【吉瀬美智子】愛車メルセデスベンツGクラスや元ヤン画像とスッピン

この記事は4分で読めます

【吉瀬美智子】愛車メルセデスベンツGクラスや元ヤン画像とスッピン

あわせて読みたい記事:【柴咲コウ】愛車MINIクロスオーバー、歴代彼氏やスッピン画像

あわせて読みたい記事:【石川恋】愛車候補のお気に入りの旧車アルヴィスと彼氏やスッピン

あわせて読みたい記事:【新木優子】 歴代彼氏や愛車の旧車とすっぴん画像やコスプレ画像

ファッションモデル、女優として幅広く活躍されている「吉瀬美智子」さん。女優としての活動年月は長くはないものの、その活躍は高く評価されています。その「吉瀬美智子」さんですが、元ヤン節が報道されて元ヤン画像が話題となりました。どのような経緯でヤンキー路線を進んだのか、また現在の愛車など「吉瀬美智子」さんに注目です。


「吉瀬美智子さんのプロフィール」

  • 名前:吉瀬美智子 きちせ みちこ
  • 生年月日:1975年2月17日
  • 出生地:福岡県朝倉市
  • 身長:166 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優・ファッションモデル
  • 活動期間:1995年 –
  • 配偶者:独身(2021年に離婚)
  • 事務所:フラーム
  • 経歴:モデル時代の高校生の頃は美容部員志望だったが不合格だったため、高校卒業後は地元のエステサロンや喫茶店でアルバイトをしていた。喫茶店でのアルバイト中にスカウトされて地元でモデルの仕事を開始する。当時の所属事務所はオフィスノアールで、「小雪」という芸名で活動をしていた。その後、20歳で上京しブルーミングエージェンシーおよびブラァバに所属[2]。女性向けファッション雑誌『Domani』にて専属モデルを務める傍ら、多数のCMに出演。2003年からは情報番組『噂の!東京マガジン』にて5代目アシスタントを務めた。女優としては2007年2月1日付で現事務所フラームに移籍。30代に入ってから「モデルとしての未来を考えた時、活躍できる場が限られてきてしまう」と考えるようになり、現事務所からの「今後モデルの仕事を一切しない」との条件を快諾し移籍に踏み切った。それを機にモデル業を一切辞め本格的に女優に転身し、以後、テレビドラマを中心に活躍。『LIAR GAME』(フジテレビ)や『ブラッディ・マンデイ』(TBS)などに出演し注目されるようになる。ただし、女優への転身以降もファッション雑誌の表紙を飾るなど、モデルの仕事と縁が切れたわけではない。2009年1月、『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』(日本テレビ)にてテレビドラマ初主演(複数主演)、2010年5月、『ハガネの女』(テレビ朝日)にてテレビドラマ単独初主演。また、2010年9月公開の映画『死刑台のエレベーター』にて映画初主演。2011年2月にはエランドール賞新人賞を受賞。2014年7月、出産1年後の初復帰作『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ)にて、家庭と愛人との間で苦悩するセレブ主婦を演じる。同年9月、初のエッセイ『幸転力』を出版。

  • 私生活においては、モデルから女優への転身を支えた10歳年上の実業家の一般男性と、出会いから5年の歳月を経た2010年12月25日に結婚。同月28日に自身のブログを通じて発表。結婚3年目となる2013年2月21日に第1子妊娠を発表し、同年7月17日に女児を出産。また、2016年7月14日に第2子妊娠を発表し、同年10月26日に女児を出産。2019年には第12回ベストマザー賞の芸能部門を受賞。2021年4月7日、所属事務所の公式サイト及び自身のツイッターを通じて離婚を発表。

「吉瀬美智子さんの愛車メルセデス・ベンツGクラス」

あわせて読みたい記事:【佐田真由美】愛車のメルセデスAMGと野村訓市の旧車デュース改

「吉瀬美智子」さんの愛車は、多くの有名人が乗っていることで知られる「メルセデス・ベンツGクラス・ゲレンデヴァーゲン」。


「メルセデス・ベンツGクラス」:概要

あわせて読みたい記事:【マギー】レーシングドライバー金丸ユウと歴代彼氏と愛車のベンツ

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、「ゲレンデヴァーゲン(GELANDEWAGEN)」の名で1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化しつづけてきた、クロスカントリーの代表モデル。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載、最高出力422馬力(310kW)を発揮する「G550」、3L 直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「656」を搭載、最高出力は286馬力(210kW)を発揮する「G350d」を設定。トランスミッションは、「9G‐TRONICトランスミッション」を採用。今回、「G350d」をベースとした特別仕様車「G350d マヌファクトゥーアエディション」を設定。エクステリアには、サイドミラー、フロント/リアスカート、ホイールアーチ、フロントグリル、ルーフトップ、前後スリーポインテッドスター、スペアタイヤリング等随所にブラックのアクセントを、更にヘッドライト、フロントウインカー、リアコンビネーションランプにブラックスモークを施している。インテリアには、上質で滑らかな肌触りのナッパレザーにシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター(前席)、リラクゼーション機能(前席)等の快適装備を採用。インテリアトリムにおいても、カタログモデルには設定のないブラックアッシュウッドインテリアトリムを採用。さらに、ダンパーを電子制御することで連続可変制御が可能なアダプティブダンピングシステムを採用することで、路面を問わず快適な乗り心地を実現している。ボディカラーは、通常モデルには設定の無い「ダイヤモンドホワイト(M)」と「ジュピターレッド(S)」の全2色を用意。「G350d」、「G350d マヌファクトゥーアエディション」は右ハンドル、「G550」は左ハンドルの設定。


「メルセデス・ベンツGクラス・ゲレンデヴァーゲン」:スペック

  • 全長×全幅×全高=4530×1860×1950mm
  • ホイールベース=2850mm
  • 車重=2500kg
  • 駆動方式=4WD
  • 排気量=5.5リッター
  • エンジン=V8SOHC24バルブ(500ps/6100rpm、71.4kgm/2750-4000rpm)
  • 価格=1650.0万円

「吉瀬美智子さんの元ヤン時代画像」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

清楚なイメージの「吉瀬美智子」さんは、実はヤンキー時代に地元の雑誌に載ったことで有名人となり、ナンパしまくられていたそうです。

さらに地元では、可愛いヤンキーとしても有名で、「吉瀬美智子」さんがバイトをしていたガソリンスタンドには、「吉瀬美智子」さんのナンパ目当てで暴走族が行列を作っていたという伝説の美人ヤンキー行列伝説も存在。

グレていた時期について「吉瀬美智子」さんは、小学生の頃に両親が別居しており、母親とは親子の関係が損なわれてしまい、中学生になった時に母親が戻ってきても親子の関係は修復できず、不良グループと交友するようになったことが理由とコメントされているようです。


「吉瀬美智子さんの水着でスッピン画像」

あわせて読みたい記事:【ダレノガレ明美】メーカーカスタムの愛車と歴代彼氏やスッピン画像

「吉瀬美智子」さんは、2020年に「写真集 ラスト水着 (笑)娘のゴーグルを借りて本気」とコメントし、ゴーグルをつけた水着姿でプールを楽しんでいる写真をInstagramに投稿されています。

この投稿に対して「かわいすぎる いい笑顔です」「美しい」「人魚姫みたい」「スッピンですか!? めっちゃおキレイです」「きれい過ぎます。ノックアウトされました」「素敵 こんなママ羨ましい」「天使!!」「素敵なみちこさま」「み、みっちゃん… ちょっと、こっ恥ずかしくて直視できないよ」「娘さんかと思いました なんだみっちゃんか」と好意的なコメントが投稿されていたようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。