【トヨタ:スープラ】 新型モデルのスペック・ポテンシャル・価格

この記事は4分で読めます

【トヨタ:スープラ】 新型モデルのスペック・ポテンシャル・価格

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト結果

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ・S30/S31】悪魔のZのベースは初代モデル

2019年1月14日、北米で開催されているデトロイトモーターショーで新型の「トヨタ:スープラ」が世界初公開されました。生産終了した2002年から17年ぶりの復活となりました。日本での発売は2019年春頃に予定されています。新型スープラはトヨタが展開するGRシリーズ「GR Supra」として発表。GRシリーズでは初となるグローバルモデルとなります。日本仕様車はRZ、SZ-R、SZの3グレードを用意。RZには直6 3.0Lツインスクロールターボエンジン、他の2つには直4 2.0Lツインスクロールターボエンジンが搭載されています。日本での発売価格はまだ発表されていません。参考までに、直6モデルのみがラインナップする米国では4万9,990ドル、日本円にして約540万円(1ドル=約108円)からと発表されました。これから予想すると、日本発売価格は500万円~600万円の価格帯となるでしょう。


「GRスープラ(RZ / SZ-R / SZ)」:スペック

「RZ」:スペック

  • グレード:RZ
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,380mm × 1,865mm × 1,295mm
  • ホイールベース:2,470mm
  • トレッド(FR/RR):1,594mm / 1,589mm
  • 車両重量:1,520kg
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC 24バルブ
  • 過給機:ツインスクロールターボ
  • 排気量:2,998cc
  • トランスミッション:8速スポーツAT
  • 乗車定員:2名
  • 最高出力:250kW(340ps) / 5,000-6,500rpm
  • 最大トルク:500N・m(51.0kgm) / 1,600-4,500rpm
  • 0-100km/h加速:4.3秒
  • タイヤサイズ(F/R):255-35R-19 / 275-35R-19

「SZ-R」:スペック

  • グレード:SZ-R
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,380mm × 1,865mm × 1,290mm
  • ホイールベース:2,470mm
  • トレッド(FR/RR):1,594mm / 1,589mm
  • 車両重量:1,450kg
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 過給機:ツインスクロールターボ
  • 排気量:1,998cc
  • トランスミッション:8速スポーツAT
  • 乗車定員:2名
  • 最高出力:190kW(258ps) / 5,000-6,500rpm
  • 最大トルク:400N・m(40.8kgm) / 1,550-4,400rpm
  • 0-100km/h加速:5.2秒
  • タイヤサイズ(F/R):255-40R-18 / 275-40R-18

「SZ」:スペック

  • グレード:SZ
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,380mm × 1,865mm × 1,290mm
  • ホイールベース:2,470mm
  • トレッド(FR/RR):1,609mm(SZ) / 1,616mm
  • 車両重量:1,410kg
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC 16バルブ
  • 過給機:ツインスクロールターボ
  • 排気量:1,998cc
  • トランスミッション:8速スポーツAT
  • 乗車定員:2名
  • 最高出力:145kW(197ps) / 4,500-6,500rpm
  • 最大トルク:320N・m(32.6kgm) / 1,450-4,200rpm
  • 0-100km/h加速:6.5秒
  • タイヤサイズ(F/R):225-50R-17 / 255-45R-17

「ポテンシャル:ボディサイズ・重量・サーキットタイム」

ポテンシャルが向上していることは、歴代モデルとのボディサイズや重量の比較からも明らかでしょう。またサーキットにおいても格段にポテンシャルを向上させているようです。

A40型。全長4600mm、軸距2630mm。(写真は左右反転)

A60型。全長4660mm、軸距2615mm。(写真は左右反転)
A70型。全長4620mm、軸距2615mm。
A80型。全長4520mm、軸距2550mm。
GRスープラ。全長4380mm、軸距2470mm。

さらに各代のトップグレードの重量も調べてみると重量においてもポテンシャル向上の対策が取られていることは明らかです。
A40:1180kg(2600G)
A60:1235kg(2800GT)
A70:1520kg(3.0GT TURBO)
A80:1490kg(RZ)
GRスープラ:1520kg(RZ)

ポテンシャルについてはニュルブルクリンクを例に出してコメントされています。「Road & Track」誌の情報によれば、新型「スープラ」のチーフエンジニアである多田哲哉 氏によると、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、周回7分40秒台でクリアできるだけの能力を持つとコメントしており、”実際に公式タイムを計測していない”ものの、最も長いストレートでは最高時速250km/hを余裕でオーバーできるだけのスペックを持つとことです。また、新型「スープラ」においてニュルブルクリンクでのタイムアタックを行う場合は”リミッター解除して挑戦する”と多田 氏は説明しており、仮にリミッター制御をかけていても7分40秒~50秒をクリアすることは厳しいものの、8分30秒以内にクリアすることは余裕過ぎると自信を示しています。なお多田 氏は、新型「スープラ」の方が姉妹車であるBMW・新型「Z40 M40i」よりも軽量で乗り心地もカタいと述べており、どちらも共通の排気量3.0L BMW製直列6気筒ターボチャージャーエンジン(8速AT)を搭載しますが、「Z4」はニュルブルクリンクでの周回タイムは7分55秒を記録しているとSportAutoは報じているため、「スープラ」はこの記録をベンチマークとして記録に挑む予定となっています。ニュルブルクリンクにおいて7分40秒~を記録しているモデルは以下の通り。

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

No.1 ランボルギーニ「ムルシエラゴLP6402006」・・・7分40.00秒
No.2 メルセデスベンツ「SLRマクラーレン(2003)」・・・7分40.00秒
No.3 ポルシェ「911GT3(2009)」・・・7分40.00秒
No.4 シボレー「カマロZL-1(2011)」・・・7分41.27秒
No.5 ポルシェ「911GT3RS(2003)」・・・7分43.00秒
No.6 ホンダ「シビック・タイプR(2017)」・・・7分43.80秒
No.7 パガーニ「ゾンダC12S(2009)」・・・7分44.00秒
No.8 アウディ「R8 V10(2009)」・・・7分44.00秒
No.9 メルセデス「CLK 63ブラックシリーズ(2007)」・・・7分45.00秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。