【アルファロメオ ステルヴィオ】 ジュリアのSUVバージョン?

この記事は3分で読めます

【アルファロメオ ステルヴィオ】 ジュリアのSUVバージョン?

あわせて読みたい記事:【アルファロメオ ジュリア】復活する500psオーバーのFR!

あわせて読みたい記事:【フェラーリ ディーノ】50年の時を経て復活する名車のスペック

あわせて読みたい記事:【メルセデス ベンツ Xクラス】 特別なピックアップ スペック

「アルファ ロメオ」社は、2016年11月16日にアメリカのロサンゼルスで開催中のLAショーで「アルファロメオ」社において初のSUVとなる「ステルヴィオ」を発表しました。各自動車メーカーがタイムを競うニュルブルクリンク北コースで、SUV最速ラップを叩き出したのが「ステルヴィオ」なのです。

ニューモデルの「アルファロメオ ステルヴィオ」は、すでに先行リリースされている「アルファロメオ」社のDセグメントサルーンである「ジュリア」と同じFR/AWD用のアーキテクチャー「ジョルジオ」を基盤に開発されたモデルです。FR由来のプラットフォームを使用したこともあって、前後重量配分は50:50という最適な重量配分の数値となっています。

  • 20161116181936

そしてボディは、ルーフおよびテールゲートを低めに寝かせた、いわゆるクーペスタイルのエクステリアデザインとなっています。仮想のライバルであるドイツ製プレミアムSUV、例えば「メルセデス・ベンツ」社が「GLC」と「GLCクーペ」、「BMW」社が「X3」と「X4」の2本立てとしているのに対して、派生モデルを積極的に展開しない「アルファ ロメオ」社が、クーペ色の強いスタイルに1本化してマーケットに乗り込むという戦略は、至極当たり前の選択と言えるかもしれません。

  • 20161116181950

フロントマスクやテールエンド周辺のスタイル、特にランプ類のデザインは、「アルファロメオ ジュリア」との深い共通性が強調されますが、これもドイツのプレミアムブランドが近年常套的に行う「ファミリーフィーリング」ブランドイメージの共通化を目指した故のことです。

  • 20161116181935

ベースグレードは、今回のワールドプレミアの段階で2機種が設定されます。現時点でのベーシックモデルは、パリ・サロンで発表されたばかりの「ジュリア ヴェローチェ」に共通する、280psスペックの直噴直列4気筒2リッター+ターボを搭載し、144mph(≒231km/h)のマキシマムスピードを標榜する「ステルヴィオ TI」となっています。

  • 20161116181957

そして、もうひとつが「ジュリア クアドリフォリオ」と同じく最高出力505hp(欧州向けプレスリリースでは510hp表記)を発揮する高性能バージョン「ステルヴィオ クアドリフォリオ」となっています。排気量:2.9リッター V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/加速タイムは3.9秒で最高速は、実に177mph(≒284km/h)をマークするモデルです。

  • 20161116182003

「ステルヴィオ クアドリフォリオ」は、開発時の各種データを打ち込んでニュルブルクリンク北コースでの走行をシミュレーションした結果、なんと“7分59秒00”という既存のSUVの中ではトップにランクされるラップタイムを記録したということです。

  • 20161116182002

世界中に強力なライバルがひしめく中、「世界最速の市販SUV」タイトルホルダーの座を本気で狙ってゆく姿勢を明らかにしました。これから北米マーケットでの完全復活を目指している「アルファロメオ」社にとっては、最も期待値が高いであろうSUVの「ステルヴィオ」をLAショーにて発表したことには、大きな意味があると言えるでしょう。車名の「ステルヴィオ」は、北イタリアのアルプス山塊にある有名な峠から採ったものです。これまで1930年代の「ブガッティT57」に設定された「デカポタブル(カブリオレ)」ボディ、および日産系の「オーテック・ジャパン」社と「カロッツェリア・ザガート」社が1989年にデビューさせた「オーテック・ザガート・ステルビオ」に命名されてきたネーミングが、今度は「アルファロメオ」社の量産モデルとして復活したことになります。


「アルファ・ロメオ ステルヴィオ」:スペック

  • 「アルファ・ロメオ」ブランド初のSUVモデルです。
  • フラッグシップセダン「ジュリア」と多くのパーツを共有しているモデルです。
  • ハイパフォーマンスな「クアドリフォリオ」もラインナップしています。

パワートレイン ラインナップ

  • 「ステルヴィオ Ti」
    エンジン形式:直列4気筒 2L ターボ
    最高出力:280ps
    トランスミッション:8速AT
    駆動:4WD
  • 「ステルヴィオ クアドリフォリオ」
    エンジン形式:V型6気筒 2.9L ターボ
    最高出力:510ps
    トランスミッション:8速AT
    駆動:4WD
  • 専用装備:
  • ハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」は、専用のエアロ、アルミホイール、大容量ブレーキ、専用サスペンションを装備。走行モードシステム「DNA」に「Race」モードを追加しています。
  • 6.5インチタッチディスプレイ採用インフォテインメントシステムを搭載しています。
  • 14スピーカーHarman Kardonサウンドシステム搭載しています。
  • 安全システムとして、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニタリングなどを採用しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。