【ワイルドスピード】ジョーダナ・ブリュースターの最高のワイスピ

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード】ジョーダナ・ブリュースターの最高のワイスピ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード・シリーズ】劇中車両の人気車種総合ランキング

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】ヴィン・ディーゼルが史上最高と語るシーンとは

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMAX】 登場車種のカスタム内容一覧

世界的な大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。2001年から始まったカーアクション作品で、日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破しているモンスター映画。多くの名車、旧車、スーパーカーが登場し、しかもカスタマイズされたマシンがカーアクションを繰り広げることでファンを魅了しています。最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2020年1月31日に予告編が公開されると、24時間で5億回の再生回数を突破し世界的に次回作への期待と「ワイルドスピード」シリーズの人気の高さを示しました。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回はミア・トレット役を務める「ジョーダナ・ブリュースター」に注目です。


「ジョーダナ・ブリュースターの興味深いコメント」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】メドウ・ウォーカーとヴィン家族との最新画像

世界中で『ワイスピ』の略称で親しまれる映画『ワイルド・スピード』シリーズで、故「ポール・ウォーカー」が演じるブライアンの妻でドムの妹でもあるミア・トレット役を務める「ジョーダナ・ブリュースター」。その彼女が、アメリカの「Health Magazine」のインタビューで興味深いことをコメントしています。そのコメントが「ワイルドスピードが最高な点はみんながパンツを履いているところ」というコメント。このコメントには深い意味があるそうです。


「ジョーダナ・ブリュースターがワイスピを好むポイント」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】マダムMエイザ・ゴンザレスとティモシーの関係

「ジョーダナ・ブリュースター」は、デビュー当時を振り返って、当時はセクシー路線で自分自身を売り出すことを強制されていたことを明かしています。彼女は、「この業界に入ってすぐの頃は、『ビキニや下着姿で(米有名男性誌の)Maximの表紙を飾る』みたいな仕事がほとんどだった。でも、今はもうそういうことはない。おかげですごく心が軽くなった気がする。『ワイルド・スピード』みたいな作品で、みんながパンツ(ズボン)を履いているって本当に最高。もちろん、過去には車のまわりでお尻を振って踊るシーンがあったけど、それも今ではなくなったしね」とコメントしているのです。

決して女性の役者にセクシー、お色気が求められているわけではないものの、デビュー当初からセクシーであることをつねに求められてきた「ジョーダナ・ブリュースター」にとって、男性がメインターゲットの「ワイルドスピード」シリーズでパンツを履けることは、至福の喜びだったということです。また、MeTooムーブメントの後押しもあって、昨今、ハリウッドでは女性にセクシーさを要求する性差別的な風潮や、ヌードや露出の多い服装など、本人が望まない演出はなくそうという動きが強まっていることは世界中で話題となっています。そのことについて「ジョーダナ・ブリュースター」は、「あと20年遅く生まれたかったって思うこともある。そうすれば、今この業界で起きていることをもっと実感することができたと思うから」とコメントしています。

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】 エイザ・ゴンザレスの水着姿に隠された秘密

ちなみに、「ジョーダナ・ブリュースター」と同じく、20代の頃にセクシー、お色気シーンを演じてセックスシンボルとして世の男性から熱い視線を注がれていた俳優の「ジェシカ・アルバ」は、「性的対象」として見られるのが嫌で、男性がそそられるような体になるのを防ぐために食べるのをやめたり、わざと男の子っぽい服装をしたりして、注目を集めないようにしていたことを明らかにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。