【the STR】ランチャ・ストラトスレプリカのスペック・価格

この記事は3分で読めます

【the STR】ランチャ・ストラトスレプリカのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【WRC 名車列伝】初期のラリーで活躍したFR・FFモデルたち

あわせて読みたい記事:【ケンメリ/ヨンメリ・スカイライン】C110型の軌跡とスペック

あわせて読みたい記事:【マスタング・シェルビーGT500スーパースネーク】スペックと価格

ジェイブランディングの自動車事業部門である「UK CLASSIC FACTORY」社が2019年2月8日に同社が国内独占輸入販売契約を締結して日本で販売を行なう、あの伝説のラリーホモロゲーションモデル「ランチア ストラトス」の英国製レプリカ「」のジャパンプレミアを開催しました。

同時に、同社が同じく独占輸入販売契約を結んでいる、これまたアメリカ車のキングである「コブラ」の英国製レプリカ「AK 427」も展示されたということです。この「UK CLASSIC FACTORY」社はジェイブランディングの自動車部門として、2015年にクラシックレンジローバーを扱うことでスタートしていました。


「往年のモデルよりもポテンシャルを高めた新生ランチャ・ストラトスのレプリカ」

「the STR」を製造する「リスター・ベル・オートモーティブ」社は、2010年に「クレイグ・ホワイト」氏が設立した会社です。「クレイグ・ホワイト」氏は1989年から複数の英国小量生産車メーカーに勤務し、ストラトス、セブン、コブラ、T70などのさまざまなタイプのレプリカ製造に従事してきた人物です。シャシー設計、ボディ製造、サスペンション開発、組み立てまで、幅広い業務を20年間経験した後、走行性能で妥協のない理想の「ランチャ・ストラトス レプリカ」を作るべく同社を設立したのでした。車両開発、FRPボディ製作、シャシー製造、パーツ開発、組み立てまでを自社工場で一貫して実施しているということです。

この「the STR」は、自動車ライターで当日説明を担当した自動車ライターの「武田公実」氏によれば、「ランチア ストラトスが製造中止後も進化を続けていたとしたらどうなっていたか。そのような夢見事を本気でやったクルマで、オリジナルよりもはるかに剛性が高くなっています。タイヤが以前よりもよくなり、パワーが増えた部分を足がきちんと動くことでいなせるようになった結果、オリジナルと比較して圧倒的に速くなっています」とコメントされています。

オリジナルとの最大の違いについて「武田」氏は、「センターモノコックにサブフレームを合わせて、そこにエンジンやサスペンションを組み込んだオリジナルに対し、the STRの場合は自社製の鋼管スペースフレームを組んでいます。また、細い鋼管を組み合わせた方が明らかに軽くなり、これも魅力の1つになっているのです」と説明しています。

このフレームは、RAC ブルーブックに準拠したシャシー一体型のロールケージを持つスペースフレームを自社にて独自開発したもので、実際のラリーに参戦可能な域にまでその剛性を高められたポテンシャルです。また、ボディシェイプにおいても細部に至るまで忠実に再現し、伝説のラリー・マシンを現代の世に見事に蘇らせたのです。

パワートレーンについては「アルファ ロメオ 166」用の3.0リッターV型6気筒DOHCエンジンを搭載しており、最高出力は220BHPという仕様です。

「ジェイブランディング」代表取締役の「勝見祐幸」氏によると、「現在2年待ちのオーダーで、為替の問題もあるので難しいのですが、価格は1200万円くらいで販売したいと考えています」とのことです。

1975年のツール・ド・コルス ラリーに最強のプライベーターで知られるシャルドネチームが「ランチャ・ストラトス」で参戦し、ツール・ド・コルスを得意とするフランス人ドライバーの「ベルナール・ダルニッシュ」氏が、この通称「赤いシャルドネ」を駆り優勝しました。

「ランチア」にメイクスタイトルをもたらしたのでした。現在、「UK CLASSIC FACTORY」社では国内第1号となる「the STR」が赤であることを踏まえ、この赤いシャルドネを数少ない資料を元に完全再現しようと計画中であるということです。このポテンシャルで価格は1,200万円程度です。


「ACコブラに最も近いレプリカ・コブラ」

「AK SPORTS CARS」社が手掛けるアメリカ車のコブラのレプリカ「AK 427」は、創業以来800台を超える車両を生産しています。大半はキットカーとして供給されているものの、年間5台程度が自社工場で製造されているということです。1980年半ば、FRP製造業を営んでいた創業者の「ケン・フリーマン」氏が、当時入手可能だったコブラ レプリカのボディラインと性能に満足できずに自ら製造に着手したのが始まりだということです。「世界中にコブラのレプリカは数多くあるが、ボディの作りや塗装の仕上がりは格段によく、そこにこだわりを持っています」と「武田」氏は解説しています。

現在、日本に在庫されている車両のエンジンはシボレー社の「LS3型:6.2リッターV8(最高出力:430馬力)」と、スーパーチャージャーが搭載された600馬力を超える2台です。本来、コブラはフォード社のエンジンが搭載されていましたが、「アメリカの自動車メーカーのスポーツ部門で組み上がったエンジンを、レプリカメーカーやさまざまなホットロッドメーカーなどに供給しています。フォードもこのクレートエンジンを供給しているのですが、現在両方を比べるとシボレーの方が耐久性が高くて、チューニングの自由度も高いことから、シボレーエンジンを選んでいます」と「武田」氏は説明しています。「AK 427」は、ACコブラ系のレプリカの中でもっともオリジナルに近くクオリティが高いとされています。受注から完成までおよそ6か月が目安としており、現在日本に在庫されている2台はそれぞれ1350万円で販売されているということです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。