【ランボルギーニ・ミウラ】映画ミニミニ大作戦の劇中車のスペック

この記事は3分で読めます

【ランボルギーニ・ミウラ】映画ミニミニ大作戦の劇中車のスペック

あわせて読みたい記事:【60セカンズ】マスタング・エレノアのレプリカの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【よろしくメカドック・CR-X】実車が存在したミッドシップ仕様

「ランボルギーニ」社が5月6日に1969年の映画『ミニミニ大作戦』(原題: 『The Italian Job』)に起用されたスーパーカーの『ランボルギーニ・ミウラ』(Lamborghini Miura)が発見されレストアを完了した、と発表しました。


「今も魅了するベルトーネがデザインした流麗なボディ」

「ランボルギーニ・ミウラ」は1966年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショーで発表されたモデルでした。1963年に創業した「ランボルギーニ」社が、「フェラーリ」社に対抗するスーパーカーとして開発したというのが、「ミウラ」でした。この「ミウラ」は、「マルチェロ・ガンディーニ」氏をチーフデザイナーとし、ベルトーネがデザインした流麗なボディを持っています。


「ミッドシップに3.9リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載」

「ランボルギーニ・ミウラ」のミッドシップには、3.9リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、0~100km/h加速6.7秒、最高速280km/hの性能を発揮しました。当時、世界最速の性能を誇った「ランボルギーニ・ミウラ」は、スーパーカーのセグメントで新たな基準を打ち立てたのでした。当初の最大出力350hp仕様の「ランボルギーニ・ミウラ」は、475台が生産されています。その後、改良を続けた「ランボルギーニ・ミウラ」は1968年11月、トリノモーターショーで「ランボルギーニ・ミウラS」に進化。最大出力370hpに増したエンジンを搭載しパワーウインドウを装備し、オプションとしてレザー内装やエアコンが選択できるようになっていました。そして1971年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショーでは、最大出力385hpの「ランボルギーニ・ミウラSV」が登場しました。ワイドなリアフェンダーが特徴で、エンジンとギアボックスで、それぞれ独自の潤滑システムを搭載していました。


「今回の注目されているミウラは所在不明だった」

「ランボルギーニ」社は今回、1969年の映画『ミニミニ大作戦』(原題: 『The Italian Job』)に起用されたスーパーカーのミウラが発見され、レストアが完了したと発表しましたが、実はこの「ランボルギーニ・ミウラ」は『ミニミニ大作戦』の撮影後、所在が分からなくなっていたのです。しかし、リヒテンシュタイン在住のコレクターが2018年から所有していることが判明しました。各部品の番号や生産の履歴などを検証した結果、「ランボルギーニアーカイブ」に保管されているアセンブリーブックのデータと一致することが確認され、『ミニミニ大作戦』に起用された1台と認定されたということです。そして「ランボルギーニ」社は、この「ミウラ」をフルレストアを行いました。フルレストアを担当したのは、2015年に「ランボルギーニ」社が立ち上げた「ポロストリコ(Polo Storico)」。「ポロストリコ」は、『ランボルギーニ・350GT』から2001年に生産を終了した『ランボルギーニ・ディアブロ』までの、クラシックランボルギーニの修復や認証を専門に行っています。クラシックランボルギーニを可能な限りオリジナル状態に保つことを目指しており、2018年の1年だけでも、200を超えるスペアパーツを再設計しています。なお、1969年の映画『ミニミニ大作戦』では、冒頭シークエンスで「ランボルギーニ・ミウラ」はブルドーザーによって崖から突き落とされる形で登場しています。今回、フルレストアされた「ランボルギーニ・ミウラ」は、破壊された車両ではなく、直前の走行シーンで使用された1台ということです。シャーシナンバーは「3586」です。オリジナルの『ミニミニ大作戦』公開から50周年に合わせる形で、フルレストアが完了したということです。


「ランボルギーニ・ミウラ P400SV」:主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4390×1780×1100mm
  • ホイールベース:2500mm
  • 重量:1305kg
  • エンジン:V12 DOHC
  • 排気量:3929cc
  • 最高出力:385ps/7850rpm
  • 最大トルク:40.7kgm/5750rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:横置きミッドシップRWD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。