【特攻の拓のバイク】華菜美のカワサキGPz400F女郎蜘蛛仕様

この記事は3分で読めます

【特攻の拓のバイク】華菜美のカワサキGPz400F女郎蜘蛛仕様

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「華菜美(かなみ)」の愛車「カワサキ・GPz400F」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「華菜美(かなみ)」

あわせて読みたい記事:【黒瀬純】愛車カワサキZ750GPパンクブーブー仕様のスペック

「女郎蜘蛛」メンバー。パンクっぽい髪型の子。愛車はカワサキ空冷4気筒最強のパワーを誇る「カワサキ・GPZ400F」。


「女郎蜘蛛(じょろうぐも)」

あわせて読みたい記事:【ゆきぽよ/木村有希】彼氏や愛車、実は努力家のすっぴん画像も綺麗

横浜の暴走族でレディース。まだ名前だけで特攻服等は出来ていない様子だが、メンバーは何度か集まって公道を走ったり、B突堤で単車の練習をしている。


「カワサキ・GPz400」:概要

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

1983年にデビューした「カワサキ・GPz400」。先代モデルの「カワサキ・Z400GP」のデザインを継承しつつも、フロントにはそれまでにはない、大型のハーフカウルを装着。ヘッドライトからタンク、そしてサイドカバーからテールカウルへと流れるような一体感のあるフォルムが特徴。先代モデルの「カワサキ・Z400GP」で400ccクラスとして初めて採用されたユニトラックサスペンションは、「カワサキ・GPz400」で改良が加えられた。それまでリヤショックのフレーム側マウント位置にリンクを配置していたが、「カワサキ・GPz400」ではスイングアーム側のマウント位置に移動。スイングアームはアルミ製を採用し車体を軽量化。ホイールも「カワサキ・Z400GP」まで採用していた5本スポークタイプから、肉抜きされた3本スポークタイプへと変更し、バネ下重量の軽減を図った。車重は「カワサキ・Z400GP」と同じ187kg。また軽量化とともに重心バランスの変更に加えてエンジンは、「カワサキ・Z400GP」のエンジンをベースにボアとストロークを「カワサキ・Z400FX」以来の52 × 47 mm から 55 × 42 mmへとショートストローク化し、ヘッドや吸排気系なども新作し、高回転型のエンジンへと変化。圧縮比もアップし、最高出力51psを発揮。「GPz400F」が発売されたことにより、生産期間は一年未満となった。

「GPz400」:ZX400-A1(1983年)

「GPz400F」:1983年にGPz400のマイナーチェンジモデルとして発売。馬力は51psから54psへとパワーアップし、カタログ表記上の車重は187kgから178kgへと軽量化された。

「GPz400F」:ZX400-A2(1984年)、ZX400-A3(1985年)、ZX400-C4 (1991年) ゼファーベースの エンジンとなり輸出用に再生産 カウル付き、ZX400-C5(1994年) 輸出向け生産

「GPz400F-II」:1984年にGPz400Fの派生モデル(アッパーカウルのないネイキッドバージョン)として発売。Kawasakiのプレートが貼られたマフラー。なお1984年登場のGPz400F-Ⅱは、差別化を図ってかクロームメッキ仕上げのエキゾーストパイプとマフラーが採用されていた。

「GPz400F-II」:ZX400-C1(1984年)、ZX400-C2(1985年)


「カワサキ・GPz400」:スペック

  • エンジン型式:空冷4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒
  • 総排気量:399㏄
  • 内径╳行程:55.0╳42.0㎜
  • 圧縮比:9.7
  • 最高出力:51PS/11500rpm
  • 最大トルク:3.5㎏-m/9500rpm
  • 燃料供給方式:キャブレター[CV30]
  • 変速機型式:常時噛み合い式6速リターン
  • 全長:2165㎜
  • 全幅:720㎜
  • 全高:1255㎜
  • 軸間距離:1445㎜
  • 乾燥重量:178㎏
  • キャスター/トレール 26°30′/99㎜
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤサイズ(前):100/90-18
  • タイヤサイズ(後):110/90-18
  • 当時価格:51万3000円

「華菜美の愛車カワサキGPz400F」

あわせて読みたい記事:【山谷花純】湘南純愛組!の愛車エリミネーター750夜叉/渚仕様

「特攻の拓」のレディース「女郎蜘蛛」のメンバーの一人、「華菜美(かなみ)」の愛車は「カワサキGPz400F」。カワサキのミドルクラス400ccシリーズでは、最強の空冷4気筒エンジンを搭載していました。下記の車両は、BEET製テールカウル、ポイントカバー、ダイシン製集合管マフラー、CRキャブレター、アンコ抜きシート…etc。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。