【スカイライン・ヨンメリ】restored乱メリ仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【スカイライン・ヨンメリ】restored乱メリ仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】 R31ハウスGTS-Rの価格・仕様

あわせて読みたい記事:【リバティウォーク】ミウラの族車仕様を公開「東京オートサロン」

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

スカイラインのシリーズの中でも「ケンメリ(C110系)」は、生産台数197台といわれる「GT-R(KPGC110型:2ドアのGT-R)」に注目が集まる傾向があり、「GT-R仕様」にするカスタマイズが多いかもしれません。そのような中、4ドアの通称:「ヨンメリ(GC111型)」を「幻のワークスGT-R(モーターショーにのみ出品され実戦投入されなかったレーシングGT-R)」のカラーリングにペイントし、カスタマイズされたマシンに注目してみました。

「エクステリア・インテリアデザイン」

迫力のワークスフェンダー仕様は、モスグリーン&ゴールドレーシングカラーでペイントされており、レーシングジャケットを装備し、メリレーシング#73号車4ドアBerキットが装着されています。ホイールは、RAYS TE37V BA(F 10J,R 10.5J) にタイヤは、TOYO(FR 255/40/17)が組み込まれています。インテリアは、レカロ製シートにダットサンコンペステアリング、オートメーター製のメーター類で作り込まれています。


「ドライブトレイン」

エンジンはL28型エンジンを3.1L仕様にボアアップされ、Arqray&restoredオリジナルコラボタコ足を装着し、トランスミッションは71C、クラッチはOZ技研製のツインプレート、デフはR200が組み込まれています。


「restored:スカイライン(乱メリ)」:スペック

  • ベースモデル:スカイライン(ヨンメリ)
  • 型式:GC111
  • エンジン型式:L28改3.1L
  • 排気量:3,100cc
  • ドライブトレインカスタム内容:マフラー:Arqray&restoredオリジナルコラボデュアルマフラー 、エキマニ:Arqray&restoredオリジナルコラボタコ足、ミッション:71C、クラッチ:OS技研ツインプレート
  • エクステリアデザイン:エアロキット(乱メリレーシング#73号車4ドアBerキット)
  • ボディカラー:モスグリーン&ゴールドレーシングカラー
  • インテリア:レカロ製シート、ダットサンコンペステアリング、オートメーター製メーターゲージ
  • サスペンションシステム:BILSフルタップ車高調整サスペンションシステム、BILS製ショック、BILS製スプリング(F8キロ・リア22キロ)
  • ブレーキシステム:Wilwood restored オリジナルブレーキキット
  • デフ:R200LSD
  • ホイール:RAYS TE37V BA(F 10J,R 10.5J)
  • タイヤ:TOYO(FR 255/40/17)

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。