【カワサキ GPZ400R】 レーサーレプリカに挑んだツアラー

この記事は5分で読めます

【カワサキ GPZ400R】 レーサーレプリカに挑んだツアラー

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【西部警察】 登場バイク「GS/ カタナ/ ハーレー」シリーズ

あわせて読みたい記事:【1135R】 スズキGSX1100Sのヨシムラ仕様:スペック

「カワサキ GPZ400R」は、400ccのミドルクラスの市販車として初めて水冷エンジンを搭載し、「アルミクロスフレーム (AL-X CROSS FRAME) 」と呼ばれる独特な形状のアルミ製ダブルクレードルフレームと前後16インチホイールを採用して登場しました。発売初年の1985年には18,200台、翌1986年には11,731台が生産され、1980年代のオートバイブームにおいてのベストセラーとなりました。それでも当時の「カワサキ」は、他社が主力としていた「レーサーレプリカ」を主力モデルとはせず、「レーサーレプリカ」並の動力性能を持ちながらも低いシート高にアップライトなポジションを持つなど、あくまで公道での乗りやすさを追求したスポーツバイク(ツアラーモデル)としての性格を与えていました。

1987年には、後継モデルとして「カワサキ GPX400R」が発売されたものの、1989年の「カワサキ GPZ400R」は、「D-4型」まで製造され続けました。実際に後継モデルである「カワサキ GPX400R」は着実な改良がなされていたものの、ヒットモデルの後のキープコンセプトなだけに新鮮さに乏しく、おとなしいデザインと地味なカラーパターン、スチール丸パイプに戻ったフレームなど、カタログスペックで販売が大きく左右される時代性とも相まって、並行して販売された「カワサキ GPZ400R」の方が人気となり、販売台数はわずか4,000台程度にとどまったのでした。また「カワサキ GPX400R」搭載のために改良されたエンジンは、「カワサキ GPZ400R」の「D4型」に搭載されたことも大きなポイントでした。ちなみに日本国外の輸出モデルでは600ccバージョンモデルが長寿モデルとなりました。


「パワートレイン」

パワートレインとなるエンジンは、「カワサキ GPZ600R」用の排気量:592㏄水冷直列4気筒DOHC 16バルブをベースに、ボア╳ストロークを60.0mm╳52.4mmから56.0mm╳40.4mmに変更して排気量を398㏄化したものとなっています。シリンダーヘッドは構造的に「カワサキ GPZ900R」シリーズによく似た手法で水冷化されており、二股ロッカーアームによる1カム2バルブ駆動、シリンダーはウエットライナーでスリーブを直接冷却するシステム構造になっています。その一方で、クランクケース周りは空冷4気筒の「カワサキ Z400FX(1979年)」の基本設計をそのまま踏襲しており、一次減速がハイボチェーンで、プライマリーシャフトを持つ四軸構成となっています。ちなみに一世代後の後継機種である「カワサキ ZZR400」に採用されたエンジンは完全な新設計であり、センターカムチェーン方式を採用する点以外に「カワサキ GPZ400R」、「カワサキ GPX400R」のエンジンとの共通点は全くありません。エンジンは、最大出力:59ps/12,000rpm、最大トルク:3.6kgf・m/10,500rpmを発生します。

フレームも「カワサキ GPZ400R」専用のアルミクロスフレームとなっており、そこにフロントは16インチホイールを採用、アンチノーズダイブ、オートマチック・バリアブル・ダンピング、スイングアームはアルミ製で、リアはユニトラックサスペンションシステムを装備しています。そして、ポテンシャルは、最高速度205km/hとなっており、これらの装備やポテンシャルは、当時のライバルのレーサーレプリカと同レベルのスペックとなっています。インパネのデザインは左側にスピードメーター、右側にタコメーターを配置したアナログ2連メーターとし、タコメーターのレッドゾーンは1万2500rpmからとなっています。ハンドルはセパレートタイプだが、バーの位置は高めの設定でレーサーレプリカではなく、ツアラーモデルであることがわかります。


「カワサキ GPZ400R」:スペック

  • エンジン型式:水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
  • 総排気量:398㏄
  • ボア ╳ ストローク:56.0 ╳ 40.4(mm)
  • 圧縮比 11.0
  • 最高出力:59PS / 1,2000rpm
  • 最大トルク:3.6㎏-m / 10,500rpm
  • 燃料供給方式:キャブレター(CVK30)
  • 変速機型式:常時噛み合い式6速リターン
  • 全長:2,095(mm)
  • 全幅:675(mm)
  • 全高:1,180(mm)
  • 軸間距離:1,430(mm)
  • 乾燥重量:176㎏
  • キャスター:26°
  • トレール:86(mm)
  • 燃料タンク容量:18L
  • タイヤサイズ(前):100/90-16
  • タイヤサイズ(後):130/90-16
  • 当時価格:62万9,000円

「年代別:モデルリスト」

  • ZX400-D1 1985年 000001~
  • ZX400-D2 1986年 019224~
  • ZX400-D3 1987年 033018~
  • ZX400-D3A 上記に同じ
  • ZX400-D4 1989年 044201~
  • ZX400-D4A 上記に同じ
  • 末尾Aは基本モデル外装色以外の物 D3Aは、赤灰。D4Aは、赤黒。D3とD4の基本モデルは、エボニー(黒) 

「D1モデル – D3モデル:特徴」

「D1モデル」:

  • 最も大量に生産されたタイプで、「アンチノーズダイブ機構(AVDS)」がブレーキラインから分岐した油圧プランジャによるもの、「オートマチック・バリアブル・ダンピングシステム機構(AVDS)」は積層バルブとなっています。「D1モデル」は、プラグホール付近に水が溜まりやすく雨天時に失火しやすかったが、「D2モデル」以降は対策されたモデルになりました。機能的にはほぼ同一でカラーが異なるのみ。
  • 「D1モデル」ではアッパーカウルサイドに「GPZ400R」だが「D2モデル」以降「Ninja」ロゴが入る。
  • 「D3モデル」以降は当時流行のブラックモデルが販売されています。「D3モデル」の基本外装は「黒」です。
  • 「D1モデル」から「D2モデル」で故障が多かったCDIが、「D3モデル」では対策品に変わっている。
  • 「D1モデル」カラーはタンクに白ラインが入り3色を使ったモデル(エボニー×ファイヤクラッカーレッド)ライン基本で逆の赤基本ベースモデル(ファイヤクラッカーレッド×パールアスペンホワイト)の2種類テール部分には「Liquid Cooled 16-VALVE」のロゴとなっています。
  • 「D2モデル」:

  • 「D2モデル」カラーは2色。黒赤(エボニー×ファイヤクラッカーレッド)と白赤(ポーラホワイト×サンビームレッド)これに限定カラーが存在する。この基本モデルのテール部分には「GPZ400R」ロゴが入る。
  • 「D2モデル」限定ブラック&ガンメタ&赤ライン(エボニー×パールコスミックグレー)の限定カラー:「GPZ400Rリミテッド(メーカー全国限定1000台)」が販売される。このタイプのみホイールは赤。後にも先にも赤のホイールはLTDのみの限定となる。(ほかの物は黒に統一)
  • 「D2モデル限定ライムグリーン&ホワイトの限定カラー(販売店限定300台だが、異なるラインがあり実際の販売台数は不明)」
  • 「D2モデル」では一部GPZ600Rと同じカラーリングの限定車が存在した。この頃が一番限定モデルが出た時期である。
  • 「D3モデル」:

  • 「D3モデル」:カラーは黒(エボニー)と赤灰(キャンディパーシモンレッド×メタリックグレーストーン)モデルがある。テール部分には「GPZ」ロゴのみ。黒のモデルのみマフラーも黒である。
  • 「D3モデル」では、各部パーツの軽量化、バルブスプリングの強化、コネクティングロッドの特殊表面処理などを施している。また、D1〜D2でトラブルの多かったイグナイターユニットは対策品に変更している。

「D4 / D4:特徴」

  • 後継モデルの「GPX400R(ZX400F)」と、エンジンや足回り等を共通化したタイプ。
  • キャブレターセッティングの変更、マフラーの大型化。(GPX400Rとも異なる)
  • 圧縮比変更(11.0→11.4)
  • カムシャフト、シリンダーヘッド、ピストン、オイルリング、シリンダー、クランクシャフトの変更。
  • フロントブレーキディスク大型化 ブレーキキャリパーをシングルピストンタイプからデュアルピストンに変更
  • フロントフォークのエア注入バルブ廃止
  • 「アンチノーズダイブ機構(AVDS)」が電磁ソレノイドによる電気式(ESCS)に。
  • リヤブレーキディスク小径化 キャリパをシングルピストンタイプからデュアルピストンタイプに変更
  • 点火制御にデジタルイグナイタを採用。オルタネータロータの変更。抵抗入りスパークプラグの採用
  • グラブバーが標準装備される。(D3までオプション扱い)
  • スピードメーター速度警報装置の廃止
  • ウインカースイッチにプッシュキャンセル式を採用
  • 乾燥重量が181kgに増加

「GPZ400R TT F-3仕様モデル」

メインフレーム、スイングアーム、トップブリッジが補強されており、フロントフォークは「GPZ600R」の物が流用されていて、「アンチダイブ(AVDS)」はカットされています。エンジンでは、ポート形状変更、吸入ショート化、小型プラグ、カムシャフト、バルブ周り、専用シリンダー、ピストン、コンロッド、クロスミッション、追加ラジエターなど、専用のエンジンとなって、最大出力:65ps / 13,000rpm、最大トルク:3.8kg-m / 10,500rpmを発揮します。販売台数は30台(1986年のコンプリート車)で、有力チームのみ販売されたモデルでした。価格は¥10.95.000と高額で保安部品はなく、公道走行不可のサーキット専用モデルでした。

 


「中古価格」

「GPZ 400R」:10万円~60万円(平均価格:30万円)

「GPZ 400 TT F-3」:ASK(現存数:極少・不明)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。