【よろしくメカドック】最新作が30年ぶりに復活!内容や経緯は?

この記事は5分で読めます

【よろしくメカドック】最新作が30年ぶりに復活!内容や経緯は?

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン 

あわせて読みたい記事:【ヘイオイラーズ 甦るスカイライン神話】登場人物・車種 まとめ

あわせて読みたい記事:【ホットロード】 映画に登場する旧車がバイクファンを唸らせる!

マンガ「よろしくメカドック」のタイトルに少年時代、胸をときめかせた人も多いのではないでしょうか。なんと、その「よろしくメカドック」の最新作が約30年の時を経て復活するというから懐かしく、そして嬉しくもあります。

どこで見れるのか?

この最新作の「よろしくメカドック」は、「Honda」のWebサイトと販売店で読 むことができるのです。

「アスキー」は経緯を作者に聞いています。

作者である次原隆二先生と今回の企画の仕掛け人であるHonda広報の中村圭太郎氏に、作品の概要と執筆の経緯を尋ね次のようにインタビューされています。

まず、マンガ「よろしくメカドック」とは?

「よろしくメカドック」は、1982年~1985年に週刊少年ジャンプ誌上で連載されたマンガ作品で、 1984年~1985年にはテレビアニメ化もされているので、そちらが印象に残っている人も多いかもしれません。チューニングショップ「メカドック(Mechanical Doctorの略」のメカニックである「風見潤」がショップのお客さんのクルマをチューニングしたり、自ら手掛けたクルマでレースに参戦したりする模様を描いた作品で、自動車のチューニングを扱った作品の草分けと言えるマンガです。

ヨーロッパ、アメリカの外車スーパーカーが登場するのではなく、日常的に見かける国産市販車をベースにチューニ ングしたクルマがレースを闘うという展開が人気を博した違いありません。また、 要所要所にチューニングの手法や自動車のメカニズムを解説したページが入ることも特徴で、この作品で自動車のメカに興味を持ったという人も多いようです。

では復活る最新作の内容とは?

最新作は、メーカー純正チューンの「モデューロX」がきっかけということです。「ホンダ社」が新たに発売する「ステップワゴン」の「モデューロX」というバージョンの存在ですが、通常の「ステップワゴン」をベースに、足回りの変更やエアロパーツの装着など、いわば「メーカー純正チューニング」を施したモデルで、これがきっかけになったということです。

「『メカドック』の素材にしていただくには格好のモデルだと思い、次原先生に読み切りという形でマンガを描いていただくことを企画しました」と語るのはHonda広報部の中村圭太郎氏で今回の企画を仕掛けた人物です。

さらに「実は次原先生には昨年『ステップワゴン』がモデルチェンジした際に一度ご取材いただいているので面識もあるし、このクルマの基本的な部分も理解いただいている。何より、私が『メカドック』 の大ファンだったことから、一読者として新作を読みたいという思いがありました。この作品に出会っていなければ、今この仕事はしていなかったと思いますので」ともコメントしています。

「自らネームを描き、社内を動かす」

早速、次原先生にコンタクトを取り、作品執筆のOKを得た中村氏だが、社内の調整には苦労したということです。「そもそもクルマの訴求ツールとしてマンガを描いてもらうということが当社としては珍しい試みでしたので、どういう形になるのかイメージできない者が多かった。また、せっかく描いていただくなら露骨な販促マンガのような内容にはしたくなかった。それでは読者としての私が納得できませんし、往年のメカドックファンの方々もシラケてしまうと思いますので」とコメントしています。

実際、仕事の合間にこっそり食堂で自らネーム(マンガの構成を決める下書きのようなもの)を描くことにしということです。これは、どういう内容の作品になるのかが見えれば、社内も説得しやすくなるし、執筆を依頼する際にもイメージが伝わりやすいと考えたからです。自筆のネームができたことで、社内の説得も一気に進んだというです。当初は、メディアPR用という位置付けで企画していたということですが、現場の営業マンこそお客様へのアプローチに有効と考え、営業サイドに提案したところ「ぜひとも販売現場にほしい」との声が挙がり、全国のホンダカーズ販売店でも冊子として配布することが決定したということです。

では、作者との経緯とは?

完成したネームを直接次原先生のもとに持参したところ、締め切りが厳しくなるのを承知のうえで、全編フルカラーでの描き下ろしを快諾してもらえたということです。

「この作品で何を伝えたいのか? ということが明確になっていましたし、何よりも中村さんの熱い思いが伝わってきた。かつて自分の作品を読んでくれていた読者からの依頼ということであれば、 力にならないわけにいきません」と語るのは作者の次原隆二先生です。自身も自動車整備士の免許を持ち、『ROAD RUNNER』 や『レストアガレージ251車屋夢次郎』などクルマ関連の作品が多く、現在は『月刊コミックゼノン』を出版するコアミックス、そして関連会社のノース・スターズ・ピクチャーズの役員を務めています。現在は、2つの会社の役員を務め、後進の指導にも当たっている次原先生ですが、連載を持っているわけではないため、アシスタントもおらず、1人でカラー作品を1本仕上げるのには骨を折る部分も多かったということです。

次原先生は「久しぶりに徹夜での作業もしました(笑)。ただ、今はPCのソフトを使って色を塗ったりする作業が格段に楽になっています。別の仕事でPCを使った作画に慣れていたことが救いでした。そうでなければ、この仕事は請けていなかったと思います」とコメントしています。「よろしくメカドック」以外にも「ROAD RUNNER」「特別交通機動隊 SUPER PATROL」、「レストア ガレージ251車屋夢次郎」など、クルマやバイクを取り上げた作品の多い次原先生だが、今の時代にチューニングを扱ったマンガを描くことは難しいと考えていたということです。その点を次のようにコメントしています。「『メカドック』を描いていた頃と違って、今のクルマは製品として完成されていてチューニングの手を入れる余地が少ない。そんなことしなくても十分に高性能ですから。何よりもコンピューター制御など手を加えづらい領域が多いので、実際にリアルなチューニングマンガを描こうとしたら、 風見はずっとPCに向き合っていることになってしまいます(笑)。それではマンガとしては成立しづらいですよね。でも、今回のテーマである『モデューロX』は足廻りやエアロなどメカニカルな部分にも手が入っている。これならメカドックの3人も平等に腕を振るうことができるので、メカドックの新作として読める構成になるなと感じました」 

気になる最新作の内容は?

それでは、時を経て蘇った新作の内容はどんなものなのだろうか? 「これまでは『シビック Type-R』など走りを重視したクルマに乗ってきた主人公が、子どもが大きくなってきたことをきっかけに奥さんの要望もあってミニバンに乗り換える。でも、ただのミニバ ンでは満足できないので、そのクルマをメカドックに持ち込んでチューニングしてもらうというのがざっくりとしたストーリーです。全国のクルマ好きなお父さんのいる家庭で、よくある話だと思います。実は我が家も同じ状況な のですが、『よろしくメカドック』を読んで育った世代は、ちょうど今そんな状況になっている人が多いのではないかと思います。そういう意味で、共感して読んでもらえるのではないかと期待しています」 とコメントしています。

またHonda広報部の中村圭太郎氏は、「今回の作品では、フィクションという自由度のもと、あくまでも『ステップワゴン』をメカドックでチューニングしたら……という視点で描いていただきました。ですから、登場するのはあくまでもメカドックでチューンした『ステップワゴン』。もちろんチューンの内容は『モデューロX』の仕様に準じていますので、同じものを欲しいと思っていただけたら『モデューロX』をご検討いただければ幸いです」

次原先生は、「元々、メカドックに登場するクルマは、レース用では過激なチューニングもしていましたが、登場人物が乗るものは単に速くするだけでなく、外装なども含めて乗り手に合わせたバランスを重視した仕様にしていたつもりです。そういう意味では今回の『ステップワゴン』の『モデューロX』仕様は、まさにメカドック的な内容。だからこそ、無理なくストーリーに組み込むことができました」とそれぞれコメントしています。

 内容だけでなくサイズにもこだわり!

全国のホンダカーズ販売店で配布されるコミック冊子のサイズは通常のカタログなどとは異なり、一般的な少年マンガの単行本と同じサイズです。フルカラーの作品だけに、カタログのように大きく印刷することも検討されたというが、最終的にはHonda広報部の中村圭太郎氏の強い意向でこのサイズに決まったということです。その点を「かつての『よろしくメカドック』読者で今も単行本を持っているというファンの方々に、本棚に揃えて並べてもらいたい。その思いから、当時の『メカドック』の単行本と同じサイズにしてもらいました。もちろん、PRの観点だけならクルマが大きく印刷されているほうが良いのだと思いますが、あくまでも『メカドック』の新作を往年のファンの方々にも楽しんでもらいたいので、読者の視点を大切にしました」とコメントしています。

最新作の「よろしくメカドック」が、どのようなものなのか楽しみなところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。