【シボレー・モンテカルロ】ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

この記事は2分で読めます

【シボレー・モンテカルロ】ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【西部警察】マシンX:初代大門軍団特殊車両スカイラインジャパン

カーアクションにおける人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」は、その劇中に登場した車のみならず、それと同じ車種の相場も軒並み価格が上昇しており毎回のオークションで注目されています。今回は、「ワイルドスピード×3・TOKYO DRIFT」に登場したカスタムマシンです。シリーズ3作目となる「ワイルドスピード×3・TOKYO DRIFT」では、ヒーローカーともされている「ヴェイルサイド」のエアロを纏った「マツダ・RX-7(FD3S型)フォーチュン仕様」が人気で現在でもカスタムオファーが絶えないようです。そのような日本車が目立った作品でしたが、劇中の冒頭で活躍したのが1971年式の「シボレー・モンテカルロSS(Chevrolet Monte Carlo SS )」でした。


「シボレー・モンテカルロ(Chevrolet Monte Carlo)」:スペック

「ワイルドスピード×3・TOKYO DRIFT」に登場したモデルは、初代モデルで1970年より2ドア・ハードトップのボディとしてデビューしています。エンジンはV型8気筒OHV 5.7L(165・175hp)6.6L(240hp)7.4L(270hp)のラインナップとなっていました。駆動方式はFRでトランスミッションは、3速・4速MT、2速・3速ATを採用。ボディサイズは、全長5,245mm・全幅 1,931mm・全高1,344mmとなっています。


「ワイルドスピード×3・TOKYO DRIFT」:劇中車のスペック

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック

今回、e-Bayにおいて販売されている「ワイルドスピード×3・TOKYO DRIFT」に登場した劇中車両は、1971年式の「シボレー・モンテカルロSS(Chevrolet Monte Carlo SS )」です。

しっかりと「ユニバーサルスタジオ」社の証明書が付属、そして最新作の車両プロデュースをおこなっている「デニス・マッカーシー」氏のサインがボンネットにあります。

現在の保管場所は、アメリカのカリフォルニア州のVehicle Effects社において保管されているということです。ボディカラーは、クリームイエロー/ブラックの2トーンカラー。

カスタムの仕様としてはパワーユニットは400cu.in.のV型8気筒エンジンにハイカムが装着されたチューンドエンジンに換装されており、ATトランスミッションが組み合わされています。サイド出しマフラーになっています。

燃料系統もカスタマイズされており、ボディサイドには「ルーカス・ブラック」のステッカーが貼られています。

気になる価格は430万円となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。