【トヨタ:セリカLB改】RA25型TRANS-AM仕様スペック

この記事は3分で読めます

【トヨタ:セリカLB改】RA25型TRANS-AM仕様スペック

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

あわせて読みたい記事:【B310型サニークーペ】アドバンサニーTSレース仕様スペック

あわせて読みたい記事:【KP47:スターレットTS仕様】DOHC137E搭載スペック

「トヨタ:初代セリカ」:概要

「トヨタ・セリカ」の初代モデルは、1970年(昭和45年)にクーペモデルがデビューしトップグレードの「1600GT」は、「トヨタ・2000GT」以来のトヨタのDOHCエンジンの伝統に従い、「ヤマハ発動機」がチューンした排気量:1,588ccの「2T-G(最高出力:115ps/6,400rpm、最大トルク:14.5kgm/5,200rpm)」型エンジンを搭載していました。1973年4月には、「セリカLB(リフトバック)」が発売され、排気量:2,000ccの「18R-G」型エンジン搭載モデルも加わっています。

ちなみに1973年の5月には、「セリカ 2000」が日本GPにデビューし、クラス1・2位を飾っています。この時のエンジンスペックは「2000」はボア:88.5 x ストローク:80mmの排気量:1,968cc、最高出力:220ps/8,400rpmのパワーと最大トルク:22kgm/6,800rpmのスペックを誇っています。また1973年の富士1000kmレースで総合優勝を果たした時の「セリ力LB」は、ドライバーは高橋晴邦と見崎清志で台風6号の影響で豪雨のコンディションでの栄冠でした。この時のエンンンは「1600GT」のものにターボチャージャーを組み込んだもので最高出力:300ps、最大トルク:27.0kgmを発生するモンスターマシンでした。こうした経緯のある初代の「セリカ」は、発売時期がちょうど排ガス規制が強化されつつあった時期と重なったことで、モデル途中で廃盤になったエンジンがあったり、キャブレターからインジェクションへの移行が行われ、それにともなって形式が変更されたりと、モデル&グレード構成などが非常に複雑な車種でもあります。


「トヨタ・セリカ 2000GT(RA25型)」:スペック

あわせて読みたい記事:【トヨタ・セリカ1600GTV】 TA22型TS仕様のスペック

  • 全長 × 全幅 × 全高(mm):4,215 × 1,620 × 1,280
  • ホイールベース(mm):2,425
  • 車両重量(kg):1,040
  • エンジン型式:18R-G
  • エンジン形式: 直列4気筒DOHC16バルブ
  • 総排気量(cc):1,968cc
  • ボア × ストローク:88.5mm × 80.0mm
  • 圧縮比:9.7
  • 最高出力:145ps/6,400rpm
  • 最大トルク:18.7kgm/5,200pm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / 4リンクリジット
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / LTドラム
  • 最高速度:205km/h
  • 0-400m加速:16.1秒

「RA25型セリカ2000GT改TRANS-AM2,4L仕様」

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

エクステリアで目を引くのは、オレンジのボディカラーに装着されたTRANS-AMキットのエアロ。

敢えてフェンダーは、ノーマルのままとし、フロントマスクにはレーシングジャケットの復刻版、ナポレオン・バッカミラーを装着。

ホイールはハヤシ・ストリート。フロント13×8.5J、リア13×9Jというサイズを収めています。そして、TSレースのようにワイパー位置変更しておりに開いた穴は塞がれています。


「パワーユニットは、2,4L化」

あわせて読みたい記事:【日産:240RS】S110シルビアにFJ24・スペックと価格

オリジナルの「18R-G型エンジン」は、2,000ccですが、HKS製のピストン、クランクキットを使って2.4L化へと排気量アップ。これにTRD製の304度/288度のハイカムをセットしている。点火系はB&M製ニューボルトを使って昇圧。

冷却系はオイルクーラーを追加している。燃料はウエーバー製48DCOEを装着。エキマニとマフラーはワンオフで製作したものを装着。

エキマニは手曲げのワンオフパーツでステンレス製のφ42.7mm口径で、4-1で集合しφ60mmのマフラーへとつながっています。足回りは、AE86のストラットを流用した車高調整式サスペンション。ブレーキもAE86のディスクを流用。


「インテリア:スパルタンな仕上げ」

スパルタンな仕上げのインテリア。ステアリングとシフトノブに、トヨタの旧ロゴをセット。ダッシュにはDefi製の水温、油温、油圧メーターをセット。元々ここに付いていた燃料計は吹き出し口に移設。

後席部分には5点式ロールバーをセット。助手席はクラシックなオートルック製バケット、運転席はレカロSPGをセット。


「トヨタ セリカリフトバック 2000 GT(RA25)改」:スペック

  • 1975年式
  • 型式:RA25
  • エクステリア:TRANS-AMキット、復刻品レーシングジャケット、ナポレオン・バッカミラー
  • エンジン:HKS製2.4Lキット、TRD製カム、TRD製オイルポンプ、オイルパンバッフル加工
  • 吸気系:ウエーバー48DCOE
  • 排気系:ワンオフφ42.7mmタコ足、ワンオフφ60mmマフラー(出口φ75mm)
  • 冷却系:オイルクーラー
  • 点火系:B&Mニューボルト、ノロジープラグワイヤー
  • 駆動系:TRD製LSD
  • 足回り:(F)AE86ストラット流用車高調 (R)AE86用ショック、KP71用強化スプリング
  • ブレーキ:(F)AE86用ディスク
  • ホイール:ハヤシ・ストリート(F)13×8.5J -12 (R)13×9J -18
  • タイヤ:ADVAN 032R  185/60R13
  • インテリア:レカロSPG(運転席)、オートルック製バケットシート(助手席)、ナルディステアリング、5点式ロールバー、Defi製水温、油温、油圧メーター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。