【日産 シルビア(S15型)】ワイルドスピード「モナリザ」仕様

この記事は3分で読めます

【日産 シルビア(S15型)】ワイルドスピード「モナリザ」仕様

あわせて読みたい記事:【日産 スカイラインGT-R】ワイルドスピード仕様R34の価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード8】 「Furious8」:登場車種一覧リスト 

あわせて読みたい記事:【マツダ RX-7フォーチュンモデル】ワイルドスピードX3仕様

「日産 シルビア(S15型)」:1999年-2002年

1999年1月に発売された「日産 シルビア」の「S15型」において最大のポイントとなっているのは拡大した「S14型」のボディが再び5ナンバーサイズとなったことです。 また、グレードの変更が行われ、「S13型」から「S14型」までの「J’s」「Q’s」「K’s」から、NAモデルの「spec.S」とターボモデルの「spec.R」となりました。さらに「S15型」では、左ハンドル仕様が開発されなかったため欧州向けや北米向けには輸出されず、オーストラリアとニュージーランド向けが少数輸出された他、中古車がイギリスに渡っている程度です。

パワーユニットにおいても「S13後期型」以来のエンジンは、「スペックS」の「SR20DE型(NA)」ではMTモデルが最大出力:165PS、ATモデル車が最大出力:160PS、「スペックR」の「SR20DET型(ターボ)」ではMTモデルが最大出力:250PS、ATモデルが最大出力:225PSとなっています。また、ターボモデルである「スペックR」にはトヨタ系列部品会社の「アイシン・エーアイ」社が製造した6速MTが装備され、更にターボチャージャーには「S14型」から引き続きボールベアリングタービンが採用され、レスポンスアップを図りつつ、低速回転からもストレスなく回る仕上がりになっています。(但し、生産終了間際のモデルにおいてはボールベアリングではなくフローティングメタルが採用されています)。


「エクステリアデザイン」

  • silviaspecraeros15

エクステリアデザインにおいては、サイド面のプレスラインがリアフェンダー、リアトランクにかけて徐々に絞り込まれる「深絞りプレス成型」を採用したリアフェンダーとなっていることです。またヘッドライトはボンネットに回り込んだ「釣り目」デザイン、テールランプもトランクに回り込んだ大型のものが採用され、アグレッシブなエクステリアデザインとなりました。


「インテリアデザイン」

  • nissan_silvia_1999-02_2

インテリアでは、メーカー純正で運転席側Aピラー部分に設置されたブースト計・油圧計や、運転席中央部にポップアップ式5.8インチ液晶モニターをオプションで採用していました。

  • nissan_silvia_1999-02_3

また、エアロ系グレードには「インテリアパッケージ」と言うオプションが選択可能で選択するとフロントシートとドアトリムが専用のオレンジのスェード調クロス地となります(リアシートは他グレードと同じ)。


「日産 シルビア(S15型)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4,445mm×1,695mm×1,285mm
  • ホイールベース:2,525mm
  • 車両重量:1,240kg
  • エンジン型式:SR20DET
  • エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ ICターボ
  • 排気量:1,998cc
  • 最大出力:250PS/6,400rpm
  • 最大トルク:28.0kgf·m/4,800rpm
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / マルチリンク
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク

「中古車相場」

「日産 シルビア(S15型)」の中古車相場は、映画「ワイルドスピード」の影響などもあり価格は高騰し「スペックR」などはプレミアがついており400万円オーバーの車両もあります。

中古車相場:18万円~459万円

 


 

「日産 シルビア(S15型)ワイルドスピード・モナリザ」仕様:スペック

  • 26d43376e8cf28ecece074835e479c35

「日産 シルビア(S15型)ワイルドスピード・モナリザ」仕様は、2001年式モデルです。ボディカラーは紺/橙のカラーリングで劇中に登場しました。立体パーキングでのドリフトバトルで「ハン」が「ショーン」に貸した車で通称は「ドリフト界のモナリザ」というモデル名でした。エクステリアデザインは、「C-WEST」のエアロを装着しています。パワーユニットは、2001年式の「日産 スカイラインGT-R(R34型)」に搭載されていた名機「RB26DETT」型に換装されています。この「BNR34型GT-R」の「RB26DETT」型をベースに鍛造ピストンを組み込み2.7Lにボアアップされているとされています。タービンは純正ツインターボから「TO4」もしくは「T78」タービンによるビッグシングルタービン化で最大出力:推定出力500~600PSとなっています。ホイールは「RAYS」製「VOLK RACING GT-7」を装着しています。シートは「RECARO」製のバケットシートに「TAKATA」製の4点式ハーネスを装備しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。