【東京オートサロン2019】ハコスカワイドボディ仕様リスタード

この記事は3分で読めます

【東京オートサロン2019】ハコスカワイドボディ仕様リスタード

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】ロッキーオートの3000GT/R32ケンメリ

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

昨年の2018年に行われた「東京オートサロン2018」においては「restored(リスタート)」社は、「DR30型:スカイラインRS」を出展していました。そして、出展されたパーツで注目されていたのは、「カーボンパーツ(赤黒ツートン下部)」、造形とサウンドに拘っていたエキゾーストシステムでした。

  • (出典:speedhunters.com)

「日産:スカイライン 2000GT改・restored(リスタード)」

「ハコスカ」は、国産旧車の王道ともいえるモデルですが、その由来ともいえるのはやはりツーリングカーレースにおける「GT-R」の存在が大きいでしょう。国内ツーリングカーレースにおいて無敵の強さを誇った「スカイライン2000GT-R(PGC10 型)」は、4 ドアセダンとして1969 (昭和44) 年に発売されました。 翌1970 年(昭和45 年)には、旋回性能向上と軽量化のためにホイールベースを70mm 短縮した2 ドアハードトップ(KPGC10 型)へ進化。リヤに黒いオーバーフェンダーが純正装着されたハードトップ2000GT-R の姿は、こんにちの愛称で「ハコスカGT-R」といえば誰もが思い浮かべる定番として愛されました。

純粋レーシングカー・ニッサンR380 用エンジンの技術を遺憾なく投入した2ℓ直列6 気筒・DOHC4 バルブの「S20 型」エンジン、大容量100ℓの燃料タンク、リクライニング機構のないバケットシート、快適装備が省かれたスパルタンな内装などの特徴は、セダンからそのまま引き継がれました。 戦闘力を増したハードトップの投入によって、レースではGT-R の勢いに拍車がかかり、1972(昭和47)年3 月、ついに前人未到の累計50 勝を達成。同年10 月のワークス活動休止までに通算52 勝という大記録を打ち立てました。

「1972 NISSAN SKYLINE GT-R(KPGC10)」:スペック

  • 年式:1972年
  • 型式:KPGC10型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,330mm × 1,665mm × 1,370mm
  • ホイールベース:2,570mm
  • トレッド(F/R):1,370mm / 1,365mm
  • 車両重量:1,100kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • 最高出力:160PS / 7.000rpm
  • 最大トルク:18.0kgm / 5.600rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク / ドラム
  • タイヤサイズ(F/R):165SR14 / 165SR14
  • 生産台数:1,197台

そして、今回「東京オートサロン2019」に出品される「restored(リスタード)」の「ハコスカ」は、1971(昭和46)年式の「日産:スカイライン 2000GT」となっています。注目のカスタマイズは、コンセプトとして「KGC10型:スカイライン2000GT」ノーマルフェンダー風ワイドボディキット装着のGT仕様の車両。「restored(リスタード)」社オリジナルマフラー、エキマニ、ブレーキキット、ボディーパーツを装着しています。


「日産:スカイライン 2000GT改・restored(リスタード)」:スペック

  • 年式:1971(昭和46)年式
  • 型式:KGC10型
  • エンジン型式:L20
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC
  • 排気量:1,998cc
  • ボア×ストローク:78.0mm×69.7mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:130PS / 6.000rpm
  • 最大トルク:17.5kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク / ドラム
  • カスタム内容:
  • パワートレイン:L28型エンジン、ニスモ44パイソレックス、亀有レース用デスビキット、オリジナルテーラープラグコード、restoredオリジナルステンデュアルマフラー、restoredオリジナル48パイ等長タコ足、71B5Fトランスミッション
  • サスペンションシステム:ビルズフルタップ車高調キット、ビルズ製フルタップ、ビルズ製F8/R20
  • ブレーキシステム:restored ウィルウッド4ポッドブレーキキット
  • ホイール:RAYS製F:8.5J-6・16、R:9.5J-25・16
  • タイヤ:TOYO製タイヤF:185・45・16、R:225・45・16
  • エクステリアデザイン:ゴージャスフェンダーキット、restoredFRPボディーパーツ
  • インテリアデザイン:レカロシート、ダットサンコンペステアリング(レプリカ)、restoredオリジナルフロアマット

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。