【ヤマハ RZV500R】カスタム:「オートスタッフ末広」仕様

この記事は3分で読めます

【ヤマハ RZV500R】カスタム:「オートスタッフ末広」仕様

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

あわせて読みたい記事:【ヤマハ RZ250】 デーククラフト モーターサイクルズ仕様

当時のロードレース世界選手権のGP500クラスに出場していたヤマハ社のワークスレーサー、「YZR500(OW61)」のレプリカモデルとして1984年からヨーロッパ市場へ輸出されていた「YAMAHA RD500LC」の日本国内仕様として登場したのが「ヤマハ RZV500R」です。ワークスの「YZR500」のフルレプリカという意欲的なコンセプトとメカニズムを持ち、潜在的な性能では4ストローク750ccを上回るとの評価を受けていたスーパーバイクなのです。特に注目すべきは搭載エンジンでした。


「パワートレイン」

「ヤマハ RZV500R」に搭載されているエンジンは、バンク角50度の排気量:499cc水冷2ストロークV型4気筒エンジンでした。V型4気筒と銘打って車体側面にも「V4」のデカールが誇らしく配されているものの、前バンク2気筒と後バンク2気筒がそれぞれ独立してクランク軸を持つ、「2軸クランク」の構造で、2つのクランク軸に前後から挟まれる形でバランサーシャフトを内蔵した出力軸が置かれているシステムです。前後の気筒でクランクピンを共有しないばかりか、前後バンクで独立してクランク軸を持つことから、厳密に解釈すれば前後の気筒が50度の傾斜を持つ特殊なスクエア4エンジンなのです。

 

実にこれはレプリカモデルとなったワークスマシンの「YZR500(OW61)」も同じ構造で、その前任モデルである(OW54/60)はスクエア4エンジンが採用されています)。吸気形式はレイアウトの都合上、前バンク2気筒がクランクケースリードバルブ式、後バンク2気筒がピストンリードバルブ式と違っており、開発に当たっては前後バンクそれぞれを別の並列2気筒エンジンとして設計・製作した上でキャブレターセッティングを行い、それらを合体して性能評価する手法が使われています。まさにレーサーレプリカというシステムが与えられているのが「ヤマハ RZV500R」なのです。


「ヤマハ RZV500R」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:2,085mm × 685mm × 1,145mm
  • ホイールベース:1,375mm
  • シート高:780mm
  • 型式:「前期型:51X」・「後期型:1GG」
  • エンジン形式:水冷2ストロークピストン/クランクケースリードバルブV型4気筒
  • 排気量:499cc
  • ボア×ストローク:56.4mm x 50mm 
  • 最大出力:64PS / 8,500rpm
  • 最大トルク:5.7kgfm / 7,500rpm
  • トランスミッション:6速リターン
  • 車両重量:173kg
  • フレーム:アルミダブルクレードル
  • ブレーキ(F/R):Wディスク / ディスク
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / モノショック

【ヤマハ RZV500R】:「オートスタッフ末広」仕様

1980年代中盤、メーカー各社が2ストローク500レーサーのレプリカと言える市販車をデビューさせました。「ヤマハ RZV500R」、「スズキ RG500Γ/400Γ」、「ホンダ NS400R」です。ただ、これらには見本となったレーサーのようには毎年変更は加えられませんでした。そこで多くのショップやユーザーが後になって、市販後のレーサーに準じたカスタム化を考えました。「オートショップ末広」もそのひとつです。そして、「ヤマハ RZV500R」のカスタムマシンを製作したのです。いわば、「ヤマハ TZR250」と合わせたカスタムです。「ヤマハ」の2スト250レプリカ、「TZR250」のフレームに「RZV500R」の50度V4エンジンを積んだもので、水冷2ストロークV4エンジンを積んだのは、市販レーサーTZ譲りの後方排気パラレルツインを搭載していた、1989年-1990年の「TZR250」のアルミデルタボックスフレームのモデルです。

V4エンジンの幅自体は並列2気筒と大差はないため、フレームの主要メンバーに大幅な加工は必要とせず、V4エンジンのためにエンジン横にマウントされるキャブレターのための逃げカットを行っています。またダウンチューブ追加やエンジンマウントの製作といった工程を経て、エンジンの換装は実現しています。2本から4本に増えたエキゾーストチャンバーは「オートショップ末広」によるワンオフがセットされていますが、前側シリンダーのそれを右にまとめて出すため、スイングアームを1991年式「TZR250R(V型2気筒エンジン)」の湾曲型へと換え、十分なチャンバー容積とリヤサスペンションの作動量をする等の工夫が凝らされています。

右に回転計を、左に速度計を配置するメーターパネルと、左右のスイッチボックスはエンジンに同じRZV500R用です。φ39mm倒立フロントフォークとトリプルツリーはフレームに同じく後方排気TZR250用を使っています。

カウル左サイドに収められた黒いタンクは「オートスタッフ末広」によるアルミ製ワンオフで、ラジエーターのリザーバータンクと分離給油用オイルタンク(純正でもここに装備されるが半透明樹脂製)を一体化したものです。

STD同様に2本のチャンバーが覗くシートカウルは「ORM」製FRPです。スイングアームと4.50-17インチのリヤホイールは1991年式「TZR250R」で、3.00-17インチのFホイールとφ282mmディスク+スミトモ4Pのブレーキは1989年-1990年「TZR250」です。

リヤショックユニットは「オーリンズ」製をチョイスしています。ステッププレートは「TZR」純正を黒塗装仕上げしたものです。V4エンジン自体はRZV500RのSTDのままだが、末広製チャンバーによってパワーフィールとサウンドはいっそう磨かれています。

エンジン横に見えるのは新作されたエアクリーナーボックスで、「RZV500R」をストリートで楽しむための必需品です。ボックスなしできっちりキャブセッティングを出し、オールラウンド性能を得るのは容易ではないからです。この「RZV500R」改「TZR500V4」は当初5台限定で製作、その後要望で計11台まで増えました。最終型ではフルカーボン外装、足まわりもフルカスタム化が図られました。なお生産終了は2000年8月で、これは当時の排出ガス規制の影響だったようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。