【マツダ RT24-P】 2017年仕様のプロトタイプマシン!

この記事は2分で読めます

【マツダ RT24-P】 2017年仕様のプロトタイプマシン!

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911GT3カップ】2017年モデルのスペック画像

あわせて読みたい記事:【ヤマハ OX99-11】幻のスーパーカーは性能も価格も凄い!

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

自動車メーカーの「マツダ」は、2017年の「IMSA選手権」を戦うレーシング・モデルとなる、「マツダ RT24-P」をロサンゼルス・モーターショーで公開しました。この「マツダ RT24-P」は、最大出力:600psを発揮する排気量:2.0ℓ直列4気筒ターボ・ユニットを搭載するモデルで、ライリー・テクノロジー&マルチマティック・シャシーが設計を行ったモデルです。

  • 20161118151603

特徴的なのは、「魂動デザイン」であり、このデザインがレーシング・モデルにも採用されていることです。

  • 20161118151602

「マツダ・ノース・アメリカ」のモータースポーツ責任者である「ジョン・ドナン」氏は、「マツダのモータースポーツにとって、そしてマツダ・ファミリーにとって重要なモデルとなる。特に、モータースポーツ・プログラムのトップレベルに、魂動デザインというデザイン言語が採用されたことは、マツダのブランドにとって大きな意味を持つ。」とコメントしています。

  • 20161118151605

「ジョン・ドナン」氏は、「IMSA選手権」のレギュレーションが「ル・マン24時間耐久レース」の「LMP2」と近いにもかかわらず、この「マツダ RT24-P」はヨーロッパでのレースを考えていないということです。

  • 20161118151609

この「マツダ RT24-P」は、アメリカでのレースに集中する予定なのです。

  • 20161118151600

「ジョン・ドナン」氏は、「マツダとライリー・テクノロジー&マルチマティック・シャシーは、長年に亘るリレーションシップがある。この新しいシャシーにも非常に満足している。われわれは、勝利を収めるに十分な、チーム、ドライバー、シャシー、エンジンを既に獲得している。」とコメントしています。


「マツダ プロトタイプレーシングマシン RT24-P」:スペック

  • 20161118151608
  • アメリカで開催される耐久レースシリーズ「WeatherTech SportsCar Championship」の2017シーズンに参戦するマシン
  • レースコンストラクタ「Multimatic」と「Riley Technologies」が制作
  • マツダのブランドデザイン「魂動-SOUL of MOTION」を採用
  • 直列4気筒 2Lターボエンジン「MZ-2.0T」を搭載
  • 最大出力:600ps以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。