【ワイルドスピード3】劇中車両のR33GT-Rのスペック・価格

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピード3】劇中車両のR33GT-Rのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【フォードVSフェラーリ】劇中車両コブラ427のスペック・価格

公開以来、ファンを魅了し世界的な大ヒット映画となっているカーアクション映画「ワイルドスピード」シリーズ。最新作となる「ワイルドスピード/ジェットブレイク」の公開についても詳細が明らかになり注目されています。その中でも「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」で登場し、ファンを獲得した「ハン(サン・カン)」が復活するということも話題になっています。「ハン」は「マツダ:FD3S型RX-7改フォーチュン」を「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」でドライブし、「ワイルドスピード/ジェットブレイク」では「トヨタ:GRスープラ」に搭乗。今回は、「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」で「ハン(サン・カン)」が「マツダ:RX-7(FD3S型)」で「日産:スカイライン(R33型)」の周りをドーナツターンするシーンがあります。今回は、そのシーンの「Verena Mei ヴェレーナ・メイ」と「Mari Jaramillo マリ・ジャラミロ」が搭乗する「日産:スカイライン(R33型)」に注目したいと思います。


「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7フォーチュン】ワイルドスピード仕様のスペック

アリゾナに暮らす、車だけが生きがいの高校生ショーン・ボズウェルは、ジョックの挑発により行ったストリート・レースの末に大事故を起こし警察に補導されてしまう。ショーンはこれまでにも2度同じような騒ぎを起こして補導されており、ついに今回の一件で母親に愛想を尽かされ、東京の米軍基地に勤務する軍人の父の下で暮らすことになった。ショーンは「カーレースをしない」というルールを定められ、日本の高校に転校。しかし転校先の高校で同級生のトゥインキーに誘われ、夜の街での立体駐車場で行われるドリフト・バトル、そして「D.K.(ドリフト・キング)」の名を持つタカシの存在を知り、ドリフトの心得が無いにもかかわらず、タカシの仲間であるハンから日産・シルビアを借りて挑むも、車をボロボロにした挙句に惨敗してしまう。しかしハンは、ショーンにドリフトの才能があると見抜き、タカシを倒して下克上を果たすという目的を達成するため、直々に稽古をつけ始める。ショーンはそれに応えてめきめきと腕を上げてタカシとのレースに備える。


「日産・スカイラインGT-R(R33型)」:概要

あわせて読みたい記事:【ニスモ 400R】R33型GT-R限定モデルのスペック・価格

「ハコスカ」以来の「GT-R」の復活、グループAでの活躍など数多くのエピソードから伝説的な存在となった先代モデルの「R32型・GT-R」のDNAを引き継ぐ重責を担ってデビューした「R33型・GT-R」は、1993年8月に「R33型:スカイライン」が発表された直後の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表された後、1995年の第13回東京オートサロンで発表するという当時の市販車としては初めての挑戦から始まりました。

特筆すべきは、「究極のドライビングプレジャー」というコンセプト通りのもので、本格的にニュルブルクリンクでのテストドライブが重視されました。そして実際に「BCNR33:GT-R」のプロトタイプモデル(シャシーNo.000055、ニュルブルクリンクのタイムトライアルに使用するためアルミ製ロールバーが装着)が「7分59秒887」のタイムを記録し先代モデルの「BNR32型」に対してのタイム差は21秒も更新しました。このことから「マイナス21秒ロマン」のキャッチコピーを掲げ、「GT-R」としては初の単体でのテレビCMを展開していました。

 


「スカイライン GT-R(BCNR33型)」:スペック

あわせて読みたい記事:【トミーカイラ R33型GT-R】生産34台の希少モデルが存在

  • 年式:1995-1998年
  • 型式:BCNR33
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,675mm × 1,780mm × 1,360mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • トレッド(F/R):1,480mm / 1,490mm
  • 車両重量:1,530kg
  • エンジン型式:RB26DETT
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC 24バルブ IC ツインターボ
  • 排気量:2,568cc
  • ボア × ストローク:86.0mm × 73.7mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最高出力:206kW(280ps) / 6,800rpm
  • 最大トルク:368N・m(37.5kgm) / 4,400rpm
  • サスペンションシステム(F/R):マルチリンク
  • ブレーキシステム(F/R):ポットベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):245-45-ZR17
  • 中古車相場:200万円~550万円

「ワイルドスピード3劇中車両R33GT-R」:スペック・価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード×3】DKタカシ日産350Zのスペック・価格

映画「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」の劇中車として使用されたのが1996年式「日産・スカイラインGT-R(BCNR33)

」。

登場シーンとしては、「Verena Mei ヴェレーナ・メイ」と「Mari Jaramillo マリ・ジャラミロ」が深夜ドライブ中に「ハン」が乗った「フォーチュンRX-7」にドーナツターンを見せられるシーンです。

カスタムが行なわれている箇所としては、ボディカラーがシルバーとパープルのツートンカラーに仕上げられています。マフラーはHKS製が装着されています。ホイールはボルクレーシング製が装着されているところがエクステリアデザインでのポイント。

加えてアペックス製ターボタイマーを採用。

ブレーキ回りはフロント側をKスポーツ製6ポットキャリパーに変更されています。

エンジン出力は400馬力仕様にセッティングされているということです。

映画で使用された事を証明する証明書も付属されます。

2015年当時の車両販売価格ですが、日本円で約149万円となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。