【F9ワイルドスピード/ジェットブレイク】エンディングの真実とは

この記事は4分で読めます

【F9ワイルドスピード/ジェットブレイク】エンディングの真実とは

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で高額な車のランキングトップ10

あわせて読みたい記事:【澤井杏奈】F9ワイスピジェットブレイクの日本人女優の過去経歴

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。今回は、「F9ワイルドスピード/ジェットブレイク」で話題となっているエンディング、エンドロールについての真相、真実を監督の「ジャスティン・リン」が語っているので注目です。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】シリーズ中で27億円も投じられたワンシーン

世界的大ヒットとなっている「ワイルドスピード」シリーズの最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のあらすじとは?

舞台は前作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の5年後という設定。ドミニクは以前交際していたエレナとの間にできた息子ブライアンの良き父となるために、レティと共に平和な毎日を過ごしていた。ところがある日、何者かによってブライアンが誘拐される…。誘拐犯を追った先で見つけたのは、ドミニクの実弟ジェイコブ。彼はなんと、過去の敵であったサイファーの部下となっていた。自身の兄を越えるため、ドミニクの仲間に攻撃し始めるジェイコブ。自分の本当の家族との再会に動揺を隠せないドミニク。しかしドミニクは、苦楽を共にしてきたファミリーが危険にさらされることに憤慨し、実弟との戦闘に踏み切る!というあらすじとなっています。


「ワイルドスピード/ジェットブレイク」:キャスト

あわせて読みたい記事:【F9ジェットブレイク】登場車種チャージャーHellacious

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」には、主人公の「ヴィン・ディーゼル」が演じるドミニク・トレットはもちろん、ローマン・ピアース役の「タイリース・ギブソン」、レティ・オルティス役の「ミシェル・ロドリゲス」、ミア・トレット役の「ジョーダナ・ブリュースター」、サイファー役の「シャーリーズ・セロン」、ラムジー役の「ナタリー・エマニュエル」、テズ・パーカー役の「クリス・“リュダクリス”・ブリッジス」といったレギュラーメンバーが続投しています。さらに、「ジョン・シナ」がドミニクの弟役ジェイコブ・トレットとして参加することに。また、アーティストの「カーディ・B」も出演しているという豪華キャスト陣となっています。しかし、ルーク・ホブス演じる「ドウェイン・ジョンソン」と「デッカード・ショウ」演じるジェイソン・ステイサムは、今回の「ワイルドスピード/ジェットブレイク」には参加していません。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホブスとショウが出演しない理由が明らかに

また「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で最も人々を驚かせたのは、2006年に公開されたシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で命を落としたと思われていたキャラクター、ハンのカムバック。


「F9ワイルドスピード/ジェットブレイクのエンディングの真実」

あわせて読みたい記事:【F9ワイスピ/ジェットブレイク】劇中東京シーンの秘密がネタバレ

日本でも公開され話題となっている「F9ワイルド・スピード/ジェットブレイク」。その「エンディング」、「エンドロール」について様々な推測がなされ注目となっていました。そこで監督の「ジャスティン・リン」監督がコメントしています。「F9ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で、まず注目されたのが、死んだと思われていた「サン・カン(ハン)」が生きており、ファミリーの元へ帰ってきたこと。しかし、ハンのカムバックは、単に制作陣が人気キャラクターを復活させたというわけではないのです。「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」で描かれたハンの死については、その後、「ワイルド・スピード EURO MISSION」でその実行犯が「ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)」だったことが発覚。しかし、「ジェイソン・ステイサム」が演じる「デッカード・ショウ」は、その後シリーズの人気キャラクターとなり、スピンオフ作品「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」で主人公となるまでに成長。「ハン」を殺した「デッカード・ショウ」の扱いを見たファンの間では「Justice for Han(ハンに正義を)」という声が多くあがるようになり、その結果、今回の「ハン」の復活が実現したというのです。そうなると「ハン」と「デッカード」の間には因縁があることになり、「F9ワイルドスピード/ジェットブレイク」の公開前には、「ジェイソン・ステイサム」が「制作陣は俺を呼び戻すべきだ。解決しなければならない。もし彼(ハン)に果たすべき恨みがあるのなら、それは俺に対してだろう」とコメントし、次の10作目と11作目でシリーズが完結する「ワイルド・スピード」において、2人の対面が見られることになるのではないかと、ファンの期待を煽ったのでした。しかし、「F9ワイルドスピード/ジェットブレイク」で、すでにファンが見逃せない展開が起こったのです。それが起こったのは、本編の後のエンドロールでのことです。

実は、「ハン」が「デッカード」の前に姿を見せたのです。「ハン」の姿を見た「デッカード」は驚いた顔を見せたというところで映画は終了。この再会は、何を意味するのか?ということで憶測が飛び交ったのでした。その真相、真実は、「ワイルドスピード」シリーズ3作目から6作目、そして本作と最後の2作品でメガホンを取る「ジャスティン・リン」監督が、アメリカのHollywood Reporterのインタビューでコメントしています。「ハンが9作目で戻ってくる時、多くの人は、それは“Justice for Han”だと思っていた。でも僕は、そう思ったことはない。Justice for Hanに伴う問題は、『ヘイ。彼はいってしまった。私たちは彼に戻ってきてほしい』というようなものでない。それは、何かが正しくなく、僕たちはそれをどう直すかというものだ。これの最も批判的な要素は、このキャラクターの扱いについて。だからJustice for Hanは、ハンが帰ってきて、僕たちが前に進む時に、僕たちが彼をどう扱うかということ。これについて探ることや荷ほどきをすることは間違いなく多くあるし、あのシーンは単に瞬間的なものにすぎない。僕は観客とシェアしたかったんだ、まだまだこれから起こることがあるということを」とコメント。これは、ただ「ハン」を復帰させることだけがJustice for Hanではなく、キャラクターたちの扱いを見直すことが重要であり、そのうえで、今後多くのことが起こるということを、あのシーンによってファンに伝えたかったということのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。