【よゐこ・濱口優】愛車ホンダCT125ハンターカブカスタム仕様

この記事は4分で読めます

【よゐこ・濱口優】愛車ホンダCT125ハンターカブカスタム仕様

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】愛車の2006年式ホンダC90スーパーカブのカスタム

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【芸人ヒロシ】愛車の旧車スズキHi(ハイ)スクーターカスタム仕様

お笑い芸人の「よゐこ・濱口優」さんは、お笑い芸人の評価は高いことは有名ですが、パーソナリティ、番組司会者など多彩な才能で幅広く活躍されています。バイク好きとしても有名ですが、今回は、「よゐこ・濱口優」さんの愛車「ホンダ・CT125ハンターカブ」に注目です。


「よゐこ・濱口優さんのプロフィール」

  • 名前:濱口優
  • 本名:南 優
  • ニックネーム:ぐっちょん、ハマグチェ、マサル、マッサル、まちゃる、ヨシユキ(禿夢名義)、破壊神、ポンジ先輩、自爆先輩、とったどーおじさん
  • 生年月日:1972年1月29日
  • 出身地:日本・大阪府大阪市此花区
  • 血液型:A型
  • 身長:168cm
  • 最終学歴:大阪市立汎愛高等学校
  • コンビ名:よゐこ
  • 相方:有野晋哉
  • 事務所:松竹芸能
  • 活動時期:1991年 –
  • 同期:ナインティナイン、日村勇紀(バナナマン)、宮川大輔、星田英利、キャイ〜ン、ずん、ほか
  • 経歴:実家は喫茶店を経営している。小学4年生の頃に書いた劇の鑑賞感想文では文章に「っ」を使用していなかったため、終始カタコトのような文章になってしまった。高校生時代は「クリ」というあだ名で呼ばれていた。高校3年生の頃、通知表の英語の評価で1を取ったことがあり、当時の英語担当の先生のコメントにはギリギリですと書かれていた。芸能界入りした動機として「普通に働くのが嫌で芸人になった」と過去に語っている。2014年開催の和田アキ子誕生会で、濱口と南とのやりとりを見ていて双方の気持ちを察した出川哲朗が電話番号の交換を仲介、そのことがきっかけで南との交際が始まった。直後の2014年2月27日に交際していることを公表した上でマスコミ及びお互いの事務所公認のカップルとなり、携帯電話の待ち受け画面を堂々と南の画像にするなどしていた。2018年の正月、毎年恒例にしていた東京ディズニーシーのミラコスタでのデートへ出掛ける際に南が普段はめている指輪を婚約指輪にすりかえ、見覚えのない指輪に南が不思議がっているときに言った「結婚してください」のプロポーズに、南が「よろしくお願いします」と応えて婚約が成立した。5月16日頃、相方の有野晋哉に結婚の意志を報告して婚姻届の証人になってもらい、5月25日に婚姻の届出をすませた。同日、南との結婚を報告。2019年9月3日、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式・披露宴を行っている。2019年9月7日にさいたまスーパーアリーナで開催された「第29回東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER」では夫婦そろってシークレットゲストとして登場し、和装の結婚衣装でランウェイを歩いた。2021年4月21日、妻の南の第1子妊娠を南とともにYouTubeチャンネル「おうちのまさる」で明らかにした。6月8日、第1子が死産に終わったことが公表される。2021年6月27日に自身のインスタグラムで、350万円のキャンピングカーを購入したことを公表した。購入の経緯はYouTubeチャンネルにて公開されている。濱口は弟が2人いる長男ではあるが、南と結婚したときに自身が改姓している。

「ホンダ・CT125ハンターカブ」:概要

あわせて読みたい記事:【ヒロミ】 愛車のホンダ・CT125ハンターカブ/カスタム

「ホンダ・CT125ハンターカブ」は、2020年6月に発売された原付2種のレジャーバイク。もとは、2019年10月に開催された第46回 東京モーターショー2019において、「CT125」という名称で参考出品されたコンセプトモデル。その際のプレスリリースには、「オフロードの走破性に配慮したつくりと冒険心をくすぐるデザインで、スーパーカブシリーズの新たな価値を提案」や「かつての“CT”のコンセプトを受け継ぎ」とあったように、往年のCT110ハンターカブ(1981年)をイメージするデザインが特徴だった。ベースとなったのは、スーパーカブC125(2018年-)ながら、不整地路の走行にも対応するために、C125のフレームに対し、ヘッドパイプの補強やリアアームの延長などを施し、排気量124ccの空冷4スト単気筒OHCエンジンは、吸気管長を長くとることで、よりパルス感を感じさせるものになっていた。C125との差異は、ドリブン(リア)スプロケットの歯数(丁数)にもあり、C125の36Tよりも大きな39Tを採用。これも、不整地路をトコトコと走り抜けることに適応させたものだった。タンク容量も、C125の3.7リットルから、5.3リットルまで大型化。CT110の5.5リットルと近似値だった。セルフスターター式に加え、キック式でも始動可能。フロントブレーキにはABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した。※「ハンターカブ」の生まれ故郷、アメリカ市場では、TRAIL125(トレール125)という名称で2020年11月に発売された。


「ホンダ・CT125ハンターカブ」:スペック/価格

  • モデル名:CT125 HUNTER Cub
  • 型式:2BJ-JA55
  • 全長 (mm):1960
  • 全幅 (mm):805
  • 全高 (mm):1085
  • ホイールベース (mm):1255
  • 最低地上高(mm):165
  • シート高 (mm):800
  • 車両重量 (kg):120
  • 最小回転半径(m):1.9
  • 乗車定員(名):2
  • 燃料消費率(km/L) :61.0
  • 原動機型式:JA55E
  • 原動機種類:4ストローク空冷単気筒SOHC2バルブ
  • 排気量 (cc):124
  • 内径(シリンダーボア)(mm):52.4
  • 行程(ピストンストローク)(mm):57.9
  • 圧縮比(:1):9.3
  • 最高出力(kW):6.5
  • 最高出力(PS):8.8
  • 最高出力回転数(rpm):7000
  • 最大トルク(N・m):11
  • 最大トルク(kgf・m):1.1
  • 最大トルク回転数(rpm):4500
  • 燃料供給方式:フューエルインジェクション
  • 燃料供給装置形式:PGM-FI
  • 燃料タンク容量 (L):5.3
  • 燃料(種類):レギュラーガソリン
  • エンジン始動方式:セルフ・キック 併用式
  • 点火装置:フルトランジスタ式
  • 点火プラグ標準搭載・型式:CPR6EA-9
  • 搭載バッテリー・型式:YTZ5S
  • エンジン潤滑方式:ウェットサンプ式
  • エンジンオイル容量※全容量 (L):0.9
  • エンジンオイル量(オイル交換時) (L):0.7
  • 推奨エンジンオイル(SAE粘度):10W-30
  • 変速機形式:リターン式・4段変速
  • 変速機・操作方式:フットシフト
  • スプロケット歯数:前 14/後 39
  • フレーム型式:バックボーン
  • キャスター角:27°00´
  • トレール量 (mm):80
  • ブレーキ形式(前):油圧式ディスク
  • ブレーキ形式(後):油圧式ディスク
  • ブレーキオイル適合規格:DOT 4
  • 懸架方式(前):テレスコピックフォーク フロントフォークタイプ:正立フォーク
  • 懸架方式(後):スイングアーム式 ショックアブソーバ本数(後) 2
  • タイヤ(前):80/90-17/(後) 80/90-17
  • 車両装備:アンチロックブレーキ(ABS) 有
  • 車両装備:キャリア 有
  • 車両装備:センタースタンド 有
  • メーカー希望小売価格(税込)CT125・ハンターカブ:44万円
  • 中古車価格帯:40万円〜55万8000円

「よゐこ・濱口優さんの愛車ホンダCT125ハンターカブカスタム」

あわせて読みたい記事:【井戸田潤】愛車ホンダCT125ハンターカブSLPカスタム仕様

お笑い芸人の「よゐこ・濱口優」」さんの愛車は、「ホンダ・CT125ハンターカブ」。ボディカラーはレッド。

カスタム内容は、メインのカスタムメーカーとして、「K-SPEED」を装着されています。ローダウンサス:48,000円、ブロックタイヤ:25,900円、クラッシュバー:28,300円、フロントキャリア:11,500円、ヘッドライトカバー:8,300円、センターキャリア:16,800円、リアシート:8,800円、トレッカーアウトバック42L:約51,000円~、ウォータータンク:16,400円、シート:14,300円、ウィンカーガード:7,860円、ハンドルクロスバー:6,600円、ハンドガード:12,400円、ミラー:14,100円、合計金額:約270,260円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。