【GT-R50 by Italdesign】日産がGT-Rの50周年モデルを発表

この記事は4分で読めます

【GT-R50 by Italdesign】日産がGT-Rの50周年モデルを発表

あわせて読みたい記事:【GT-Rパトカー】ニスモ仕様を導入し国内最強最速パトカー誕生 

あわせて読みたい記事:【アクティブ R32GTR】フルカーボンワイドボディ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

「日産」が「GT-R誕生50周年」を記念し、「イタルデザイン」とのコラボレーションによって誕生した「GT-R50 by Italdesign(ベースモデル:R35 GT-Rの2018年モデル)」を発表しました。「日産」はこれまで「オーテック」経由で「ザガート」とのコラボはあったものの、「イタルデザイン」とのコラボは「初」のことのようです。なお、「イタルデザイン」は現在「ランボルギーニ」が株式を保有しており、「フォルクスワーゲン」の傘下にあるデザインカンパニーです。「ランボルギーニ」の前デザイナーである、「フィリッポ・ペリーニ」氏がデザイン面での指揮を執っています。「日産」によると「このモデルは次期型のGT-Rではありません。日産の技術力と日本のデザイン、そしてイタリアのコーチビルディングを結集して、両社の50周年を刺激的にクリエイティブな形で祝福したものなのです」とコメントしており、スタンドアローンのコンセプトモデルだと捉えることができます。今回公開されたのはあくまでも「デジタルモデル」ですが、実車も公開される予定だとされますが、非常に衝撃的なデザインです。注目のパーツとしては、まずゴールドのパーツですが、「ゴールド」「ブロンズ」は最近高級車/ハイパフォーマンスカーでも多用されるモチーフで、「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」のホイールやエンジンヘッドカバー、「ポルシェ・911GT2 RS」のホイール、そして「BMW コンセプトM8 グランクーペ」のアクセントカラーにもなっています。

  • nissan-gtr-50-by-italdesign (3)

この「GT-R50 by Italdesign」のテーマは「リミットレス」つまり制約なしとのことです。「日産グローバルデザイン」を担当する専務執行役員の「アルフォンソ・アルバイサ」氏によると「今まで何度も考えた、制約のないGT-Rが今、実現できるのです」とのことです。なお、なぜ「イタルデザイン」なのかということについては、GT-Rと同じく「イタルデザイン」も「50周年」を今年迎えたことが契機の一つであったようです。さらに、「イタルデザイン」はデザインカンパニーではあるものの、自動車の開発や製造能力を有しており、アウディQ2のエンジニアリングも担当しているのです。「自動車メーカー」としての活動を開始することも発表しており、自社のクルマとしても「ゼロウノ(ゼロウーノ)」「ゼロウーノ・ドゥエルタ」を発表しています。今回、「イタルデザイン」は「GT-R50 by Italdesign」の開発、設計、製造を担当し、内外装デザインはロンドン(日産デザインヨーロッパとアメリカ(日産デザインアメリカ)が担当しています。


「GT-R50 by Italdesign」のエクステリアデザインとは

「GT-R50 by Italdesign」について「日産」によるとそのフロントにおける特徴は「ほぼ車両の幅いっぱいに広がる個性的なゴールドのインナーパネル」「ボンネット上のパワーバルジ」「シャープなLEDGERヘッドライト」です。なおボディカラーは「リキッドキネティックグレイ」、アクセントカラーは「エナジェティックシグマゴールド」、とのことでです。

  • nissan-gtr-50-by-italdesign (1)

サイドだとベースよりも54ミリ低いフーフライン、R35 GT-Rにもあるフロントフェンダーのエアアウトレット「サムライブレード(そんな名前があるとは知らなかった)」に配置されたゴールドのパーツがデザイン状のアピールポイントです。ホイールサイズは前後とも21インチを採用しています。

  • nissan-gtr-50-by-italdesign

リヤだと「フレアフェンダー」「R35 GT-Rよりも長く深いリアウインドウ」が目立つところです。
もちろん丸型4灯テールランプも継続され、これは「フロート構造」となっています。

  • nissan-gtr-50-by-italdesign (2)

「GT-R50 by Italdesignのインテリア」

「GT-R50 by Italdesign」の内装は、ベースとなるR35 GT-Rのテイストを受け継ぎつつ、ドア内張りにはグロス/マット仕上げ二種類のカーボンファイバー、シートにはブラックのアルカンターラを採用しています。メーターや、レーシングカーをイメージしたスイッチにも「エナジェティックシグマゴールド」を用いています。ステアリングホイール、シートバックはカーボンファイバー製です。

  • nissan-gtr-50-by-italdesign (7)

面白いのはシート表皮に「ランボルギーニ」特有の「Yアロー」が見えるところで、ここはさすが「イタルデザイン」、といったところです。


「GT-R50 by Italdesign」ドライブトレイン

エンジンはR35 GT-Rと同じく3.8リッターV型6気筒(V6 VR38DETT型)ですが、出力は大きく向上し最高出力:720馬力へと大幅な変更なのです。エンジンそのものは「手組み」となり、「GT-R NISMO GT3」用のターボチャージャー、インタークーラーを装着しています。そのほか「耐久性の高いクランクシャフト・ピストン・コネクティングロット・ベアリング、高流量ピストンオイルジェットと大容量燃料噴射装置を採用し、カムシャフト、イグニションシステム、吸排気システムも改良した」とアナウンスされており、「強化デュアルクラッチシーケンシャル6速リアトランスアクセルと、より強化されたデファレンシャルとドライブシャフト」を持つ、とのことです。

  • nissan-gtr-50-by-italdesign (4)

サスペンションについては「Bilstein DampTronic」採用の新設計、ブレーキシステムはフロント6ピストン、リヤ4ピストンを持つ「ブレンボ」製となっています。タイヤはミシュラン・パイロットスーパースポーツ(フロント255/35 R21、リヤ285/30 R21)を採用しています。


「日産・GT-R50 by Italdesign」:スペック

ベースモデル:NISSAN GT-R NISMO
ボディサイズ:全長4,784ミリ(4,690)、全幅1992ミリ(1,895)、全高1316ミリ(1,370)※カッコ内はNISSAN GT-R NISMOの数字
エンジン:ニスモ製3.8リッターVR38DETT
出力:720馬力 / 7,200rpm
ドライブトレイン:フロントエンジン/リアトランスアクスル4WD
トランスミッション」強化デュアルクラッチ6速シーケンシャルギヤボックス
サスペンション:Bilstein(ビルシュタイン) DampTronic
ブレーキ:ブレンボ製2ピースフローティングディスク(F:39.ミリ/R:380ミリ)/フロント6ピストン、リヤ4ピストン
ホイール:フロント21*10J リヤ21*10.5J
タイヤ:ミシュラン・パイロットスポーツ
タイヤサイズ:フロント225/35R21、リヤ285/30R21

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。