【LINE(ライン)】SNS市場において今後の展開については?

この記事は3分で読めます

【LINE(ライン)】SNS市場において今後の展開については?

あわせて読みたい記事:SNSの「LINE」がついに上場する 経緯や目的は?

あわせて読みたい記事:「LINE(ライン)」 災害ツールとして必須

あわせて読みたい記事:【フェイスブックとグーグルが提携】太平洋に巨大通信ケーブル開発

何かと取りざたされるSNSの「LINE(ライン)」ですが、今回、「フォーブス」誌に興味深い記事がありました。下記は、その内容です。

11月上旬、フェイスブックが“アジア版スナップチャット”と呼ばれるアプリ「SNOW」の買収に失敗したとの報道が流れた。

テッククランチの記事によると、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグはSNOWの運営元、韓国ネイバーの李海珍(イ・ヘジン)会長に自ら電話をかけたが、李はこれを断った。ネイバーは2億1,800万人の月間アクティブユーザーを誇るメッセージアプリLINEを保有し、今夏のIPOで11億ドル(約1,250億円)を調達している。SNOWはニューヨークタイムズが夏に記事を掲載し、英語圏でも知られるようになった。ダウンロード数は8,000万を超え韓国や日本のほか、スナップチャットが禁止されている中国のティーンにも人気だ。

しかし、SNOWに関してはその内容が他アプリのパクリではないかという声も強い。動画デコアプリを開発するSeerslab社は同社のアプリ「Pixbee」と「Lollicam」からネイバーがアイデアを盗んだと主張する。同社のマイケル・チョンCEOは「ネイバー幹部は従業員に、我が社のアプリをマネするよう指示を出した」と語る。

Seerslabは2014年12月にPixbeeのベータ版をiOS向けに公開。リアルタイムの動画フィルターを搭載し、のちに顔追跡ステッカーも追加した。その後2015年9月にネイバーはSNOWを発表している。

Seerslabの主張によると、同社がアプリに投入したスタンプは4日後にはSNOWが模倣して導入していたという。SNOWはSeerslabが持つ特許を侵害しているとも主張する。

パクリで成長を遂げたSNOW

「1からアイデアをひねり出している我々としては許しがたい行為です」とチョンは語る。Seerslabには4人しかデザイナーがおらず、大手のネイバーに比べれば非力だ。ネイバーはこの申し立てに対し、「Seerslab社のアプリのスタンプはもともとLINEがデザインしたものだ」と主張している。

Lollicamのユーザー数は現在約600万人。収入源は野球場などと協力して開発した特定の場所で使える有料スタンプだという。チョンは「12月に大きなアップデートを行う予定ですが、SNOWにまたマネされるのではと懸念しています。ネイバーは他の弱小企業は自分たちの踏み台としか考えていないようです」と述べた。

しかし、乱立するメッセージアプリの世界で、各アプリの内容は非常に似通ったものになっている。特にSNOWはスナップチャットと見分けがつかないほど似ている。だからこそフェイスブックはSNOWの買収に動いたのだろう。買収が成功していれば、フェイスブックはアジア圏で大きな前進を遂げていたかもしれない。一方、世界進出に力を入れるネイバーにとって、SNOWは今後を支える重要な柱だ。ネイバーは韓国の“第1テクノロジー期”と呼ばれる時期に、検索やニュース、地図、メール、ブログ等のサービスを提供するポータルとして、その地盤を確立した。

しかし、その後はカカオトークの台頭により勢いを失った。カカオトークはゲームやO2O系のサービスも展開し、2014年にはネイバーの最大のライバルだったポータルDaumを合併した。東京に本社を置くLINEは韓国でユーザー数を増やせずにいたが、日本やタイ、台湾、インドネシアで大人気となった。ネイバーはLINEのおかげで今年第3四半期の利益が前年同期比27.8%増となり、売上は8億9,000万ドル(約1,007億円)を記録した。

ネイバーは現在、モバイルを最優先としている。調達した資金でLINEのシェアを維持し、ヨーロッパやアメリカなどワッツアップの市場に食い込もうとしている。AIやビッグデータといった領域への投資も惜しんでいない。一方、カカオは韓国において急激に手を広げすぎたことにより自らの首を絞めているとされる。

しかし、LINEは新規ユーザーの獲得に苦戦し、既存マーケットへの依存度が高まっている。ネイバーが8月にSNOWを子会社化した後、LINEは9月にSNOWに4,500万ドル(約51億円)を出資し、25%の株式を取得した。

ネイバーはSNOWの勢いを活用してLINEの成長を後押しする意向だとされるが、フォーブスの取材に対し広報は詳細を語らなかった。

韓国のテック業界に精通するスタートアップ企業R’FNの創業者Yann Heoは「SNOWの勢いをもってしても、ネイバーがアジア圏で勢力を拡大するのは簡単ではない」と見ている。

「LINEがアジアでナンバーワンのメッセージアプリになれなかったように、SNOWはスナップチャットや他の競合に進路を阻まれる。新興市場の若者は今後、スナップチャットに取り込まれていくだろう」とHeoは言う。その証拠として中国ではリンクトイン、韓国ではフェイスブックが、自国のアプリを押しのけて人気になっている。

今後、「LINE(ライン)」がどのように事業展開をしていくのか気になるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。