【AE86:カローラレビン】 4A-GZ改テクノスピリッツ仕様

この記事は4分で読めます

【AE86:カローラレビン】 4A-GZ改テクノスピリッツ仕様

あわせて読みたい記事:【R30型スカイライン】パワーウォーズを牽引した史上最強のRS

あわせて読みたい記事:【RX-7(SA22)】打倒ポルシェ「ロータリーロケット」開発

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

1983年(昭和58年)にトヨタ自動車が発売した「カローラ」と「スプリンター」のスポーツモデル(スポーツクーペ)としてデビュー。もちろん4代目モデルのカローラレビン/スプリンタートレノの共通車両型式番号の「AE86」から「ハチロク」という愛称で親しまれています。搭載エンジンは4A-G型、FRで5リンクリジットのコンパクトモデルゆえにラリー、ジムカーナなど幅広く活躍しました。サーキットではウェット時などは軽量を活かし、スカイラインなど上位モデルを追い回せるほどのポテンシャルを発揮しました。また、旧車となり台数も減ってきたことからベースモデルとして1.5 LのSOHC・シングルキャブレター仕様のエンジン(3A-U型エンジン)を搭載した車種(型式名AE85:ハチゴー)の「ハチロク仕様」も見られるようになってきました。ちなみに当時トヨタと提携関係のあったイギリスの「ロータス」社のスーパーカー「エスプリ」に、AE86前期型レビンのリアコンビネーションランプが使用されていました。「AE86型:カローラレビン/スプリンタートレノ」は、日本国内においては1980年代を代表するFRモデルであり、今では価格高騰しているものの現在でもチューニングマシンのベースとして人気です。漫画「頭文字D」などの影響もあり、近年では中古車相場が高騰してしまったが、それでも「AE86(ハチロク)」を求める人は後を絶たない。AE86チューンのショップとして有名な「テクノプロスピリッツ」社の「熊倉」氏は、「FRで軽い、そして安いと3拍子揃っていたのがハチロク。変な電子制御がいっさい付いてないから運転スキルを上げるのにピッタリだし、構造がシンプルだから自分でイジれるのも魅力かな。最近は中古相場の高騰もあって、ハイチューンより長くシッカリと乗りたいというユーザーが増えてきた印象かな。じつはオレも、レース用やストリート用などかれこれ4台くらい持っているよ。アクセルを全開にできる高揚感とか、このクルマじゃないと味わえない部分も多いからね」とコメントしています。


「トヨタ・カローラレビンGTV(AE86型)」:スペック

  • 全長 × 全幅 × 全高:4,180mm × 1,625mm × 1,335mm
  • ホイールベース:2,400mm
  • エンジン形式:直列4気筒DOHC16バルブ
  • エンジン型式:4A-GEU
  • 排気量:1,587cc
  • 最高出力:130ps / 6,600rpm
  • 最大トルク:15.2kgm / 5,200rpm
  • サスペンション:ストラット / 5リンクリジット

「カローラ・レビン(AE86型) テクノスピリッツ仕様」:スペック

「テクノプロスピリッツ」社が手掛けた「AE86」は、エンジンは1.6Lのままハイカム&ハイコンプ化した4連スロットル仕様となっています。パワーウインドウやオートエアコンなどの快適装備もフル搭載で、完全なストリートスペックだということです。

「4.5A-Gとか5A-Gにする手もあるけど、いわゆるカムに乗るという感覚が一番ハッキリと味わえるのがこの仕様。確かに排気量アップをすればトルクは出るけど、ドラマチックな吹け上がりはこちらが一枚上手だよね」とコメントしています。最高出力は180psほどとのことです。このカスタムマシンをドライブした「谷口信輝」氏は、次のようにコメントしています。「19歳から5年くらいハチロクに乗っていたんだよね。60万円のボロにデフとか入れて70万円だったかな。ポテンシャルは低かったけど、すごく愛着があった。それから、かれこれ4台も乗り継いだよ。パワーはないし足回りもチープだけど、ハチロクの良さは、それらのバランスがよくて乗っていて楽しいこと。ドライバーを鍛えてくれるクルマなんだよね。ハチロクは腕がないと速く走らせられないんだよ。ドリフトするにも、ちゃんとクルマの挙動を理解していないとダメだし。そういったところがドライバーを育てるって言うのかな。今のクルマって電子制御が凄いから“操る楽しさ”って感じにくいんだけど、ハチロクはアナログの極みだからさ。だからこそドライバーは“どうやったら速く走らせられるか?”を考えるようになる。その作業って非常に重要なんだよ。オレのドラテクの基礎を作ったのは、間違いなくハチロクだと思うし。このテクノプロスピリッツのマシンからも、そんなハチロクの良さがビシバシ伝わってきた。トルクもあるし、吸気サウンドもやる気にさせてくれる! カムが効いていると思うんだけど、高回転までよく回って気持ちよく走れるんだ。かなりツウな仕様だと思うよ。オレも1台手に入れられるなら、こんなハチロクが欲しいなぁ。コンディションの良さにも驚いた。後期のAPEX仕様で、しかもパワステやパワーウインドウ、オートエアコンまで付いている。内装やリヤシートまで! 状態がいい個体が少なくなってきたから長生きして欲しいよね」

「テクノプロスピリッツ:AE86」:スペック

  • エンジン:4A-GZ改換装(180ps)/戸田レーシング 鍛造ピストン、288度カム/AE101用4連スロットル流用/テクノプロスピリッツ EXマニ、マフラー、フリーダム(現車セッティング)/永井電子 プラグコード
  • ドライブトレイン:機械式LSD
  • サスペンション:テクノプロスピリッツ 車高調
  • ホイール:ボルクレーシングTE37V(8J×15)
  • タイヤ:ディレッツァZIIスタースペック(205/50R15)
  • エクステリア:純正リップスポイラー、リヤウイング 他

「カローラレビン後期」をベースとしており、外装はノーマル。街乗りからサーキットまで万能にこなし、オーナードライブで筑波サーキットのベストは1分7秒台ということです。帰省のために東京から福岡まで何度も自走しているというが、高速の燃費は15km/Lと意外によく走るということです。

肉厚で強度的にも有利な「4AG-Z」の腰下にハイカム&ハイコンプ仕様のヘッドを組み合わせたエンジンは約180psを発揮するスペック。エキマニは4-1集合タイプで、サーキット走行に備えオイルキャッチタンクも設置されている。スロットルはAE101用の4連を流用し、燃調コントロールはフリーダム。今の技術を使えばハイカム付きの仕様でエアコンを入れても普通にアイドリングさせることが可能なのです。

1万rpmスケールのタコメーターが目を引くコクピット周り。レカロのフルバケやナルディのステアリングもセットされています。内装やリヤシート付きなのはもちろん、パワステ&パワーウインドウ付きなのもポイントです。

足回りはテクノスピリッツオリジナル車高調で、ホイールは旧車に合わせてデザインされたTE37Vをセット。タイヤはディレッツァZⅡスタースペックを装着する。近頃のラジアルタイヤはグリップ力が高く、筑波を走っても楽しいそうです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。