【トヨタ・スープラ】2019年シーズンよりNASCAR参戦決定

この記事は2分で読めます

【トヨタ・スープラ】2019年シーズンよりNASCAR参戦決定

あわせて読みたい記事:【トヨタ・スープラ(セリカXX)】初代からヒストリーを振り返る

あわせて読みたい記事:【トヨタ スープラ】V12トップシークレット仕様スペック・価格

あわせて読みたい記事:【イケヤフォーミュラ IF-02RDS】外観はレース仕様マシン

ついに「トヨタ自動車」が、アメリカ部門ににおいて2018年7月5日、新型『トヨタ・スープラ』の市販モデルを2019年前半から順次、世界市場で発売すると発表しました。振り返ると「トヨタ」は2002年、同社を代表するスポーツカーのひとつ、『スープラ』の生産を終了していました。それから16年が経過した現在、新型「スープラ」の市販モデルの開発が進められています。「トヨタ」は2018年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2018において、「GRスープラ・レーシングコンセプト」を初公開しました。新型モデルの「スープラ」でのレース参戦を示唆したコンセプトカーで近い将来、市販版の新型スープラの復活を示唆していました。「GRスープラ・レーシングコンセプト」は、市販版の新型モデルの「スープラ」のヒントが込められた1台となっており、ロングノーズ&ショートデッキの伝統的スポーツカーのフォルムを採用し、フロントエンジン・リアドライブの2ドアクーペとしていました。コンパクトなボディには、レースの最前線で使われる軽量かつ高剛性なカーボンコンポジット材などを採用しており、左右に大きく張り出したフェンダーや大型リアウィング、ディフューザーなどは、優れた空力性能と走行性能を狙って開発されていました。また、サスペンション、ホイール、タイヤ、ブレーキなどは、レース専用部品を装備していましたし、インテリアも、後方確認モニターがついたダッシュボードやレーシングシートに加え、パドルシフト付きステアリングホイール、コラム、ペダル、ロールケージなど、各種レース用装備を組み込んだ仕様として公開されました。

その後、「トヨタ自動車」のアメリカ部門は今回、新型モデルとなる「スープラ」の市販モデルを2019年前半から順次、世界市場で発売すると発表し、新型スープラの発売時期が今回、初めて公表されることとなりました。

下記は「トヨタ自動車」のプレス内容です。

TOYOTAは2019年より、現在参戦しているカムリに代わり、スポーツカー「スープラ」でNASCARエクスフィニティ・シリーズへの参戦を開始します。市販車としては同年前半より順次、世界各国での販売を予定しています。

TOYOTAの歴史において長らくフラッグシップスポーツカーとして親しまれてきたスープラは2002年に生産を中止していましたが、今年3月、「GR Supra Racing Concept」としてジュネーブ国際自動車ショー*1にて復活。市販モデルに関しても、近い将来の復活を示唆していました。

世界のモータースポーツシーンで活躍していたスープラは、生まれ変わってもその伝統を引き継いでゆきます。NASCARは米国で人気の高いレースとして知られており、7月5日にはNASCARカップ・シリーズ第18戦と、エクスフィニティ・シリーズ第16戦が開催されているフロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにおいて、参戦予定のスープラを公開しました。エクスフィニティ・シリーズへの参戦は、2019年シーズンの開幕戦となる2月のデイトナビーチを計画しています。

NASCAR仕様のスープラは、米国のモータースポーツ活動拠点である米国トヨタ・レーシング・デベロップメント(TRD)と、南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.が開発とデザインを担当しました。TOYOTAは2004年より「タンドラ」で、2007年よりカムリでNASCARに参戦しており、2019年はスープラを投入することで、3つのシリーズに異なる車種(カムリでモンスターエナジーシリーズ、スープラでエクスフィニティ・シリーズ、タンドラでキャンピングワールドシリーズ)で参戦することになります。

(出典:toyota.co.jp)

 

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。