【東京オートサロン2019】ホンダ・ネオ・クラシック・レーサー

この記事は2分で読めます

【東京オートサロン2019】ホンダ・ネオ・クラシック・レーサー

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】ハコスカワイドボディ仕様リスタード

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2019】BHオークション出展車スペック一覧

あわせて読みたい記事:【ホンダ・シビック Si】ワンダーシビックRywire北米仕様

2019年1月13日~15日より開催の「東京オートサロン 2019」において、「ホンダ」社が老舗ブランドのカスタマイズを含む5台のコンセプトカーを出展することがわかりました。特にその中でも、「ホンダ」社の目玉モデルともいえる「ホンダ・S660」ベースのカスタムモデル「ネオ・クラシック・レーサー(Neo Classic Racer)」が出展されるとのことで、レトロな雰囲気のスタイリングキューと、モダンでスポーティなスタイルが融合した一台になっています。


「ホンダ・S660β」:主要諸元

  • 型式:DBA-JW5
  • ボディサイズ(mm):3,395(全長)× 1,475(全幅)× 1,180(全高)
  • 車両重量(kg):830
  • ホイールベース(mm):2,285
  • 乗車定員:2人
  • 駆動方式:MR
  • 最小回転半径(m):4.8
  • エンジン型式:S07A
  • エンジン:水冷直列3気筒 DOHC ターボ
  • 総排気量(L):0.658
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量(L):25
  • 最高出力(kW〔PS〕/rpm):47〔64〕/ 6,000
  • 最大トルク(N・m / rpm):10.4 / 2,600
  • トランスミッション:6速MT
  • JC08モード燃費(km/L):21.2
  • 車両本体価格:198万円

「エクステリアデザイン:60~70年代デザイン」

エクステリアデザインをチェックしていくと、何とも奇妙なフロントヘッドライトカバー(フロントグリルも跨いでる)が装着され、四眼ルックのLEDライトに仕上げ、更にはリバティーウォークのような外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着した仕様になっています。

リヤデザインは、リヤエンジンカバーのガラス部分がホンダの「H」になっていて、これがエンブレムになっているそうです。その他には、ダックテールスポイラーを備えたフレアフェンダーや、メッシュグリルを備えたリヤバンパー等、ベースモデルとなる「ホンダ・S660」の面影を完全に無くしていますが、東京オートサロンでは間違いなく注目の一台になるでしょう。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。