【Z31型フェアレディZ 200ZR】RB26改搭載車スペック

この記事は4分で読めます

【Z31型フェアレディZ 200ZR】RB26改搭載車スペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【首都高速トライアル1】劇中車TBO製R30スカイラインの仕様

「Z31型:フェアレディZ」:概要

ロングノーズ・ショートデッキというZの伝統的なコンセプトを引き継ぎながら、空力性能を重視して、エクステリアをシェイプアップした3代目モデルとして「Z31型」が1983年9月に登場。開発当初からヨーロッパ製の名門スポーツカーを凌ぐ、ハイパフォーマンスの追求を目標に掲げ、エンジンは直列6気筒のL型から新世代V型6気筒エンジンであるSOHCターボ2.0LのVG20ETと3.0LのVG30ET (日本国外向けにはNAのVG30Eも存在)全グレードにV6ターボエンジンを搭載。エクステリアデザインでは、通常の軸回転式リトラクタブル・ヘッドランプとは異なり、ランプが上下に平行移動する構造で、消灯時にもレンズの一部が露出するパラレルライズアップヘッドランプを採用。これはボディの一部を削ったかのようにしてのヘッドランプを装備という、従来のデザインを踏襲するためであるものの、別体のパッシングランプを省略するためという実用上の意味合いもあったということです。その後、1985年10月にはの直列6気筒エンジンとなる、DOHCセラミックターボRB20DETを搭載したモデルが追加されました。実はセラミック製のターボはこれが世界初。日産は「セラミック・レスポンス」というキャッチコピーでアピール。エンジンはもともとR31型系 スカイライン用として開発されたもので、インタークーラーが上置き形に変更されたため、ボンネット中央に設けられた大型エアスクープがエクステリアデザイン上の特徴となりました。また専用のスポーツシート、アルミホイール、サスペンション強化、LSDが装備されていました。ノーマルルーフの「200ZR-I」とTバールーフの「200ZR-II」の2種類が設定されていました。

そして、1986年10月のマイナーチェンジで日産の北米でのデザイン拠点である日産デザインインターナショナルが提案したエクステリアデザインを採用し、3Lモデルはキャビン部(含むリアゲート)と左右ドア以外のパネルを全てデザイン変更。北米輸出仕様と同様のワイドフレアーフェンダーの3ナンバー専用ボディ。2.0Lモデルについては前後のスキンチェンジのみでフロントとリアフェンダーは変わっていません。


「日産・フェアレディZ 200ZR-1(1986年)」:スペック

  • 型式:E-PZ31TR
  • 全長×全幅×全高:4,405mm×  1,690mm×1,295mm
  • ホイールベース:2,320mm
  • トレッド(F/R):1,420/1,440mm
  • 車両重量:1,310kg
  • エンジン型式:RB20DET
  • エンジン形式:水冷直列6気筒DOHC ICターボ
  • 総排気量:1,998cc
  • ボア×ストローク:78.0mm×69,7mm
  • 最高出力:180ps/6,400rpm
  • 最高トルク:23.0kg・m/3,600rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):215/60R15

「日産:フェアレディZ(Z31型)カーショップポルシェ仕様」:概要

「フェアレディZ」の歴史の中でも直列6気筒DOHCを搭載したモデルは、初代の「S30型:Z432」と「Z31型:200ZRシリーズ」だけですが、その「Z31型:フェアレディZ」のカスタムマシンを紹介。山梨県の「カーショップポルシェ」社は、JUNオートメカニックから独立して開いているチューニングカーショップ。その代表の「藤本」氏が手がける「PZ31型:フェアレディZ」は、オリジナルはRB20DETエンジンが搭載しれていたモデルです。このエンジンをRB26改2.8L仕様に換装し、サーキットを周回できるようセットアップを進めているカスタムマシンなのです。

代表の「藤本」氏は、「予算の関係から大きく3回に分けてチューニングをしているクルマで、今はまだ2段階目のチューニングが終わったところです。そのため、まだターボはR33GT-RのN1純正ですしインジェクターもノーマル。今後はビッグシングルターボにして、きっちり作り込む予定です」とコメントしていますが非常に高いクオリティで仕上げられているマシンなのです。

カスタマイズの注目箇所はインタークーラー。Z31のラジエターはノーズを低くするためにノーマルでも斜めにマウントされていますが、このラジエターの独特のマウントを利用して、インタークーラーを下側へ水平に取り付けてVマウント化している。また、左右のダクトの奥にはツインオイルクーラーも装備し、ラジエターだけ大容量のものへ交換すれば夏場のサーキットでの水温対策も施す予定ということです。

なお、エンジンは本体からハーネスまでBNR32から移植したRB26がベースとなっており、JUNの2.8Lキットを組み込み、今後、行うビッグシングルターボ化を見据えた強化パーツが各部に組まれています。現時点ではまだインジェクターもノーマルのためパワーは約450psという仕様です。

Z乗りらしいS30型:フェアレディZをオマージュしているような縦デュアルマフラー。横向きのデュアルサイレンサーのテールパイプにひねりを加えています。

アニバーサリー仕様をよりワイドにしたようなフェンダーには、後々ハイパワー化しても対応出来るよう295サイズのタイヤに合わせられているということです。

室内は、オーディオやナビ、エアコンなどの快適装備もフル搭載。デフィの追加メーターもセンス良くインストールされている。エンジンを制御しているコンピュータはF-CON Vプロ。足回りは、ZEALファンクションをベースにしたオリジナル車高調を組み、ブレーキまわりもエンドレスの6ポッドキャリパーで強化済み。そして前後に履くタイヤは295/30R18のアドバンA050。


「日産:フェアレディZ(Z31型)カーショップポルシェ仕様」:スペック

  • エンジン:RB26改2.8L換装/R33 N1ターボ×2/JUN2.8Lキット、強化オイルポンプ、強化ヘッドボルト、強化クランクキャップ、ハイカムステージ2/水平マウントインタークーラー/HKS F-CON VプロVer4.0/BNR32 ECCSハーネス&CPU移植/ワンオフ縦デュアルマフラー
  • ドライブトレイン:エクセディカーボンツインクラッチ/FS5R30Aミッション
  • フットワーク:ジールファンクションポルシェスペック/エンドレスチビ6/326mmローター
  • タイヤ&ホイール:アドバンA050(FR295/30R18)/ボルクレーシングZE40(11J)
  • インテリア&エクステリア:レカロSR6、SR3/デフィメーター各種/ZR2・Tバールーフ除去(ZR1ルーフ移植)/アニバーサリー仕様エアロ一式/Zブラックバードリヤカーボンスポイラー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。