【ポルシェ 911 カレラRS3.8】993型モデルのスペック

この記事は2分で読めます

【ポルシェ 911 カレラRS3.8】993型モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【Mecumオークション】高額落札トップ10 人気はポルシェ!

あわせて読みたい記事:【ポルシェ RUF 911CTR】ルーフイエローバードが復活!

あわせて読みたい記事:【ポルシェ 911GT3カップ】2017年モデルのスペック画像

希少なモデルとなる1995年製の「ポルシェ911(993型)カレラRS3.8」がオークションに登場予定とのことです。このモデルは、「ポルシェ 911GT2」に継ぐハードコアな993世代の911モデルであり、ホモロゲーション獲得のために販売されたものです。

エンジンには鍛造ピストン、冷却系にはデュアルオイルクーラーを装着し、最大出力:300psに達しますが、これは当時「自然吸気エンジン搭載の911ではもっともパワフルな」数字となっています。

加えて大幅に車体が軽量化されており、遮音材の省略、ウインドウ類を薄いものへ交換し、、内装も簡略化してエアコンやオーディオも「レス」というスパルタンモデルです。

エアバッグやヘッドライナーも省くという徹底ぶりですが、これによって重量は「ポルシェ GT2」よりも軽量な1,280kgへとなっています。

 

もちろんサスペンションもストラットともに強化され、ブレーキシステムなどは「ポルシェ 911ターボ」のものを流用している、とのことです。

なおこの車両は「クラブスポーツ・エアロパッケージ」を装着していますが、この世代における「911」モデルのエアロパーツは大きくうねっているのが特徴です。

リアウイングの造形もそうですが(ターボだともっとダイナミックな形状)、サイドステップ形状も今ではあまり考えられないデザインを持っています(かろうじてこの後の世代、996GT3との共通性が見られる)。

また総販売数は不明ですが、アメリカへと輸入されたのは1,114台、とされています。 整備手帳や保証書など書類も完備されています。

走行距離:25,000kgと少なくはないものの、その希少性を反映して予想落札価格はなんと5600万円という価格です。

 

現在の「ポルシェ」において、テクノロジーの追求は「ポルシェ 911ターボ」、ピュアな運動性能だと「ポルシェ 911GT3」と方向性が分かれており、「ポルシェ 911GT3」においてはやはり、昔と変わらない考え方が貫かれているといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。