【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

この記事は2分で読めます

【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【名機と呼ばれたエンジン】トヨタ4A-G搭載車リスト・スペック

世界的な大ヒットを記録しているカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。毎回、世界的な名車、旧車のカスタムマシンが登場し多くのクルマファンを魅了している映画ですが、今回はシリーズの1作目のカスタムマシンに注目しました。冒頭のストリートレースに登場した劇中車両の「アキュラ(ホンダ)・インテグラ」です。


「ワイルドスピード」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】登場車ダッジ・チャージャーのスペック・価格

『ワイルド・スピード』(原題: The Fast and the Furious)は、2001年公開のアメリカ映画で、あらすじとしては下記のようになります。L.A.では深夜、若者たちが大金を賭けたストリート・カー・レースに熱狂していた。ドミニクは仲間たちから一目置かれる天才ドライバー。彼はレースを挑んでくる無謀な連中を相手に1度のレースで1万ドルを稼ぎ出す。そんなある夜、ブライアンという新顔がやって来る。彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露、ギャラリーの注目を集める。しかし、誰も彼が警察官だとは想像もしなかった。ブライアンは実は、最近多発している高級品を積んだトラックがハイスピード状態のままジャックされるという事件を追って、潜入捜査を行っていたのだった。


「DC2型:インテグラSiR(GS-R)」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】ホンダS2000スーキー仕様のスペック

初期型のヘッドランプはプロジェクター4灯であったが、日本国内では販売が振るわず、2年後の1995年8月に行われた最初のマイナーチェンジでは先代モデルのような横長のヘッドランプに変更された。これ以降がいわゆる後期型となる。なお、輸出仕様は4代目にバトンタッチするまで、プロジェクター4灯のまま変わらなかった。プロジェクター4灯の前期と後期ではフロントバンパーの丸目のくりぬき形状が異なる。また、日本国内でも3ドア「SiR-II」はプロジェクター4灯仕様のまま、1998年1月に廃止されるまで残された。下記は搭載エンジンのスペックです。

B18C型
  • エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
  • 弁機構:DOHCベルト駆動 吸気2 排気2 VTEC
  • 排気量:1,797cc
  • 内径×行程:81.0mm×87.2mm
  • 圧縮比:10.6
  • 最高出力:180PS/7,600rpm(MT)、170PS/7,200rpm(AT)
  • 最大トルク:17.8kgf·m/6,200rpm(MT)、17.8kgf·m/6,000rpm(AT)
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛プレミアムガソリン

「DC2型:アキュラ・インテグラGS-R」:劇中車両のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格
映画「ワイルドスピード」の一作目において登場したジャルールが操るカスタムマシンである劇中車両の「DC2型:アキュラ・インテグラGS-R」のスペックです。エクステリアデザインはレッドにイエローのMOMOCORSEカラーの仕様。

カスタム箇所ですがエンジン周りは、タイプR用インテーク、スロットル、ヘダース、MSD点火システム、ブラスターコイルなど。

またエクセディ製クラッチ、MOMO製GTホイール、ブレーキ、サブウーハー、バイナル等のカスタムが行なわれております。

室内の助手席側ダッシュボードの所に書かれているサインは、映画の中でドライブされたジャルールさん本人よるサインとなります。

 

尚、映画終了後は2002年と2003年に開催されたSEMAショーに出展されたそうです。

映画ワイルドスピード用として2台製作された内のプロモーション活動用として使用した「アキュラ・インテグラGSR」です。当時の販売価格は548万円となっていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。