【野田樹潤(Juju)】小6女子プロレーサー優勝!プロフィール

この記事は3分で読めます

【野田樹潤(Juju)】小6女子プロレーサー優勝!プロフィール

あわせて読みたい記事:【旧車】 芸能人が愛する「KAWASAKI(カワサキ)」まとめ

あわせて読みたい記事:【インディ500】佐藤琢磨が悲願の日本人初優勝で歴史に名を刻む

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 458イタリア】ジャスティンビーバー仕様が競売に

元F1ドライバーの「野田英樹」氏の次女、「野田樹潤(11歳)」さんがジュニアフォーミュラで話題を集めています。父親の影響で3歳の頃から子供用のレーシングカートのハンドルを握った「野田樹潤」は、各地のカートレースで優勝を重ね、5歳でプロになることを決意したそうです。現役を引退し、レーサーを要請するNODAレーシングアカデミーを設立した「野田英樹」氏の本格指導を受けました。

9歳の頃にはフォーミュラデビューに向けてトレーニングを開始しており、2016年には小学生で世界で初めてF4マシンを走らせました。今年3月には岡山国際サーキットFIA-F4コースレコード1分33秒706にあと1秒に迫る走りをみせています。また2016年7月にはミキハウスがプロ契約しており、さらにはMASジャパンホールディングが17歳以下でも出場できるF4の模擬レースを設立しています。2017年4月23日に3台で開催されたレースでは父親と同じデザインのヘルメットに挑み表彰台の頂点に立っています。女性ドライバーとしての今後に注目です。

  • (出典:www.sankei.com)

そして、「日刊スポーツ」において下記のような特集が企画されていました。

小学生岡山・美作市に11歳のプロレーシングドライバーがいる。少女の名前はJuju(本名・野田樹潤=NODAレーシングアカデミー)。その小学6年生は、時速240キロにもなるフォーミュラカー(F4)を操る。夢は「日本人初の女性F1レーサーになることです」。すぐさまニッコリと笑って「そこで優勝することです」と付け加えた。

6月26日、大阪市内のホテルで行われたJujuの後援会発足記念パーティーに足を運んだ。恥ずかしながら自動車の取材経験がなかった私は、素朴な疑問だらけだった。もちろん、11歳は運転免許さえ持てない。その年齢で、F1への登竜門であるF4のスピードを知っている。ウインカーを出したり、ワイパーを動かす経験の前に、240キロのマシンを操縦…。「怖くないのか?」「どんな生活をしているのか?」「なぜ、この世界へ?」…。聞いてみたいことが山ほどあった。

 初めて取材したJujuは、笑顔が映える普通の女の子だった。学校では鬼ごっこや工作で遊び「ドッジボールは逃げるのが得意」と教えてくれた。趣味は料理で「最近は、う~ん…」と考えた後に「キムチチャーハンを作りました!」。そんなJujuが10歳での失敗談をこう明かす。「アクセルが戻らなくなって、そのまま(コース脇へ)突っ込んで…。救急車で運ばれて、入院しました」。無事だったものの、恐怖感は残ったという。

 それを吹き飛ばしたのは、父の言葉だった。

 「これからもそういうことはある。それで怖いと言っていたら、F1レーサーにはなれないよ」

 元F1ドライバーの野田英樹さん(48)。94年にF1デビューを果たし、2010年の世界3大レースと呼ばれるルマン24時間レースを最後に引退した、日本を代表するレーサーだった。そんな父に憧れ3歳でレーシングカートを始めたJujuは、再び勝負の場に戻った。F4デビュー戦だった今年4月23日、フォーミュラU17開幕戦(岡山国際サーキット)でいきなりの優勝。さらに、F4のコースレコード1分33秒7を上回る1分32秒8の記録をたたき出し、関係者は沸いた。

 夢のF1ドライバーとしてレースに参加するには「スーパーライセンス」が必要で、これには18歳の年齢制限がある。Jujuは年内にもF3に向けた練習を開始する予定だ。カテゴリーが上がるにつれ、もちろんマシンの馬力は上がっていく。待つのはライバルと競いながら世界を転戦し、下位カテゴリーでポイントを稼ぐ道のりだ。F1への過程は厳しく、順風満帆に進んでいくとは限らない。

  • (出典:www,garow.me)

  そんな娘を英樹さんは父として、こう見ている。

 「最初は遊び半分でまねごとを…という感じ。それから負けん気が出てきて、負けたら大声を出して泣くようになった。父親目線で見ると、この競技を『やる必要ないんじゃないか』と思いますよね。基本的にはあり得ないんですが、それでも走っている限り、万が一(の事故)があるので…」

 それでもJujuは、車を愛する。英樹さんにはコーチとしての思いもある。

 「彼女の先輩・野田英樹として見ると『すごいな』と感心する才能がある。240キロが出るマシンでのコーナリング。それをコントロールするのは、人並み外れた体力がいるんです。過去に高校生の女の子が乗ったときに『ハンドルが切れない』と泣いていた。それを3~4時間運転しても、終わってから鬼ごっこしている。親ばかかもしれないけれど、自分よりもよっぽど才能がある。それだったら『教えられることは、先輩として教えてあげたい』と思うんです」

 Jujuの才能について、もう少し詳しく聞いた。「もし、都心の高速道路のカーブを100キロで曲がろうとすると、大変なことになりますよね。彼女は限界を超えそうになったら、そこでやめる。マシンを感じる能力を持っていて、リラックスしている。だから『限界を超えよう』という時も、コントロールさせる力がある」。それは生まれ持ったセンスだという。

 昨年、英樹さんが現役時代にサポートを受けていた縁もあり、ミキハウスとスポンサー契約を結んだ。練乳をかけたいちごが大好きというJujuにとって、「プロの自覚」とは…。

 「スポンサーさんが応援してくれるので、今までよりも、もっと頑張ろうと思いました。練習を終わったら筋肉になるようにプロテインも飲みます。体調管理には気をつけないといけない。風邪をひかないように、手洗いとうがいもしっかりしています」

 後援会発足記念パーティーはきらびやかな場だった。正直、最初は「恵まれすぎじゃないか」とも思った。それでもJuju、英樹さん、参加者を取材して分かった。F1に参戦する際には、何十億の資金が必要と言われている世界だ。周りの支援無くして、Jujuの願いはかなわない。身長140センチの少女が発信する言葉、行動、ポテンシャル…。そこに、多くの大人が夢を託した。それは「Jujuが本気だから」の一言に尽きる。

 親子の合言葉は「負けても、負けても、諦めない」。真っすぐに突き進むその姿は、忘れがちになるものを思い出させてくれる。

今後の活躍に大注目のレーサーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。