【Arrinera Hussarya GT】ポーランド製マシン

この記事は2分で読めます

【Arrinera Hussarya GT】ポーランド製マシン

あわせて読みたい記事:【ケーニグセグ】24金仕様「アゲーラRS ナラヤ」のスペックは

あわせて読みたい記事:【メルセデス】 F1エンジン搭載の50周年ハイパーカーを発表!

あわせて読みたい記事:【フェラーリ ディーノ】50年の時を経て復活する名車のスペック

「ポーランド」の自動車メーカーである、「Arrinera Automotive」社からスーパーカーの「Arrinera Hussarya GT」が発表されました。「ポーランド」とスーパーカーはなんとなく結びつかないような気もしますが、「リマック」も「クロアチア」からですし、いろいろな国から色々な自動車メーカーが誕生しているようです。今回の「Arrinera Hussarya GT」は、「ブリティッシュ・レーシング・グリーン」のボディカラーを見ても分かる通り「英国へのヘリテージ」とのことです。

  • 20161204121259

車体の設計は、「ポーランド」ながらも生産されるのもの「イギリス」ということで、「イギリス」に対してはかなり強い思い入れがあるようです。

  • 20161204121301

シャシーは昔ながらのスチール製スペースフレームで、搭載されるエンジンは、GM製の排気量:7,000cc V型8気筒(LS7)エンジンを搭載しています。組み合わされるトランスミッションは「ヒューランド製」の6速シーケンシャルトランスミッションであり、ほとんどレーシングマシンような仕様となっています。

  • 20161204121300

最大出力はオーダー可能ということで最大出力:420ps~650psの間でユーザーが選択可能となっています。

  • 20161204121303

今後、「Arrinera Automotive」社は「GT3」の規定に基づいたレース用の「Hussarya GT3」を発売するとのことです。


「Arrinera Hussarya GT」:スペック・価格

  • 「ポーランド」の新興メーカー「Arrinera Automotive」社が制作したGT3カテゴリ用レーシングカーです。
  • 同マシンの公道走行可能なバージョンも販売予定です。
  • 20161204121306

スペック

  • エンジン形式:7,000cc V型8気筒(GM製 LS7型)
  • 最高出力:420ps~650ps(ユーザーオーダー可能)
  • トランスミッション:パドルシフト付き6速シーケンシャル(ヒューランド製)
  • 駆動方式:MR
  • サスペンション(F/R):調整式プッシュロッド式サスペンション(オーリンズ製)
  • ブレーキ(F/R):ブレーキ(アルコン製)
  • 価格:約2,500万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。