【ホンダ】完全自動運転技術で「グーグル」と提携?今後の開発は?

この記事は3分で読めます

【ホンダ】完全自動運転技術で「グーグル」と提携?今後の開発は?

あわせて読みたい記事:【Udacity】自動運転技術の育成が始まる! 卒業後も凄い?

あわせて読みたい記事:【東京オリンピック】 世界が注目する自動運転技術は実現可能か?

あわせて読みたい記事:【テスラ オートパイロット】システムの名称が誤解を招き問題山積

完全自動運転技術について自動車メーカーの「本田技研工業株式会社」が新たな取り組みを打ち出したことが、東洋経済新聞に掲載されていました。以下の通りです。

これまで完全自動運転の開発に言及してこなかったホンダが、大きな一歩を踏み出すことになりそうだ。

 ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所と、米グーグルを傘下に持つ持株会社アルファベットの子会社「Waymo(ウェイモ)」は、完全自動運転車の共同研究を行う方向で覚書をかわし、実現に向けた検討を始めた。ホンダが提供する車両にウェイモのセンサーやソフトウェア、車載コンピューターなどを搭載し、公道試験を米国で始めるべく協議を進めている。

■自動運転の開発会社がグーグルから独立

 ウェイモは、これまでグーグル社内で進められていた自動運転車の開発プロジェクトが分離独立して生まれた新会社だ。12月13日の設立から6日後には、欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と共同開発した試作車を発表。ホンダとの共同研究が実現すれば、FCAに続いて2社目のパートナーとなり日本の自動車メーカーと組むのは初めてとなる。

 ホンダは2020年頃の高速道路での自動運転実用化に向け、独自の開発も進めている。2015年秋には高速道路でのデモ走行を公開した。市街地での自動運転については、米国サンフランシスコ郊外にある「巨大廃墟」となった元海軍施設を活用して要素技術の研究が行われている。

 自動車メーカーは「加速(走る)」「制御(止まる)」「操舵(曲がる)」の3つのうちいずれか1つを機械が担う「レベル1」から、複数の操作を機械が担う「レベル2」、3つの操作すべてを機械が担い、システムが要請した場合だけ運転者が対応する「レベル3」と、段階を踏んで自動運転を実現するというアプローチを取っている。

 現在では独メルセデス・ベンツや独アウディ、日産自動車などがレベル2の自動運転を実用化しているが、この段階では運転の責任がまだドライバーに帰属する。

 ホンダは安全運転支援システム「ホンダセンシング」でレベル1を実用化している。だが国土交通省が12月に公表した予防安全性能評価では参加した11車種のうち最下位となり、自動運転につながるとされる安全運転支援の分野でトヨタ自動車やマツダ、富士重工業(スバル)などの他社に遅れをとっている。

メーカーの遙か先を行ったグーグル

 レベル3の上にあるのが、加速・制御・操舵のすべてを機械が行う上に運転者が操作に関与しない完全自動運転である「レベル4」だ。ウェイモの前身であるグーグルの自動運転プロジェクトは、2009年の発足当初からこのレベル4を目指してきた。

 一方のホンダは、これまで一度も完全自動運転の取り組みについて言及したことはなかった。「ウェイモとの共同研究はホンダが今まで進めてきた自動運転の開発と別のアプローチ」(ホンダ広報部)であり、「ホンダが従来進めてきた自動運転開発は、ウェイモとの共同研究と並行して続ける」(同)のだという。

■グーグルの試作車はすでに300年分を走行

 2015年秋には、グーグルが世界で初めて完全自動運転車の公道試験を行った。目の不自由なスティーブ・マハーン氏が1人で車に乗り、テキサス州オースティンで自動走行を実施した。この走行試験がプロジェクトを次の段階へと進める1つの試金石となった。

 グーグルはすでにカリフォルニア州やテキサス州、ワシントン州、アリゾナ州の4地域で約60台の試作車を走らせており、人間によるドライブ経験に換算して計300年分に値するデータが集まっているという。

 だが実用化に近づけるためには、幅広い車種や走行条件でデータを収集する必要がある。そこで今年5月からFCAと提携し、クライスラーブランドのミニバン「パシフィカ」にウェイモのソフトウエアを搭載した試作車を開発。2017年にも公道試験を始める予定だ。

 今後FCAとの共同開発車が100台投入されることになっており、これにホンダが加われば、ウェイモにはさらに多くのデータが蓄積されることになる。

 ホンダがグーグルと手を組むのは今回が初めてではない。2011年に設立された「ホンダ・シリコンバレー・ラボ(HSVL)」を窓口として、アンドロイドのスマートフォンと車をつなぐシステム「アンドロイド・オート」を共同で開発した実績がある。

ホンダにはないIT企業の強みとは

 なぜホンダがシリコンバレーのIT企業と組むのか。高度なITが必要な技術においては、独自に取り組むよりも協業のほうが製品化までのスピードが速いからだ。ただ自動車メーカー側に都合の良いことばかりではない。

 HSVLの杉本直樹シニアプログラムディレクターは「ベンチャーには『開発の成果はホンダ車だけに展開する』という要望は通用しない」と指摘する。ホンダとの協業で成果が出れば、当然ベンチャー側はそれを他社にも売り込みたいということだ。

■共同研究はホンダにメリットがあるのか

 今回のウェイモとの共同研究も、このHSVLが窓口となって2016年の夏ごろから話し合いが進められてきた。ただ、現在は覚書の段階であり、正式な契約に至るまでには不確定な要素が多い。

 ウェイモは共同研究のデータをホンダに対してどこまで開示するのか、得られた知見はどこまで他社にもオープンになるのか。ホンダが独占できる技術や知見がなければ、完全自動運転で他社に差を付ける要素がなくなってしまうというリスクもはらんでいる。

 2016年は、1月にトヨタがシリコンバレーに「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」を開設、3月には米ゼネラル・モーターズ(GM)がシリコンバレーの自動運転ベンチャー「クルーズオートメーション」を買収するなど、外部の技術や人材を取り込もうとする動きが世界最大手クラスの自動車メーカーで目立った。

 それに対して、FCAやホンダのような中規模メーカーが持つ開発リソースは限られている。彼らがグーグルをパートナーに選ぶという戦略はある意味当然といえる。だが、これが自動車メーカー側の競争力につながるかは不透明だ。自動運転開発の世界ではどういったアプローチが最適なのか、いまだ定まらないまま、業界の垣根を越えた動きが加速している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。