【フォルクスワーゲン ジエッタ】 ボンネビル最速仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【フォルクスワーゲン ジエッタ】 ボンネビル最速仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【パイクスピーク】ホンダ(アキュラ)がNSXなど参戦車両を公開

あわせて読みたい記事:【ゴルフ GTI】 パイクスピークにツインエンジンマシンが登場

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ32】世界記録のボンネビル最高速仕様のスペック

「フォルクスワーゲン(VW)」のクルマは、先日行われた「パイクスピーク」が大きな話題を集めています。その公開されたレーシングマシンは、「VW」のスペシャル使用の最高出力680hpを誇るスペックを備えた電動レースカーの「I.D. R Pikes Peak」です。しかし、そのマシンだけでなく、「VW」はさらにコロラド・スプリングスで開催されたパイクスピーク・ファン・フェストで、特別にチューニングされた「ジェッタ」を発表しています。

  • (出典:jp.autoblog.com)

ベンチュラにあるスピードショップ「THRマニュファクチュアリング」が手掛けたこの「ボンネビル・ジェッタ」は、あの有名なボンネビル・ソルトフラッツでBGC/Gクラス最速記録に挑戦するために製作されたレーシングマシンです。新型の「フォルクスワーゲン・ジェッタ」をベースに、カスタム・カラーリングが施されたボンネットの下には、「VW」の「EA888」型の2.0リッター直列4気筒直噴ガソリン・ターボ・エンジンを改造して搭載しています。ただし最高出力の数値は明らかにされていません。さらにこのません「ジェッタ」には、車高を落としたサスペンションに、ソルトフラッツ規定のホイールとタイヤ、トラクションを有効に使うためのリミテッド・スリップ・ディファレンシャル、そして減速用のパラシュートが2つ装備されています。ボディのワイルドなグラフィックは、「VW」の南カリフォルニア・デザイン・センターが手掛けたデザインということです。軽量化のためにトリムや装備が取り外されたインテリアには、代わって頑丈そうなロールケージが張り巡らされています。もちろん、これらの装備はソルトフラッツで万が一横転した際にドライバーの安全を確保するためのものです。現在の「BGC/Gクラス」の最速記録は「208.472 mph(約335.5km/h)」となっています。「VW」は、このスペシャル「ジェッタ」のCd値(空気抵抗係数)0.27を活かして、これを打ち破りたいと考えているということです。その挑戦が行われる今年のボンネビル・スピード・ウィークは、8月11日から17日に予定されています。

  • (出典:jp.autoblog.com)

そして、「ボンネビル・ジェッタ」が作られた理由の1つは、「ジェッタ GLI」と呼ばれる高性能バージョンが準備中だということも関係しているようです。現在のアメリカで販売中の新型の「ジェッタ」に用意されているエンジンは、最高出力147hpと最大トルク249Nmを発生する1.4リッター直列4気筒直噴ガソリン・ターボのみだからです。今後、発売される「ジェッタ GLI」には「ゴルフ GTI」と同等の2.0リッター直列4気筒直噴ガソリン・ターボが搭載される見込みのようです。「VW」の北米地域CEOの「Hinrich J. Woebcken」氏は、「このジェッタでボンネビルの最速記録に挑戦することで、ジェッタのスポーティな資質を証明し、皆さんに現在開発中のパフォーマンスをさらに高めた新型ジェッタGLIを楽しみにしていただきたいのです」とコメントしています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。