【トップガン マーヴェリック】トム・クルーズがバイクで再現した名シーン

この記事は4分で読めます

【トップガン マーヴェリック】トム・クルーズがバイクで再現した名シーン

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】大ヒットシリーズが全10作品で終了する理由

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 実はヴィン・ディーゼルは続編を断っていた

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】実写版映画に登場のブラックバードのスペック

1986年に「トム・クルーズ」主演で公開された映画「トップガン」。その最新作、『トップガン マーヴェリック』が、全米公開と同じ週の2020年12月25日に日本公開が決定した。その名作とされる「トップガン」の名シーンというのが「トップガン マーヴェリック」でオマージュされているようです。しかも、オマージュシーンに登場するマシンも往年の名車が使用されているということもあり注目されています。


「トップガン」:概要

あわせて読みたい記事:【トップガン】登場バイク・車「GPZ」や「ポルシェ」のスペック

1986年に公開になったハリウッドスターの「トム・クルーズ」の出世作となった映画「トップガン」には、名車の登場しています。そもそも「トップガン」とは、アメリカ海軍に所属するトップ1パーセントのエリート・パイロットのことですが、映画のあらすじとしては、F-14戦闘機で飛行中に空母に迫る、戦闘機ミグ29への警告が評価され「トップガン」の仲間入りを果たした「マーベリック(トム・クルーズ)」と「グース(アンソニー・エドワーズ)」が飛行訓練を受けることから始まります。そこにおいては女性教官「チャーリー(ケリー・マクギリス)」との恋、ライバルの「アイスマン(ヴァル・キルマー)」との激突、そして訓練中の事故によるグースの死を経て、成長していくマーベリックが描かれています。やがて彼は敵ミグ戦闘機との実戦に出撃することになっていくという映画です。さらに「ケニー・ロギンス(デンジャーゾーン)」や「ベルリン」らの曲を用いたリズム感あふれる映像で、世界的メガヒットを記録したスカイ・アクション映画ともいえます。そして、登場する車やバイクも注目のモデルたちが劇中車として登場していました。そして、続編となる「トップガン マーヴェリック」は、「トム・クルーズ」が演じるマーヴェリックが教官としてトップガンに帰ってくるという物語。製作の舞台裏では、1994年にパイロットの免許を取得した「トム・クルーズ」が、実際に教官さながらの役目を担っていたことも明らかになっている。パイロット役の若き俳優たちが挑んだ飛行訓練のカリキュラムを設計したのは、なんと「トム・クルーズ」自身だったということです。さらに今回、前作の「トップガン」へのオマージュシーンも含められており、制作も大変拘っているということです。では、オマージュシーンとして使用された劇中車両を振り返ってみましょう。


「オマージュシーン/カワサキ GPZ900R(初代Ninja900R)」

あわせて読みたい記事:【フォードvsフェラーリ】劇中車両のフォードGT40のスペック

日本が世界に誇る名車「ニンジャ」シリーズの元祖。カワサキが1984年に「GPZ900R」が販売を開始し世界中の「バイク・オブ・ザ・イヤー」にも輝いた一台。このモデルはA1~A16と2003年まで発売されました。

そして、初期型が「トム・クルーズ」主演の映画「トップガン」でも使われた事でも有名になりました。今回の「トップガン マーヴェリック」でも走行シーン、ガレージ内で登場しています。


「カワサキ・GPZ900R」:スペック

  • [エンジン]:
  • 水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量908cc
  • ボアストローク72.5mm× 55.0mm
  • 圧縮比11.0
  • 点火方式電子進角式トランジスタ
  • 始動方法セル
  • 最高出力115ps/9500rpm(欧州) 110ps/9500rpm(北米)
  • 最大トルク8.7kgm/8500rpm
  • 変速機6段リターン式
  • [寸法・重量・容量]
  • 全長×全幅×全高2200mm×750mm×1215mm (アメリカ仕様、カナダ仕様、スイス仕様は全長が2150mmになる)
  • シート高780mm
  • タイヤサイズ前120/80V16 後130/80V18
  • 乾燥重量228kg
  • 燃料タンク22.0L
  • オイル4.0L

「トップガン マーヴェリック・オマージュシーン/H2R仕様」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード7】劇中車ラストシーンのチャージャーのスペック

前作へのオマージュシーンとしてスーパーチャージャーを搭載したモンスターマシンが登場。「カワサキ ninja H2」。

そして「スーパーホーネット」と並走する姿が前作へのオマージュとなっているようです。

さらに主人公のピート・マーヴェリック・ミッチェルが、女性を後ろに乗せてバイクを走らせるシーンもオマージュとして登場。1986年の1作目「トップガン」では、マーヴェリックのロマンス相手であるシャーロット・チャーリー・ブラックウッドを演じた「ケリー・マクギリス」を後ろに乗せて疾走したが、2作目の『トップガン: マーヴェリック』では、ジェニファー・コネリーを乗せて疾走するシーンとなっています。今回、登場する「カワサキ ninja H2」は、「カワサキ ninja H2R」のマフラーを取り付けた仕様となっているようです。

「カワサキ ninja H2 /  ninja H2R」:概要

川崎重工のガスタービン・機械カンパニーや航空宇宙カンパニー、技術開発本部との協働により設計されたスーパーチャージャーを搭載した究極のロードスポーツ、「ニンジャH2」。そのサーキット走行専用モデルが「ニンジャH2R」だった。日本国内では、2015年から受注販売が行われた。2019年モデルでは、ブレーキキャリパーを、当時の最新・最上級モデルに変更した。初期モデルから一貫して、ナンバーを取得するために必要な書類や保安部品はなく、公道走行は不可だった。2020年モデルは、ブレンボ製のストリート用モノブロックキャリパーの中で最上級モデルだった「Stylema」を採用した前年モデルと仕様変更なく、継続生産となった。550万円の車両価格(税抜)には、付属品としてタイヤウォーマーとレーシングスタンドも含まれていた。2019年11月15日から2019年12月13日までの期間限定で受注が行われた。


【KAWASAKI Ninja H2 CARBON 2019年型国内仕様】:主要諸元

  • サイズ:全長2085 全幅770 全高1125 軸距1455 シート高825(各mm)
  • 車重:238kg
  • エンジン:水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量:998cc
  • 最高出力:231ps/11500rpm[ラムエア加圧時:242ps/11500rpm]
  • 最大トルク:14.4kg-m/11000rpm
  • トランスミッション:変速機6段
  • 燃料タンク容量:17L
  • タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17
  • 価格:356万4000円


「Ninja H2R」:スペック

  • エンジン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量:998cc
  • 内径×行程:76.0×55.0mm
  • 圧縮比:8.3
  • 最高出力:228kW(310PS)/ 14,000rpm※ラムエア加圧時:240kW(326PS)/ 14,000rpm
  • 最大トルク:165N・m(16.8kgf・m)/ 12,500rpm
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー
  • フレーム形式:トレリス
  • 懸架方式(前):テレスコピック(倒立、インナーチューブ径43mm)
  • 懸架方式(後):スイングアーム
  • ブレーキ形式(前):デュアルディスク 330mm(外径)
  • ブレーキ形式(後):シングルディスク 250mm(外径)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。