【KP61型スターレット改】4AGターボ搭載輸出仕様のスペック

この記事は3分で読めます

【KP61型スターレット改】4AGターボ搭載輸出仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【B310型サニークーペ】アドバンサニーTSレース仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

海外でも注目されている日本の旧車。JDM仕様としてカスタマイズされ、独自のチューニングが施されることも多くなっています。そのような中、アメリカでは非常にレアな「KP61型:トヨタ・スターレット」のJDM仕様に注目してみます。


「KP61型:トヨタ・スターレット」:概要

あわせて読みたい記事:【トヨタAE86ブラックリミテッド】限定車のスペック・特徴・価格

人気の理由は、コンパクトで軽量なボディーとエンジン、駆動方式でした。先代モデルに用いられていた「3K型:排気量:1,200cc」の排気量をアップした「4K-U型:1,300cc」最高出力:72psへ変更されました。排ガス規制などによって最高出力は、初代モデルに搭載されていた「3K-B(ツインキャブレター/ハイオク仕様)」の77psからパワーダウンしていたものの、OHVシングルキャブながらよく回るエンジン、新開発のプラットフォーム、同クラスで初めて全グレードに標準装備されたフロントディスクブレーキ、リアアクスルは固定車軸ながら、先代のリーフリジッドから4リンク+コイルスプリングに変更、しかし後発のバンモデルのみリーフリジットを採用していたこと、さらにロックトゥーロック3回転のラック・アンド・ピニオン式ステアリングギアボックスなど、シンプルな構成のドライブトレインならではの素直な操縦性によって軽快な走りのボーイズレーサーとして人気を博したのでした。「走り、較べたし」のコピーを掲げた広告展開には「オベ・アンダーソン」氏がフィーチャーされていたが、モータースポーツではとくに入門用レース車として支持を集め、多くのドライバーを育てたモデルでもありました。


「KP61型:トヨタ・スターレット」:スペック

  • 年式:1978年
  • 型式:KP61
  • 全長 × 全幅 × 全高:3,680mm × 1,525mm × 1,380mm
  • ホイールベース:2,300mm
  • トレッド(F/R):1,290mm / 1,275mm
  • 車両重量:710kg
  • エンジン型式:4K-U
  • エンジン形式:直列4気筒OHV 8バルブ シングルキャブレター 酸化触媒
  • 排気量:1,290cc
  • ボア × ストローク:75.0mm × 73.0mm
  • 圧縮比:9.0
  • 最高出力:72ps / 5,600rpm
  • 最大トルク:10.5kg·m/3,600rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / 4リンク+コイル
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / リーディングトレーディング
  • 最高速度:150km/hオーバー
  • 0-400m加速:17秒

「KP61型:トヨタ・スターレット改4A-Gターボ仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【KP61:スターレット1300S】80年代の走り屋入門の理由

アメリカでは、「KP61型:トヨタ・スターレット」そのものが珍しい存在ですが、後期型モデルとしては1983〜1984年の間の半年間、わずか500台程度しか輸入されなかったモデル。

この個体は、AE111型が搭載する4A-G型用独立スロットルを流用して装着。エンジンスペースに合わせてサージタンクはワンオフで製作された。

エンジンは4A‐GZE型に換装したうえでターボ化。タービンは、GT2540Rタービンを装着。最初からターボ化を考えていたので、スーパーチャージャー用にローコンプ仕様になっている4A‐GZE型をチョイス。

ヘッドカバーはゴールドにペイント。点火はダイレクトイグニッションにアップグレード。

KP61は比較的エンジンルームが広く造られているので、ターボ化してもレイアウトに余裕がある。サージタンクの前にはARC製ブローオフバルブを設置。エンジン内部はカム、ピストンも交換済みで、ストリート仕様としては十分なパワーがあるという。

ブレーキマスターバックはウィルウッド製に交換。ミッションはエンジン載せ換えに合わせてT50に変更されている。

カタカナ刻印の旧モデルスピードスターに、古いセンターキャップを合わせる。

インテリアはブラックを基調としながらレッドのステッチでアクセントを加えています。シートはTRD製バケットシート。合わせるハーネスはトムス製。

撤去されたリアシートにロールケージを装着。

ステアリングはナルディのディープコーンタイプ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。