【よろしくメカドック・CR-X】実車が存在したミッドシップ仕様

この記事は3分で読めます

【よろしくメカドック・CR-X】実車が存在したミッドシップ仕様

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【令和に残す昭和~平成の名車たち】 西部警察の劇中車のスペック

多種多様なカスタムマシン、チューニングマシンが公道レースを繰り広げ、1980年代の名作となった「よろしくメカドック」。この漫画の影響でクルマ好きになった方も多いようです。今回は、「よろしくメカドック」に登場する「ホンダ:バラードスポーツ・CR-X」に注目してみます。


「バラードスポーツ・CR-X」:概要

1983年10月に2,200㎜のショートホイールベースにファストバッククーペボディを架装した初代モデルの「ホンダ:CR-X」が誕生(当時の正式名称はバラードスポーツCR-X)。セミリトラクタブルランプで空力性能を高め、耐衝撃性に優れた軽量な樹脂製フロントフェンダーを採用して800Kgの車重を実現するなど、ホンダスポーツの技術的な挑戦が見られるモデルでした。デビュー時の搭載エンジンは、直4SOHC12バルブCVCCの1.3Lキャブ仕様と、1.5Lの電子制御燃料噴射(PGM-FI)の2種類の設定。1.5Lでも最高出力110馬力と、当時のライバルであった「AE86型:レビン/トレノ」よりも非力であったが、それより140kgも軽い車重を生かして、最高速度182.65km/h、0-400m加速は16.19秒(いずれも実測値)とエンジンスペックを超えた走りを実現。1984年には最高出力135馬力を発生する「ZC」型1.6Lの16バルブDOHCを搭載する新グレード「Si」を追加しています。その威力はすさまじく、最高速は197km/hまで伸び、0-400mも15秒20まで短縮されました。


「バラードスポーツ・CR-X 1.3i」:スペック

  • 型式:AE(1.3i)
  • 全長×全幅×全高:3675×1625×1290mm
  • ホイールベース:2200mm
  • トレッド(F/R):1400mm / 1415mm
  • エンジン型式:EV
  • エンジン形式:水冷直列4気筒SOHC12バルブ・キャブレター
  • 排気量:1342cc
  • ボア×ストローク:74.0×78.0mm
  • 圧縮比:10.0
  • 最高出力:80馬力/6000回転
  • 最大トルク:11.3kg.m/3500回転
  • 駆動方式:FF
  • サスペンションシステム(F/R):トーションバー・ストラット方式 / 車軸式
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク / リーディングトレーリング
  • 車両重量:760kg

「バラードスポーツ・CR-X 1.5i」:スペック

  • 型式:AF(1.5i)
  • 全長×全幅×全高:3675×1625×1290mm
  • ホイールベース:2200mm
  • トレッド(F/R):1400mm / 1415mm
  • エンジン型式:EW(1.5i)
  • エンジン形式:水冷直列4気筒SOHC12バルブ・キャブレター
  • 排気量:1488cc
  • ボア×ストローク:74.0×86.5mm
  • 圧縮比:8.7
  • 最高出力:110馬力/5800回転
  • 最大トルク:13.8kg.m/4500回転
  • 駆動方式:FF
  • サスペンションシステム(F/R):トーションバー・ストラット方式 / 車軸式
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク / リーディングトレーリング
  • 車両重量:800kg

「バラードスポーツ・CR-X Si」:スペック

  • 型式:AS(Si)
  • 全長×全幅×全高:3675×1625×1290mm
  • ホイールベース:2200mm
  • トレッド(F/R):1400mm / 1415mm
  • エンジン型式:ZC
  • エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ・電子燃料噴射式(ホンダ・PGM-FI)
  • 排気量:1590cc
  • ボア×ストローク:75.0×90.0mm
  • 圧縮比:9.3
  • 最高出力:135馬力/6500回転
  • 最大トルク:15.5kg.m/5000回転
  • 駆動方式:FF
  • サスペンションシステム(F/R):トーションバー・ストラット方式 / 車軸式
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク / リーディングトレーリング
  • 車両重量:860kg

「バラードスポーツ・CR-X」:中古価格

非常にタマ数が減少しており、市場に出回ることも少なくなりました。程度が良いものを探すというよりは、市場にあれば現車をまずは見てみることがベストでしょう。程度もパーツがないとはいえ、レストアされている個体もあります。

  • 中古価格:65万円~185万円

「よろしくメカドック・CR-X改」:スペック

「よろしくメカドック」に登場したカスタムマシンは、全日本ゼロヨンGP編に登場。エクステリアは、シルエットフォーミュラ仕様のエアロボディ(H.P.ALLOY+FRP)で車両重量は570kg。最初期のCVCCEW改型の1.5Lエンジン搭載車をベースに1652㏄まで排気量をアップ、さらにツインターボ化。推定馬力は270psとされていました。さらにこのエンジンをミッドシップに搭載し、後輪駆動に改造されていたマシン。軽量ボディで圧倒的な加速力を見せつけました。


「バックヤードスペシャル・CR-X」:実車版よろしくメカドック

「バックヤードスペシャル」というチューニングショップが、実際にミッドシップ仕様の「ホンダ:バラードスポーツ・CR-X」を製作しており、モータースポーツで活躍していたようです。とりわけミッドシップ駆動というしようからジムカーナに参戦していたようです。

また仕様やポテンシャルなどの詳細については不明ですが、搭載していたパワーユニットとなるエンジンはホンダ製のエンジンではなく、当時の「バラードスポーツ・CR-X」のライバルであった「トヨタ・レビン/トレノ(AE86型)」に搭載されていた「4A-G」エンジンだったようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。