【ダッジ チャレンジャー ヴェイパー】 アメリカ空軍コラボ仕様

この記事は2分で読めます

【ダッジ チャレンジャー ヴェイパー】 アメリカ空軍コラボ仕様

あわせて読みたい記事:【ダッジ チャレンジャー GT】初の「4WD(AWD)」仕様!

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

あわせて読みたい記事:【日産 Z31 フェアレディZ】VG&RB搭載ナローシルエット

「ダッジ チャレンジャー」といえば、日本においてもカスタムベースモデルとして人気のあるアメリカ車です。ちなみに最強モデルの「ダッジ チャレンジャー SRTヘルキャット」モデルは、パワートレインに排気量:6.2リットル V型8気筒ガソリン「通称:HEMI(ヘミ)」エンジンを、スーパーチャージャーを装着させています。

エンジンスペックは、最大出力:707ps、最大トルク:90kgmというモンスターエンジンのスペックです。組み合わされるトランスミッションは6速MTまたは8速ATとなっており、足回りも強化され、インテリアもレースのイメージを反映した専用仕上げが施されています。ポテンシャルは、0-400m加速タイムは10.8秒となっています。

今回のカスタムマシンはアメリカ空軍とのコラボレーションにて制作された「ダッジ チャレンジャー」はモデル名「ヴェイパー」がとして製作されオークションに登場しています。カスタムされたのは2009年の製作ですが、このマシンのカスタムを担当したのは「フォード マスタング」のチューンなどで有名な「ギャルピン・オートスポーツ」社です。

エクステリアデザインは、「ステルスブラック」のペイントで全てのウインドウをパネルで覆われています。室内からの状況確認は、外部をルーフマウントされた360度カメラで確認するという仕様となっています。

エンジンフードは「シェイカー」、ルーフにはフィン、前後フェンダーは、オーバーフェンダーが横着されて大きくフレアし、ドアはガルウイング化されており迫力のエクステリアとなっています。

また、バンパーやランプ類にも変更が加えられ、前後にはアメリカ空軍のエンブレムが装着されています。パワートレインは、排気量:5.7リッター、さすがに「ステルス」だけあってエキゾーストシステムは「サイレント」モードも装備しているようです。

インテリアデザインは、操作系は非常に特殊なシステムが装備されています。アメリカ空軍らしくスロットルレバーと操縦桿のようなステアリングホイールを装備しています。

さらに、この「ダッジ チャレンジャー ヴェイパー」はリモコン操作が可能で、ドローンのように世界中どこからでも遠隔にて動かせるようにセッティングされています。

また、後部座席も大幅にカスタマイズされており、「NOS」システムが装着されているばかりか、「小型ミサイル」のようなものが搭載されており、スペシャルマシンへと変貌を遂げていることをうかがわせています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。