【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

この記事は19分で読めます

目次

【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキ350SS(S2A)マッハⅡ佐田ビルダーズ仕様

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組】鬼塚英吉の愛車カワサキ750RS(Z2)鬼爆仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だった「キング・ケニー」こと「ケニー・ロバーツ」からケニー・ロバーツ号と命名していた「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき「チキンレース」、「スピードの向こう側」などミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「浅川 拓(あさかわ たく)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

「特攻の拓」の主人公。私立横浜港ヶ丘高校に通い、“マジメ”こいて“いじめられっ子”だった生徒。愛称は「アサカー」「拓」「拓ちゃん」。「外道」の「鳴神秀人」と出会い、「強くなりたい」という気持ちが芽生えた事から、相手に立ち向かう勇気を少しずつ持つようになる。その後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる(本人は進学校の県立聖蘭高校への編入と勘違いしていた)。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなるが、「外道」の「鳴神秀人」、元獏羅天のヒロシ&キヨシ&天羽、美麗の大珠、初代極悪蝶の来栖など、族の垣根を越えて仲良くなるため、常に厄介な位置にいる。故人である「半村誠」の面影をもち、それに気づいた一部の人間(特にマー坊)からは一目おかれている。愛車はケニー・ロバーツ号と名付けた「ヤマハ・FZR250R」。その後、エディ・ローソン号と名付けた「カワサキ・ゼファー400」、爆音ドラックスペシャルGPZ2856F、爆音Coolストリートスペシャル「ホンダ・CBX1000」、天羽時貞の悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)である「ヤマハ・SR400」。この他に半村晶の「ホンダ・CB350FOUR(バケヨン)」も一時借りていた。さらに横浜港ヶ丘高校時代には通学用にスクーターを所有し、かなりの所有台数となっています。


「浅川拓のヤマハFZR250Rケニー・ロバーツ号」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車ヤマハFZR250Rケニー・ロバーツ号

「疾風伝説 特攻の拓」の「爆音小僧」の「浅川拓(あさかわ たく)」の愛車は、「ヤマハ・FZR250R(3LN型)」でケニー・ロバーツ号と名付けている。KERKERマフラー以外は、どノーマルだった愛車でしたが、ドット柄カラー、カウルのカチ上げ、エビテール、竹ヤリマフラー、鬼ハン、ラッパ装着などカスタムしたこともありました。


「浅川拓の愛車ゼファー400エディ・ローソン号」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車ゼファー400エディ・ローソン号

「疾風伝説 特攻の拓」の「爆音小僧」の「浅川拓(あさかわ たく)」の愛車は、「カワサキ・ゼファー400」で「エディ・ローソン号」と名付けている。この愛車は「ヤマハ・FZR250R(ケニー・ロバーツ号)」の次に登場。フルノーマルから後に真島商会でFⅡ仕様にフルカスタムされ「カワサキ・ゼファーFⅡ仕様フルチューン2秒しかもたなかったぜ!真島商会スペシアル!!」になり、最高出力は70PSオーバーとなっていました。しかし、始動後2秒で壁に激突。


「浅川拓の愛車ホンダCBX1000爆音Coolストリートスペシャル」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】浅川拓のホンダCBX1000爆音スペシャル

「特攻の拓」に登場する「浅川拓」の愛車の一台、「ホンダCBX1000」。「爆音Coolストリートスペシャル」というネーミングから当時でいう「スカチューン」仕様、CBX1000をオフロードの足回りを入れて作中の「浅川拓」の会話でサスストロークが長くシート高は90mm上がっています。


「浅川 拓(あさかわ たく)のヤマハSR400(ルシファーズハンマー)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車SR400ルシファーズハンマー

「疾風伝説 特攻の拓」の主人公「浅川拓」の愛車はノートンタイプのタンク、シングルシートとハーレーダビッドソン用も製造している部品メーカー、ルシファーズ・ハンマーのピストンとシリンダーを「天羽時貞」の執事の桧原に組ませた”悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)”と呼ばれる「ヤマハ・SR400」のフルカスタム仕様。この愛車は「天羽時貞」から譲り受けた車両で、漫画では「幻の6速」で爆走しました。


「鮎川 真里(あゆかわ まさと)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

「爆音小僧」の七代目頭で愛称は「マー坊」「マサト」。聖蘭高校1年D組。主人公の「浅川拓」と同じくらい小柄でありながら片手で80キロの人間を持ち上げるほどの怪力の持ち主。そして大の甘党。「浅川拓」には初対面の頃から友好的な態度。事故で亡くなった伝説の四天王「半村誠」を、誰よりも尊敬と憧れを抱いていた。性格としては、普段の振る舞いは無邪気な女の子を彷彿させるが、キレると手がつけられなくなるキレキャラ。単車の操縦技術はチームトップのテクニックの持ち主。「港洛中」出身で「アキオ」や「半村晶」とは幼馴染。ちなみに「マー坊」君の名台詞は「ひき肉にしてやる!」です。愛車は名車の「ドリームホンダ・CB400FOUR(ヨンフォア)」。真紅のガソリンタンクに憧れの「半村誠」が乗っていたヨシムラ製集合管マフラーの直管を組んでいます。タンデムシートにはよっぽど気に入った人間以外は乗せない主義です。


「真嶋 秋生(まじま あきお)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真島秋生のKH400ケッチレインボースペシャル

聖蘭高校1年D組の生徒で「爆音小僧」の特攻隊長兼チーフメカニックを担っている。愛称は「アっちゃん」「アキオ」。喧嘩の腕前は「爆音小僧」のナンバー2で、その強力な拳から「ワンパンのアキオ」とも呼ばれています。兄は元六代目「爆音小僧」の頭である「真島ナツオ」。「鮎川真里(マー坊)」と「半村晶」とは昔からの幼馴染で、二人を誰よりも気に掛け、理解している存在。主人公の「浅川拓」の転校初日には冷たい視線を送り、「タイマンボクシング」に引きずり出すも、最後の最後に「浅川拓」が”群れの頭”を狙って自分にパンチを掠めてきた事で、その根性を認めました。実家が自動車解体業の真嶋商会ということもあり、単車の製作や修理が得意で「爆音小僧」のメンバーの単車を弄ったり、「爆音スペシャル」を製作したりしています。その情熱は人一倍熱く、ある日、「浅川拓」が愛車がトラブルを抱え事故を起こしかねない状態を黙認しながら運転していたのを知った時には、激怒して殴りつけ、下手をすれば死んでいたという危険性を言い聞かせ、単車を、スピードを舐めるな、と叱責した熱血漢です。「港洛中」出身。愛車は名車「カワサキ・SS(マッハ)」仕様のホワイトレインボーカラーの「カワサキ・KH400」。


「姫小路 良(ひめのこうじ りょう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

「爆音小僧」のメンバー。聖蘭高校1年D組。中学時代から「“地獄”のリョー」を自称し、中学では2年ですでに学校の頂点に立っていた実力者。爆音メンバーの中では喧嘩の腕はアキオに次ぐ実力者だが、龍也等の頭クラスには敵わず、「浅川拓」のマブダチのヒロシとキヨシを見つけた際にはトイレの窓から逃げ出した事もある。転校直後は「浅川拓」を一方的に目の敵にしていたが、自分を助ける為に、ケージと単車で勝負したことから和解し、高く評価するようになった。好戦的で直情径行型の性格に加え、やや思慮に欠ける面があり、他チーム絡みのトラブルを呼び込む原因となる性格。敵対チームメンバーの中でも特に龍也への敵対心を剥き出しにしている。ミツオとは中学生時代からのマブダチ。転校初日の「タイマンボクシング」で「浅川拓」をかばった「カズ」を殴り倒すが、事が済んだ後は不貞腐れている「カズ」に彼なりのフォローをしたり、その後の爆音小僧の集会では走りで競い合ったり、普段の関係は悪くない。「港葉中」出身。実家は姫政寿司という寿司屋。「浅川拓」の自宅に電話をかけた時は礼儀正しい言葉遣いを見せたギャップの持ち主。ギター演奏を趣味としており、自分より優れた奏者である桜宮を一方的にライバル視している。”上等文句”は「死ぬまでやってやる!」。
愛車はリーゼント風防仕様の「スズキ・GS400E」。


「カズ/今川 一成(いまがわ かずなり)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 カズ(今川一成)のFZR400RRの仕様

「爆音小僧」の旗持ち担当の通称「カズ」。小説版「Version29」で初めてフルネームが判明し「今川一成」という名前が明らかに。もちろん聖蘭高校1年D組。眼鏡をかけているのがポイント。同じ旗持ちであるジュンジと仲が良く、集会以外でも彼を単車の後ろに乗せて行動している場面が多い。愛車に対しての誇りは人一倍高いが、喧嘩の実力は今ひとつキャラクター。それでも中学時代は相当「鳴らしていた」らしく、「浅川拓」と相撲をとった時は、ちょっと小突いただけで「浅川拓」を吹っ飛ばしていた。横須賀のローラーに自身の単車を貶された時は、かなわぬながらも「浅川拓」と共に一歩も引かない根性を見せ漢をアピール。どちらかといえば穏健派で、同じFZR乗りという共通点もあり、乱校で「浅川拓」が初めて友達になった相手でもある。不良である事は親には秘密なのか、自宅では周囲の耳を気にしながら爆音メンバーと電話していた事もある。
愛車はカウルレス仕様の「ヤマハ・FZR400RR」でバラチョン仕様。


「爆音小僧のミツオ」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】ミツオのCB400Tホーク2(バブツー)
「爆音小僧」のメンバー。聖蘭高校1年D組。シンナー中毒者であり、前歯が欠けている為、常にマスクをしている。爆音小僧がシンナー厳禁であるにも関わらず、隠れてシンナーを吸引していたことが「マー坊(鮎川真里)」にばれ、厳しい制裁を受けたこともある。「港葉中」出身で、「姫小路 良(リョー)」とは中学時代からコンビを組んでいる。入学初日に「真島秋生(アキオ)」の愛車である「カワサキ・KH400」を傷物にしたことで彼の怒りを買い、乱校で初めて「ワンパンのアキオ」の拳の味わう羽目になった。爆音の準レギュラーの1人だがやられる場面が多い。愛車は「CB400TホークII(バブツー)」です。


「滝沢 ジュンジ(たきざわ ジュンジ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 滝沢ジュンジのホンダCBX400Fの仕様

「爆音小僧」の旗持ち。湘南から通学している。聖蘭高校1年D組。連載当初は本人所有の単車がない為、よく「今川一成(カズ)」の後ろに乗っていたが、後に免許を取得し、自ら単車に乗るようになった。元々、操縦技術は高く、ジャックナイフが得意。また、湘南の“悪霊の壁”チキンレースにおいては、「浅川拓」に破られるまでNo.1の記録を持っていた。同じ鵠沼南台中(初期設定は西浜中)出身の「那智」とは旧友で、かつては、「透」、「奈良原」の4人でよくつるんでいた。親友である「那智」が極悪蝶のメンバーであることを爆音の仲間に告げられず、葛藤する場面が多く、結局、「那智」との関係は、物語が終わるまで「浅川拓」以外の爆音のメンバーに明かすことはなかった。「今川一成(カズ)」同様爆音内では穏健派で、「浅川拓」とも気安く会話をするが、入学式では散々ちょっかいをかけられた「姫小路 良(リョー)」にブチ切れて大乱闘を起こし、式が滅茶苦茶になるきっかけを作った。
愛車は、「ホンダ・CBR400F」のREVを組んだ4バルブエンジン、左出しの直管仕様(後に規制前のRPM管に変えた)の「ホンダ・CBX400F」。


「進藤 貴則(しんどう たかのり)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 進藤貴則のカワサキKH400ケッチA7型

「爆音小僧」のメンバー。聖蘭高校1年D組。通称「タカノリ」。小説版「Version29」で初めてフルネームの「進藤 貴則(しんどう たかのり)」が判明。ギターに詳しいが本編では実際に演奏している場面は描かれていない。
愛車は、フルノーマルの「カワサキ・KH400」の最終型「A7」。ボディカラーは純正ライムグリーン。小説版「Version29」では真嶋商会で「城北ムラカミ」製の集合チャンバーを捜索し、発見されるまでが描かれています。


「鳴神 秀人(なるがみ ひでと)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鳴神秀人の愛車カワサキZ400FX外道仕様

「疾風伝説 特攻の拓」の「鳴神秀人」は通称「外道の秀人」と呼ばれている。単車の走りで有名な外道の中でも別格の速さを誇り、喧嘩でも勇名を馳せる。その為、他の族からは、頭がいない筈の”外道”のリーダー格と目されることもある。私立港ヶ丘高校への転校がきっかけで、「浅川拓」と出会い、当初はしつこく付きまとう「浅川拓」に辟易していたが、「九尾の猫(キャッツ)」との喧嘩を経てマブダチになる。「浅川拓」が乱校へ転校する際には、「秀人メモ」という喧嘩のバイブルを渡した。「麓沙亜鵺」の「緋咲」とは不倶戴天の敵同士。愛車はパールホワイトの名車「カワサキ・Z400FX-E4」。


「吉岡 義郎(よしおか よしろう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 吉岡義郎の愛車GT380サンパチ外道仕様

「外道」のメンバー。学年的には「鳴神秀人」達より1年先輩ではあるものの他のメンバーに比べると単車の技術では一歩遅れがある感じで描写されています。また作中では、いつもサングラスをかけている。さらに年長者でもあり、「鳴神秀人」などにも外道の纏め役を期待されているが、本人は「鳴神秀人」こそが外道の象徴に相応しいと考えている状況。愛車は「スズキ・GT380」。


「榊 龍也(さかき りゅうや)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】榊龍也の愛車GPZ900Rニンジャのスペック

「朧童幽霊(ロードスペクター)」の初代総長で乱校の2年E組。そして、元六代目「爆音小僧」の特攻隊長という肩書きを持つ。マー坊、須王、武丸とは犬猿の仲。特に、マー坊(鮎川真里)には、半村誠の死後、真島夏生を含む先代の「爆音小僧」が引退したのに対し榊龍也が別の族を作ったことから、強い敵対心を抱かれている。喧嘩の実力は折り紙つきで、真島アキオ曰く、”喧嘩のテクは一等”。単車も族の頭に相応しい相当な技術を持っているが、須王には”技術(テク)なし野郎”と酷評されていました。”スピードの向こう側”の存在を否定し、単車の速さは馬力、暴走りに邪魔なものはなぎ倒す、が信条。頬の傷は須王につけられたもの。鳥浜のゼロヨンレースでエンジンが焼きついたり、湘南弾丸ストレートレースでは単車が燃えてしまうなど何かと単車のトラブルが多い。浅川拓には自らの単車を操られたり、暴走時に蹴り一発で止められた事があり、密かに一目置いている。”上等文句”は「死ぬまで狂乱麗舞」。
愛車はフレアーラインに豹柄の三段シート、デビル管のマフラーを備えた「カワサキGPZ900R」。六代目爆音時代は、「GPZ400F」に搭乗。


「藤崎 貢(ふじさき みつぐ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】藤崎貢の愛車カワサキGPz400Fのスペック

「榊龍也」率いる「朧童幽霊」の怪力No.1。乱校の2年E組。通称「デブ崎」。アンパン(シンナー)のせいで前歯がほとんどなく、どもり癖がある。カルシウム不足を自認している。なぜか「浅川拓」と遭遇することが多く、「浅川拓」にとって一種の「不運の象徴」とも呼べる位置づけにいる。愛用武器は模造刀。愛車は「カワサキ・GPZ400F」。


「一条 武丸(いちじょう たけまる)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】一条武丸のスズキGSX400FSインパルス

「魍魎」九代目統領にして乱校の2年A組。作中では、「鏖(みなごろし)の武丸」「狂い屋」の異名を持ち、不良ばかりの乱校の生徒ですらその名を口にするのも恐れられている。正門前に他の生徒の進路を遮るように単車を駐車できる特権持っている。不用意に目を合わせただけで殺られるとまで言われる程、凶暴で容赦がなく、「アキオ(真島秋男)」を一撃で沈めるほどの力を持ちながら凶器の使用も躊躇せず、ツルハシや大ハンマー、果てはバス停の標識まで武器として振り回す。更に、一定のダメージが与えられると、白目が剥き出しとなり”キレ”て、痛覚を無視して、周囲を無差別に攻撃。作中最大の恐怖の存在だが、唯一本気で心配してくれている「中村雛子」には心を開いている節があり、彼女の忠告はある程度聞き入れている。ダーツや射撃ゲームも得意で、高得点を出している描写がある。単車の勝負には興味がないのか、主だった活躍はなかったが、慈統とのタイマン後に何かに目覚めたのか、一度だけ”レーサーなみのテク”で走ったこともある。父親は大企業「一条グループ」の会長で、「一条武丸」の不祥事にある程度の便宜を図っている様子。父親が経営するバー「キャロル」のマスター、タツさんには「ワカ」と呼ばれている。癖はコンクリートの壁に唾を吐くこと。支配欲が強く、乱校や全ての族を従えるか、出来なければ潰すと度々公言している。「マー坊(鮎川真里)」とは犬猿の仲で、昔、彼に折られた鼻は、治療した今でも疼く。”上等文句”は「鏖にしてやる…」。愛車は旭日旗カラーのロケットカウルを備えた「スズキ・GSX400FSインパルス」。


「鰐淵 春樹(わにぶち はるき)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鰐淵春樹の愛車Z1000Jジェイソンの仕様

「夜叉神」第19期総会長。乱校3年D組。そして「音速の四天王」の一人を担っています。1000人を超える族の総会長であり、他の族にも強い影響力を持つ。「半村誠追悼集会」や「増天寺ライブ」等の主催者にもなった。18歳と思えぬ貫禄に加え、自制心も持ち合わせており、彼はあくまでもチームを”走り屋”でありたいと考えているようです。事情あってタイマンを張る事になった「浅川拓」は、その拳を「今までの誰よりも痛い」と表現している。その容貌はいつも薄いサングラスをかけており、萌子とお揃いで左耳に3連ピアスをつけている。最終回の全面戦争には参加しなかった人物。愛車はブルーメタリックの「日産・フェアレディ280Z(S130型)」と、「カワサキ・Z1000J」のカウルなしローソンレプリカ仕様(通称「ジェイソン」)。


「鎖島 直(さじま なお)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鎖島直の愛車ホンダCBR400F夜叉神仕様

「夜叉神」本郷支部の頭で狂音烈士隊に属している。自称「夜叉神の踊るフランケン」を名乗る。萌子に従順なモヒカンで、彼もまた多くの不良同様、萌子に想いを寄せる一人であるものの、「鰐淵春樹」と萌子の関係に割り込もうとは考えていない。夜叉神構成員の中でもかなりの実力を誇り、「一条武丸」の一撃を受けても、再び立ち上がって交戦を仕掛けていた。いかつい外見に似合わず人当たりが良く、「浅川拓」を「拓ちゃん」と呼んで友好的な一面も見せる。愛車は「ホンダ・CBR400F」。


「内海 雄太(うちうみ ゆうた)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】内海雄太の愛車ホンダVFR400R夜叉神仕様

「夜叉神」特別攻撃隊のメンバー。乱校1年G組。愛称は「ゆーた」。「爆音小僧」の「リョー(姫小路良)」と揉めた際、その上である「真島秋生(アキオ)」とタイマンを張ろうとするなど気合を見せるが、実力不足。総会長の「鰐淵春樹」の怒りを買い”事故”と称する制裁を受けた。愛車は「ホンダ・VFR400R」。


「広瀬 敬司(ひろせ けいじ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】広瀬敬司の愛車GSX-R400R鬼雷党仕様

乱校1年B組。愛称は「ケージ」。いつもノブ、シゲと共に行動する。「魍魎」や「妖艶童子」など、他の族の比護下に入ることで威信を保とうとするも、作中でそれが成功したことはなく、使い捨て程度にしか扱ってもらえていない。喧嘩は弱いが、ケージの行動が元で他チーム同士の抗争を招くことも多い。中坊の頃からノブ、シゲと3人で「鬼雷党」の集会に参加していた。愛車はレーサー志向が高く750ccモデルをサイズダウンさせたかのようなレーサーレプリカ。カスタムはブッた切り直管。「スズキ・GSX-R400R」。


「沢渡 弘志(さわたり ひろし)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】沢渡弘志の愛車Z750Zfour-D1風神Z2

特攻の拓の作中では、韋駄天ヒロシの異名をとる元「獏羅天」の地獄の一番機とされています。風神のドカジャンを着ており、キヨシとのコンビで風神雷神と呼ばれる強者。誰彼構わず暴れまわり、横須賀の暴走族「黒魔術師(ブラックマジシャン)」を2人だけで勝手に潰し、「獏羅天」を破門になっています。しかし、破門後も全ての族を敵視する性格は変わっていない様子。「浅川拓」とは小学校の同級生で、遠足の際に弁当を忘れて来た彼に拓が自分の弁当を分けてくれたことに恩義を感じ、以来「浅川拓」の”マブダチ”となっています。懇意のたまり場はゲームセンター「ロックオン」。愛車は名車、紫メタリックの「カワサキ・ZII(Z750-D1)」。


「稲楽 キヨシ(いならく キヨシ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】稲楽キヨシの愛車ヤマハ・パッソルⅡ雷神仕様

特攻の拓の作中では、鬼のキヨシの異名をとる元「獏羅天」の地獄の一番機とされています。雷神のドカジャンを着ており、キヨシとのコンビで風神雷神と呼ばれる強者。誰彼構わず暴れまわり、横須賀の暴走族「黒魔術師(ブラックマジシャン)」を2人だけで勝手に潰し、「獏羅天」を破門になっています。しかし、破門後も全ての族を敵視する性格は変わっていない様子。「ヒロシのダチは俺のダチ」ということで「浅川拓」の友人になるが、当初は「浅川拓」に対してやや懐疑的な発言を「ヒロシ」にしていた。いつも「ヒロシ」のZIIの後ろに乗っている。MPのジープをひっくり返す、武器にする為に標識をへし折る、ZIIを片手で担ぐなど、怪力の持ち主。気性は非常に荒いが、満腹の時は多少緩くなる性格は「ヒロシ」と一緒。コンビニの弁当を買い占める位、大食いである。愛車は「ヤマハ・パッソルII」だが、本編では一度も搭乗している姿は描かれてない。懇意のたまり場はゲームセンター「ロックオン」。


「天羽 時貞(あもう ときさだ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】天羽時貞の愛車SR400ルシファーズハンマー

「天羽 時貞(あもう ときさだ)」は、「獏羅天」の”龍神”。「セロニアス」という洗礼名(ミドルネーム)を持つ。いつも龍神のコートを着ており、かつてはヒロシ、キヨシと合わせて”三鬼龍”と呼ばれた人物。「獏羅天の切り裂き魔」、「顎の時貞」の異名があり、タイマンでは誰も勝てないぐらい強い、と「緋咲薫」に評される。また、16歳にしてギターのプレイは超一流で、「ジミ・ヘンドリックス」を敬愛している。極端に飽きっぽく自己中心的な性格の為、一時期は勝手にチームを離れ、しばらく「龍神」というロックバンドの下で音楽の世界に専念していた。その後、またチームに戻るも、その行動から彼の属していた特攻隊と本隊との確執を生み、仲間に裏切られることもあった。実家は死の商人。日本人の父親とハーフの母親を持つ(クォーター)。褐色の肌と白金の髪、赤い瞳という身体的特徴を持つ。両親は共に米国の暴動で亡くなっている。それらを含む様々なことがトラウマとなり、かなり不安定な精神状態の持ち主で、一人の世界に入ってしまう事も多く、唐突に宮沢賢治の詩を口ずさむ癖がある。しかし”ブロウ”と呼ぶヒロシとキヨシとの和解や、「浅川拓」との交流によって心が解放される実感を得て、「増天寺」でのライブでは、「ジョー・サトリアーニ」の「フレンズ」を弾き、「浅川拓」に捧げた。だが、ライブ直後、横浜ベイブリッジで事故に遭い、帰らぬ人となってしまう。マブダチの「浅川拓」には紅玉緋色の”SADOWSKY”のギター、単車”悪魔の鉄槌”、飼い犬の”ボルゾイ”アービィとルーファスを託した。”兄弟(ブロウ)”ではないがロックンロールがわかる「麓沙亜鵺」の「緋咲薫」とは中学の頃の旧友で、彼が拓に敗北を喫したことを知り、一時は「浅川拓」に強い怒りを見せていた。また、恋人の優理とは彼が中学生の頃からの付き合い。愛車はノートンタイプのタンク、シングルシートとハーレーダビッドソン用も製造している部品メーカー、ルシファーズ・ハンマーのピストンとシリンダーを執事の桧原に組ませた”悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)”と呼ばれるヤマハ・SR400。


「那森 須王(なもり すおう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】那森須王のホンダCB750FOUR(K2)

元「獏羅天」。倫子の双子の兄で「音速の四天王」の一人として君臨していた人物。「土方」から「半村誠」とともに「スピードの向こう側」を聞かされ、その領域に魅せられテクニックを重視。十五代「獏羅天」から「ナツオ(真島夏生)率いる六代「爆音小僧」に移籍するも、半村誠の死後単身オーストラリアに渡り、単車のレースに興じるようになる。その後インドネシアを経て日本に帰国すると、以前とはかけ離れた現状に激昂し、一人で「獏羅天」を再興する。最終的には、湘南での「浅川拓」との単車勝負に敗れたことを契機に、「土方」と共にレースの世界へ旅立つ。そしてレーシングチーム獏羅天を結成する。「榊龍也」には非常に嫌われているが、「爆音小僧」のメンバーには憧れの目で見られており、多少の衝突を含むも比較的良好な関係。特に、「浅川拓」には「爆音小僧」時代の伝説の”不倶戴天”仕様の特攻服を渡した。愛車は、黒とゴールドメタリックに塗り分けられた、超どシャコの「ホンダ・CB750K2」です。


「慈統 享介(じとう きょうすけ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 慈統享介のホンダCB750Fの極悪蝶仕様

「極悪蝶」の二代目頭。初登場時はなで肩で線が細い体格だったものの、再登場時はゴツい体に変貌を遂げ、その体躯と怪力から「ゴリラ」と呼ばれたこともある姿に。常に薄いサングラスをかけている。大珠とは小さい頃の幼馴染で「亨ちゃん」と呼ばれる間柄。年下の那智には目をかけ幹部として扱っている。湘南に強い拘りがあり、”湘南の族を知ったかぶった奴”に激怒する。愛車は「ホンダ・CB750F」。


「柾 那智(まさき なち)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】柾那智のホンダCBX400Fの極悪蝶仕様

「極悪蝶」のメンバー。通称「木刀那智」。木刀を常に携帯しており、その腕前は単車に乗りながらすれ違いざまに5人を瞬殺できるほど。「爆音小僧」の「滝沢ジュンジ」とは鵠沼南台中時代からの旧友。年齢的には高校1年生と同じであるが、高校には行っておらずプータロー。過去に「極悪蝶」の頭を狙って、単身、「慈統」にタイマンを仕掛けるも奮戦空しく破れ、チーム入りした経緯がある。自分の族に命を懸ける事を信条としているが、単独行動が多く、年上の幹部の前でも遠慮せず、自分の敵はチームの敵、と公言する為、その実力を認められつつも、「慈統」以外の幹部達からは反感を買っており仲が悪い。中学時代は喧嘩の実力は「滝沢ジュンジ」と互角程度だったが、卒業後の環境の違いから、再会時には大きな差が付いていた。単車の得意技はアクセルミュージック。”上等文句”は「ムカつくよ…!」。愛車はデュアルカウル、規制前のRPM管仕様、チェリーピンクの「ホンダ・CBX400F」。


「緋咲 薫(ひざき かおる)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】緋咲薫の愛車カワサキZ400FX麓沙亜鵺仕様

「麓沙亜鵺」の十一代目頭。「外道」の秀人の天敵の存在。「鳴神秀人」に砕かれた左拳には「鉄のプレートとボルト」が入っており、強力なパンチを放つ人物。「天羽時貞」とは同じ中学で、当時、当初は敵対していたが、「天羽時貞」に命を救われたことや、ロックンロールを趣味に持つこととあいまって、友人になっています。なお、当時からの「天羽時貞」の彼女の「優理」とも交流がある。愛用のたばこはジョーカー。「天羽時貞」の魂であるギターを自分ではなく「浅川拓」が受け取ったこと、そして彼が事故死したことに激情を抱き、悔しさを心に乗せたまま、「浅川拓」とタイマンを張ったことがあります。その後は「来栖」との絡みの際に「浅川拓」の事を「バカなりに、熱いバカ」と表現し、「八尋」に捕らえられた「浅川拓」を結果的に救出するなど、「緋咲薫」なりに「浅川拓」に一目置くようになった。自分の顔に血がつくと逆上する性格で、その”上等文句”は「汚ねえな…!」というもの。愛車はカワサキの名車、チェリーピンクのカラーがポイントの「カワサキ・Z400FX」。


「一色 大珠(いっしき たいじゅ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】一色大珠の愛車RD400デイトナスペシャル

初代「美麗」の頭。地元、横須賀の「私立純心学園高校」の1年だったが、相賀の襲撃により横浜の「県立正明高校(ケンショー)」に転校。「外道の鳴神秀人」には”悪霊”、「阪田」には”魔人”と評される。右腕に”双頭の蛇”、左腕に”龍”、背中には”梟”の刺青をしている。以前からドラッグの常習者だったが、「天羽時貞」のライブに触発され”龍の道”を求めるようになった彼は「呪術師(メディスンマン)」を名乗る老人に特別な薬を施してもらい、その世界の片鱗を垣間見る。しかし、薬の副作用として頻繁に”ノイズだらけのTV”の幻覚に悩まされるようになってしまい、苦しむことになる。「浅川拓」や「那森倫子」と出会ってドラッグを止める。幼い頃に愛犬を亡くしたショックから”死”という言葉に過剰に反応する。「慈統京介」の幼馴染。愛車は「カワサキ・Z400GP(倫子の単車だがいつも乗っていた)」と「ヤマハ・RD400デイトナスペシャル」。


「八尋 渉(やひろ わたる)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】八尋渉のCB400FOURヨンフォアAJS仕様

「八尋渉」の通称「血みどろ八尋」。「阿修羅王」の八代目総長で「相州聖龍連盟會(AJS)」の會長。胸に大きな刃物の傷がある。「どれだけデカい組織でも、喧嘩はタイマンで勝てばいい」という信条で、1500人を越す連合チームのトップでありながら、千冬と2人での単独行動をとることが多い。「爆音小僧」の「鮎川真里(マー坊)」と出会った時には「同じ速度域に棲んでいる」と言われていたが、単車の速さに関して特筆すべき描写は最後までなかった。愛車は、ブルーの「ホンダ・CB400FOUR」、ヨンフォア。


「千冬 慎(ちふゆ しん)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】千冬慎の愛車ハーレーFLSTFファットボーイ

常に八尋と行動している「阿修羅王」の親衛隊「曼呪沙華」の頭。女性のような外見をしている男。美しいと呼ばれるのは好きだが、ねぇちゃんと呼ばれるとキレる。”毒”と称する魅惑的な香水をつけている。愛車は「ハーレーダビッドソン・FLSTFファットボーイ」。


「吾代 礼(ごだい れい)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】吾代礼のRZ350ナナハンキラーAJS仕様

「妖艶童子」の十二代目頭で「相州聖龍連盟會(AJS)」の副會長。愛称は「礼ちゃん」。ヘビー級の体格で80kgある。魍魎の武丸に二度返り討ちに遭った責任を追及され八尋にシメられてしまう。単行本最終巻ではB突の乱闘において八尋を裏切り、不意打ちとはいえ鉄パイプで殴り倒す(その瞬間の八尋は、両鼻から鼻血を噴出するかなり衝撃的な描写だった)も、直後に乱入してきた「鳴神秀人」に瞬殺されてしまった。結局この行動が直接の原因で聖龍連は解散してしまう。愛車はカウルとシングルシートの「ヤマハ・RZ350」。


「来栖 奈緒巳(くるす なおみ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】来栖奈緒巳のカワサキ500SSマッハIIIの仕様

湘南の暴走族である初代「極悪蝶」の頭。後に「蝿王(ヴェルゼブブ)」を名乗るようになる。女の子と見間違えるような容貌に反して、湘南では有名な”凶悪小僧”として畏怖されている存在。過去に「邪王」の襲撃から母校を守るため、校庭にガソリンを撒いて敵を壊滅させるが、守ったはずのクラスメイトから逆に恐れられ、「見えないくん」として扱われた経験を持つ。そのトラウマは彼の心を深刻に蝕み、自分の単車以外誰も信用しなくなった彼は、無軌道とも言える暴力を繰り返すようになってしまう。鑑別所で「来栖 奈緒巳」と知り合った「鰐淵春樹」が彼の更生を試みるも、最終的に「来栖 奈緒巳」の心を直接救ったのは、最後まで彼を信用し続けた「浅川拓」であった。表面的には「マー坊(鮎川真里)」に似て無邪気な子供のような性格だが、上記の理由から非常に暴力的な人格。その点は「浅川拓」によって立ち直ってからも変わってはいない。アイスピックを愛用の武器とするが、素手による戦闘力も高く、作中では「鮎川真里」や「鳴神秀人」を相手に互角に渡り合った。「浅川拓」とは晴れて友人となるが、「爆音小僧」のメンバーの前で「浅川拓」を「蠅王」に引き入れたり、「拓の友達」という言葉に嫉妬して「一色大珠」と乱闘になるなど執着心を抱いている。”上等文句”は「天罰」。また、鰐淵から聞いた「不運(ハードラック)」というフレーズも気に入り多用している。愛車はカナリアイエローの「カワサキ・500SS/MACHIII」。


「中路(なかじ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】中路のカワサキ・ゼファー400魔覇裸邪仕様

「根岸工業高校(ネギコー)」1年2組。「魔覇裸邪」のメンバーにしては珍しく上昇志向があり、強い奴と闘って自分の格をあげることを公言するも、外道のメンバーに睨まれて震え上がる等、口程の根性はない憎めない奴。当初は「浅川拓」を「ダサ坊」呼ばわりし馬鹿にしていたが後に親交を深める。同校の浜中とは仲が悪いものの、よくつるんでいる。愛車は「浅川拓」と同じ「カワサキ・ゼファー400」。


「那森倫子(なもり りんこ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】那森倫子のカワサキZ400GP女郎蜘蛛仕様

「那森須王」の双子の妹。当初、「那森須王」に間違われることを嫌い、強烈なメイクをしていた。後に「一色大珠」と良い関係になる。普段は自動車修理工場の「佐藤製作所」で働いており、女性ながら大ハンマーを軽々と扱うレディース。愛車は隠れた名車「カワサキ・Z400GP」。


「谷崎奈保子(たにさき なほこ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】谷崎奈保子のカワサキZ400FX女郎蜘蛛仕様

「女郎蜘蛛」メンバー。レストラン「BOYAL HOSE」でアルバイトをしており、その制服のまま単車に乗るのが好きなことが判明。愛車は「カワサキ・Z400FX」。


「華菜美(かなみ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】華菜美のカワサキGPz400F女郎蜘蛛仕様

「女郎蜘蛛」メンバー。パンクっぽい髪型の子。愛車はカワサキ空冷4気筒最強のパワーを誇る「カワサキ・GPZ400F」。


「高遠 陸夫(たかとう りくお)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】高遠陸夫の愛車セローXT225Wスカチューン

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】高遠陸夫のハーレー・SSグレイゴースト仕様

「灰色の亡霊(グレイ・ゴースト)」の正体。「鮎川真里(マー坊)」、「秋生」、「半村晶」と同じ「港洛中」出身で、「県立商業高校」の1年。族でもヤンキーでもないが、自分のスタイルを確立させており、特に暴走りには強い拘りを持つ。明るく気さくな性格だったが、クール・Dの知人の海兵が残した「ハーレーダビッドソン・スポーツスター」に乗るにつれ、いつしか取り憑かれたようにそのスピードに魅せられ、灰色の亡霊(グレイゴースト)と呼ばれるようになる。愛車は「ヤマハ・XT225W」、横須賀米海軍基地所属の海兵所有のレース用の「ハーレーダビッドソン・スポーツスター」。


「陣野 平蔵(じんの へいぞう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】陣野平蔵のホンダ・ゴリラ改モンキー輸出仕様

リョー(姫野小路良)が入院した際、病院で同室だった男。当初は情報屋だったが、後に「truth」のボーカルとなる。顔に化粧を施している。華奢な見た目に反して喧嘩好きであり、中学は緋咲・時貞と同じ。緋咲曰く実力は土屋や相賀より上とのこと。実は両刀使い(バイセクシャル)で、リョーに接近した時は京子に警戒されていた。愛車は88cc(パッパー)にボアアップした「ホンダ・Z50JIII(輸出用4リットルタンク仕様/なお、「Z50JIII」はモンキーではなく、その兄弟車であるゴリラの型式番号)」。当人は「原チャ」呼ばわりされることを非常に嫌っている。


「加藤(かとう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】加藤の愛車ホンダCB400SFスーパーフォア

小説版にのみ登場する「加藤」。「市立純心学園高校(ジュンガク)」1年3組だったが、当時隣のクラスだった大珠に喧嘩を売り、病院送りにされ自主退学。その後、「鮎川真里(マー坊)」に「灰色の亡霊(グレイ・ゴースト)」と間違われシメられる。猩々似の容貌とゴツい筋肉質の体躯を持つ男。
愛車は、ボディカラーがガングレイメタリックの「ホンダ・CB400SF」。


「芹沢 優理(せりざわ ゆうり)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】芹沢優理のホンダCBR1000XX/SBB

中学の頃からの「天羽時貞」の恋人。麻美とは「デモンズ・バー」で知り合い、仲良くなる。天羽の死後は、彼の求めていたスピードの世界を共有したくなり、夜な夜な高性能バイクで街を駆け抜けるようになり、いつしか「灰色の亡霊(グレイ・ゴースト)」と間違われるようになる。愛車はガングレイメタリックの「ホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバード」。このオートバイは、発売当初(作中に登場した頃)“最高速度が市販車世界一”だった。


「中村 雛子(なかむら ひなこ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】中村雛子の愛車ヤマハXJ400改小悪魔仕様

「大波二中」3年2組。「浅川拓」に憧れる中学生。作中では、天真爛漫な性格で”小悪魔”と呼ばれることもあり、トラブルメーカー。またポリシーは「男は好きだけど愛さない」のが信条で、「浅川拓」にアプローチをかける。「一色大珠」には本気で惚れるも、結局、相手にされずフラれる。怖いもの知らずで「一条武丸」を「ハナクソ」呼ばわりするが、後に良い関係になっていく。「一条武丸」自身も本気で心配してくれる雛子を気にかけているのか、ある程度の忠告を聴くようになるなど、「一条武丸」を止められる数少ない人物の一人になった。愛車は、盗難車の「ヤマハ・XJ400」。


「鰐淵 清美(わにぶち きよみ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鰐淵清美の500SSマッハIIIカミナリマッパ

「夜叉神」の「鰐淵春樹」の姉で聖蘭の保健医。元カレは「爆音小僧」の6代目頭の「真嶋夏生」。現役時代は「赤マッパの清美」として有名で、彼女には、誰も追いつけなかったという伝説を持っている。当時からのファンは今でも多く存在する模様。また「鰐淵春樹」の影響力だけでなく本人の人柄もあってか、不良揃いの乱校においても彼女に狼藉を働こうとする者はいない。物語後半では「来栖」に好意を寄せられ、積極的なアプローチを受けていた。愛車は日産の610型の「ブルーバード」と「カミナリマッパ」という異名持つ「カワサキ・500SS MACHIII」。


「真嶋 夏生(まじま なつお)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真嶋夏生のホンダCB1100R爆音スペシャル

元六代目「爆音小僧」の頭。音速の四天王の1人。「横浜(ハマ)の最速伝説」の異名が持つ。アキオ(真島秋生)の実兄。引退した現在は真嶋商会で自動車解体業を営んでいる。鰐淵清美とは元恋人関係。
愛車は「トヨタ・セリカ1600GTV」と爆音スペシャルと称される「ホンダ・CB1100R」。爆音スペシャル完成前は、「ホンダ・CB400FOUR」に乗っていた。


「半村 誠(はんむら まこと)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】半村誠のホンダCB350FOUR(バケヨン)

「半村晶」の実兄で故人。音速の四天王の1人。”スピードの向こう側”の世界に魅せられ、誰よりも速く走れると評判だったが交通事故で死亡。彼の死は様々な人に深い影響を与える。正式には「爆音小僧」のメンバーではなくゲスト的扱いだったが、当時の「爆音小僧」の六代目頭の「真島夏生(ナツオ)」は「爆音小僧」の幹部”暴走りの特攻”として迎えようとしていました。あくまで走り屋であることに拘っていた人物なので、喧嘩にまつわるエピソードや描写はなしです。愛車は夏生から引き継ぐ以前は「ホンダ・CB400FOUR(ヨンフォア)」仕様の「ホンダ・CB350FOUR」で通称バケヨンに搭乗していました。その後、真紅の「ホンダ・CB400FOUR」となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。