレンジの4段となる。ベースとなったモデルでは振動低減のために位相クランクが採用されたが、アメリカンでは振動も味付けの一つとなるため、スティードにおいては同軸クランクが採用された。また、空冷エンジン風のフィンが装着された。マフラーは右側2本出しのテーパード(葉巻型)タイプを標準装備。カスタム然とした美しいフォルムが人気を呼んだ。手前側に引き気味のティラー・バー型ハンドルを装着していたが、400ccモデルに限りフラット・バー型も選択可能。燃料タンクは当初9リットルの容量であったが、後に11リットルへと増加されている。スピードメーターはトップブリッジ上に装着され、タコメーターおよび燃料計は装備されない。


「ホンダ・スティード」:モデル一覧

  • 1988年:スティード400および600の販売が開始される。400ccではティーラーバーハンドルの他にフラットバーハンドルも選択できた。
  • 1990年:バックレストが標準装備となる。
  • 1993年:燃料タンク容量が9Lから11Lへと増加される。
  • 1995年:6月、装備を簡素化し価格を下げたVCLが追加。12月、ギア比、マフラー構造、キャブレターセッティングの変更が行われ、400ccモデルの出力と燃費が向上される。バリエーションモデルとしてVSEが追加。
  • 1998年:スプリンガーフロントフォークを装備したVLSを追加。同時にVSE、VCL、600ccモデルの製造が終了された。再度ギア比の変更が行われている。
  • 2001年:VLSの製造が終了し一車種に統合され、サブネームは消滅する。排ガス規制対応が行われる。
  • VLX:スティードVCLの登場に合わせ、従来モデルにVLXのサブネームが与えられた。これはスティード600の北米輸出仕様であるVT600シャドウに与えられていた名称である。
  • VCL:従来型のモデルの装備を簡略化して本体価格を3万円低減させたモデルである。標準装備されていたバックレストをオプション化、シート表皮をシンプルなソリッドタイプとした。
  • VSE:後輪にVツイン・マグナと同様のアルミ製ディッシュホイールを追加、リアフェンダーおよびテールランプ周りの変更をしたほか、大型のハンドルを採用するなど力強さを強調した。
  • VLS:1998年、誕生10周年の節目に発売されたモデル。カスタム色を強めクラシカルな外見のスプリンガー・フロントフォーク、21インチの大径フロントタイヤを採用し、よりローダウン化が図られている。リアフェンダー周りはVSEと同一。
  • 最終モデル:2002年の排ガス規制強化に際してVLSは生産を中止。VLXのみに排ガス規制対応措置(エアの二次導入)が施され、名称はアルファベット表記を用いないスティードに戻されている。これが最後のモデルチェンジとなり、同じ系列のエンジンを搭載するシャドウシリーズに吸収された。

「ホンダ・スティード」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2310/760/1130mm
  • シート高:680mm
  • 車軸距離:1600mm
  • 車体重量:208kg(装)
  • 燃料消費率:37.0km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:9L
  • エンジン:水冷4ストロークOHC2気筒
  • 総排気量:398cc
  • 最高出力:30ps/7500rpm
  • 最高トルク:3.3kg-m/5500rpm
  • 変速機:常時噛合式5速リターン
  • タイヤサイズ:前100/90-19(57S)/後170/80-15(77S)
  • バッテリー:FTX9-BS
  • オイル容量:※ゲージ確認を忘れずに 全容量2.8L 交換時2.1L フィルター交換時2.3L
  • スプロケ:前16|後45
  • チェーン:サイズ525|リンク120
  • 車体価格:599,000円(税別)

「ユキヒコの愛車ホンダ・スティード」

あわせて読みたい記事:【林ゆめ】歴代彼氏や経験人数とワイルドなハーレーダビッドソン画像

「特攻の拓」に登場する「ユキヒコ」の愛車は、ホンダのアメリカンバイクの名車「スティード」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。