【東京リベンジャーズ】松野千冬の愛車スズキGSX250E(ゴキ)

この記事は4分で読めます

【東京リベンジャーズ】松野千冬の愛車スズキGSX250E(ゴキ)

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】乾青宗の愛車ヤマハRZ350ナナハンキラー

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種ー嘉手納南風の紫のケンメリスカイライン

『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』は和久井健による日本の不良漫画です。2017年から『週刊少年マガジン』にて連載され、2020年には第44回講談社漫画賞少年部門に受賞し、累計発行部数は500万部を突破するなど人気を博しました。なお、メディアミックスとしてテレビアニメ化及び実写映画化も決定されています。そのような大人気の漫画「東京リベンジャーズ」の各キャラクターの愛車に注目。今回は、「松野千冬(まつの ちふゆ)」の愛車「スズキ・GSX250E(ゴキ)」に注目。


「東京リベンジャーズ」:相関図

あわせて読みたい記事:【ゆきぽよ/木村有希】彼氏や愛車、実は努力家のすっぴん画像も綺麗


「松野 千冬(まつの ちふゆ)」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】林良平の愛車カワサキZ400FXのスペック

壱番隊副隊長。1991年12月19日生、身長168センチメートル、体重58キログラム、血液型O型、愛機は「スズキ・GSX250E(ゴキ)」。

中学入学時、先輩にも敬語を使わなかったが留年していた場地に手紙の漢字が間違っていることを教えるが違和感を覚える。その後「男打羅」という暴走族に絡まれているところを場地に助けられて以来尊敬し慕っている。「芭流覇羅」のアジトでは場地の踏み絵の対象として殴られ続ける。その後場地の意図を察知し、武道と共に長内に稀咲のことを聞きに行っている。「血のハロウィン」では場地を殴ることが出来ず、場地を救えなかったものの場地の意思を継ぎ、後任の隊長に武道を指名する。「血のハロウィン」の後の現代では、武道の付き人となっているが、稀咲の謀略により射殺される。武道が戻ってくる間に出所した羽宮と共に東卍と稀咲の陰謀を明かすべく動き、あと一歩のところまで追い詰めるも武道のことを想い、証拠を隠した。7回目のタイムリープの時に武道から武道自身のことについて伝えられ、自身も気づいていたことを伝え、改めて協力することを決意する。その後稀咲、半間と共にチームを結成するも裏切りに遭い、拘束されるが事前に三ツ谷に連絡を取って助けてもらい武道と八戒の助太刀に現れる。
「聖夜決戦」後の現代では万次郎に銃殺されている。「天竺」が乗り込んできた際には武道と千堂を逃がすも望月 莞爾に不意打ちをもらい、ノビてしまう。「最終決戦」では不意打ちを喰らった望月に不意打ちを当て、対峙する。その後、鶴蝶に挑むも瞬殺され立てなくなるが、武道が鶴蝶に殴り殺されそうになる寸前のところで止めに入る。その後は稀咲と武道の心理戦を傍観し、武道の「絶対に諦めない」という言葉に動かされ、再び武道に力を貸す。


「スズキ・GSX250E」:概要

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】堀家一希(林田春樹)の愛車ホンダCBX400F

「スズキ・GSX250E」は、登場した際は250専用フレームにDOHC4バルブエンジン搭載で軽量な車体に高出力でありながら価格が抑えられていたコスパ最高のスポーツマシンでした。ちなみに愛称の「ゴキ」というのは跨って上からタンクを見るとノッペリしてる様から前期モデルは「ザリ」、カタナ(刀)モデルは「ゴキ」という愛称となりました。

1980年登場の「スズキ・GSX250E」。ライバル他車がSOHC2バルブや3バルブのシリンダーヘッドを採用したのに対して、GSX250Eは4ストの並列2気筒250としては初のDOHCであり4バルブ採用。しかも、燃焼室を兄貴分のGSX400Eと同じようにTSCC(ツイン・スワール・コンバスチョン・チャンバー=2渦流燃焼室)を採用して、燃焼スピードのアップを狙うという新しい取り組みでライバルを引き離そうとさえした。

これはシリンダーヘッドにふたつのドームを持ち、各ドームに吸排気ひとつずつ、計4つのバルブを配し、これによって吸入と圧縮行程で混合気がふたつの旋回流となり、圧縮行程の終わりには、スキッシュエリアによって混合気はさらに渦流を強める。混合気の流れの高速化が燃焼スピードを高めるという理論だ。しかもDOHCゆえに点火プラグは燃焼室中央に配置できて、火焔伝播は最短距離ででき、燃焼時間短縮化に貢献するというもの。実際に、GSX250Eは中高回転の伸びが鋭く、低速回転時のデメリットが感じ取れないほど。高い完成度を見せた。

しかも、GSX250Eには400Eとは異なる250cc専用フレームを用意。400Eはダブルクレードルフレームだが、250Eはセミダブルクレードル型だった。これはステアリングヘッド下のダウンチューブが1本から2本に分かれアンダーループに至ることを指す。250ccのパワーに見合った、必要にして十分な剛性を確保して、素直な操縦性を見せつけた。

燃料タンクほか、外装パーツの大半を共通化しながら、専用フレームとしたのは軽量性確保のためだ。ちなみにGSX400Eは171.3kg。250Eは153.7kgとその差は大きく、400Eより17.6kgも軽く仕上がっている。

400Eとはエンジンとフレーム、タンク、サイドカバー、リヤカウル以外に異なる装備がいくつかある。アンチノーズダイブ機構ANDFが省略され 、ステップとタンデムステップをつなぐめっき製のステッププレートも省略。400Eのめっき製フロントフェンダーに対して250Eは車体同色のフェンダーだった。メーターまわりでは、ギヤポジションインジケーターも省略された。それでも必要にして十分な装備を持ち、独自性に富むGSX250Eのスタイルは400Eと同様に、今も存在感がある。

スズキは2ストのRG250Eが250専用設計による明確な車体軽量性を実現したように、コストアップを承知で4ストでも250cc専用の車体をGSX250Eに採用して、俊敏な走りを求めた。それだけ250ccクラスを重視していたことになる。当時の日本の4社は250ccクラスに傾注していたわけだが、とりわけスズキの250ccクラスは充実していた。

さて、このGSX250Eは’81年にANDFをセットしカラーチェンジ。’82年には早くも400と同様に車体系をフルチェンジ。エンジンはフルトランジスタ点火を採用した以外はほぼそのままだが、当時のGSXシリーズのトップモデル、カタナのネーミングを付与した。

また、この車体をベースに、トラディショナルスタイルのGSX250T、アメリカンスタイルのGSX250Lの兄弟車を加えた。スズキはこのほかに単気筒の GN250E、空冷2ストのRG250Eも用意。どのようなニーズにも対応できるラインナップとした。

メイン機種となるGSX250EカタナはANDF、ギヤポジションランプをセットし、燃料計を新たにセットしたメーターまわり、ハロゲンヘッドランプ、16L大容量の燃料タンクなど装備が充実したモデルだった。


「スズキ・GSX250E」:スペック・価格

  • 型式:GJ51B
  • 全長:2100mm
  • 幅:755mm
  • 高さ:1115mm
    シート高:755mm
  • 車軸距離:1410mm
  • 車体重量:157kg(乾)
  • 燃料消費率:45.0km/L
    ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:16.0L
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC2気筒
  • 総排気量:249cc
  • 最高出力:29ps/10000rpm
  • 最高トルク:2.2kg-m/8000rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前3.60S18-4PR 後4.10S18-4PR
  • バッテリー:FB10L-A2
  • プラグ※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 D8EA
  • 推奨オイル:スズキ純正エクスター
  • オイル容量※ゲージ確認を忘れずに 全容量2.5L
  • スプロケ:前14|後47
  • チェーン:サイズ520|リンク110
  • 車体価格:359,000円(税別)

「GSX250E 松野千冬 仕様」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

「東京リベンジャーズ」の「松野千冬(まつのちふゆ)」の愛車として登場する「スズキ・GSX250E」、通称:ゴキ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。