【ヤマハ RZ250】USインターカラーの「K.I.D.」仕様

この記事は2分で読めます

【ヤマハ RZ250】USインターカラーの「K.I.D.」仕様

あわせて読みたい記事:「YAMAHA・RD400」 ザ・キング・オブ・2ストローク

あわせて読みたい記事:【ヤマハ RZV500R】カスタム:「オートスタッフ末広」仕様

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

「ヤマハ」社から鮮烈なデビューを果たし、伝説となった初代の「RZ(アールゼット)」といえば、350ccモデルは「ナナハンキラー」と呼ばれるほど軽快、快速マシンとして今でも人気があるマシンです。この「ヤマハ」社独特の水冷2STエンジンサウンドも魅力の「RZ」は、1980年8月に「RD」の後継モデルとしてデビューしました。輸出仕様の「RZ」は、「RD」として輸出されていました。なぜ「RD」の名称を引き継いでいないのかというと、「R」はYAMAHA社内で「350cc」を意味するコードネーム、「Z」は「水冷」を意味しています。加えてアルファベット最後の文字であるゆえに「究極」の意味も含まれています。開発コンセプトは「正真正銘の最期の2ストロークスポーツ」でした。


「ヤマハ RZ250」:スペック

  • 型式:4L3
  • エンジン形式:水冷2スト・ピストンリードバルブ並列2気筒
  • 排気量:247cc
  • 最大出力:35ps(26.0 kw)/ 8,500rpm
  • 最大トルク:3kg・m(29.4N・m)/ 8,000rpm
  • パワーウエイトレシオ:4.0kg / PS

【ヤマハ RZ250】USインターカラーの「K.I.D.」仕様

「ヤマハ」社の名車である初期型の「RZ250(4LC型)」ベースのカスタムマシンです。足まわりのパーツは、「TZ250(レーサー)」、「TZR250R(3XV型)」など、ヤマハ系パーツの流用でまとめられており、前後ホイールもTZ用テクノマグネシオ・ホイールに換装されています。RZカスタムのフルチューン仕様です。

コンセプト:オーナーによれば「カスタムコンセプトは、ロングツーリングでもストレスなく乗れる車両。TZ/TZR高年式車の純正流用も、そのためという部分が大きいです。カスタム作業のほとんどはKID(福岡県久留米市に本拠を置くワンオフ、絶版車改を得意とするショップで、RZ系ユーザーが多く頼りにしていることでも知られる)さんにお願いしています。元々ノーマルの不動車を購入したんですが、当時のパーツで残っているのはフレームだけですね。」とコメントしています。

パワーユニットは、エンジンが「RZ250R(29L型)」以降の「YPVSシステム」付きタイプに換装されていますが、これは、日常~ツーリング使用での使い勝手を考えてのことということです。ホイールを前後17インチとし、フェンダーレスとすることによってテールアップのスタイリング、そしてイエローカラーのペイントにヤマハインターカラーのカラーリングとセンスの良いカスタムマシンに仕上げられています。

サイドカバーに見えるのは「ケニー・ロバーツ」氏の直筆サインなのだそうです。まさに「ヤマハ RZ」のカスタムオーナーといったところです。また「ケニー・ロバーツ」氏の戦績を振り返ってみると、ヤマハワークスからフル参戦を果たした1978年というは、「TZ250」と「YZR500」に乗り、500ccクラスでは「ヤマハ RZ」がデビューを飾る、1980年まで3年連続タイトルを獲得しています。この「ヤマハ RZ250(4L3改)」は、その「ケニー・ロバーツ」氏の歴史とも重なる部分の多いカスタムマシンといえる1台なのです。

メーターやハンドル部分のカスタムは、アルミトップブリッジ、純正メーターへの水温計ビルトインなどは「K.I.D.」によるワンオフパーツということです。ハンドル中央部に追加されたホルダーは、「ナビゲーションシステム(パナソニック・ゴリラ)」用ということです。足まわり変更に合わせて、フレームはネックまわりなど3カ所を補強されています。フロントフォークはアウターが「TZR250R(3XV型)」、フォークインナーが「5KE型(TZ250)」純正でステムも「TZR250R(3XV型)」純正を加工流用しています。

リンク化したリアアームは、TZ250用でサスペンションはオーリンズ製を採用しています。チェーンは520化し、駆動系フリクションも低減しています。

エンジンは「RZ250R」以降で装備された「YPVS」付きユニットに換装されており、同時にポートバリ取り、ヘッドガスケット調整による圧縮比アップなどのチューニングが施されています。

吸排気系は、K&N製パワーフィルター仕様のPWKφ28mmキャブレター+トシテック製クロスチャンバーが装着されており、ラジエーターはアルミコア3層タイプが装備されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。