【テスラ】コンパクトEVの新型車モデル2は200万円以下と発表

この記事は2分で読めます

【テスラ】コンパクトEVの新型車モデル2は200万円以下と発表

あわせて読みたい記事:【Apple】最有力の日産と提携でアップルカー(EV)を実現

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935EV仕様】Bisimoto935モビーXで登場

あわせて読みたい記事:【アスパークOWL】日本製EVハイパーカー価格5億円のスペック

自動車業界で急成長を遂げている「テスラ」。今、EVカーにおいて世界を牽引し注目をあびています。今回は、25,000ドル(日本円で約260万円)以下のピュアエレクトリックカー(EVカー)を発売するとして話題になっています。現在この新型車は「モデル2」と言われているようですが、その登場は思ったよりも早く、2022年には中国、北米でも販売されるのでは、と言われているようです。現時点ではあくまでもウワサレベルでしか無いものの、2021年3月には上海ギガファクトリーにおける生産の認可が降り、2021年11月の広州モーターショーにてプロトタイプが公開される、とも言われています。今回公開された注目の動画によれば、テスラは2006年からこの「モデル2」の計画を持っていたとのことです。テスラは2008年にその第一号車「ロードスター」を発売していますが、今回の主張が正しければ「第一号車の発売に先駆けて普及価格帯までのロードマップを描いていた」ということになります。


「テスラのEV戦略」

あわせて読みたい記事:【Apple】 EVカーは5年以内には実現しないという理由とは

テスラ最初のクルマである「ロードスター」は約1000万円というプライスタグを抱え、しかもコンパクトなオープンそして2シーターというマニアックなクルマでした。当時はハイブリッドカー全盛であり、エレクトリックモデルと言うと「エコ」という認識、そしてクルマとしての楽しさ、その他様々なことを「あきらめ、我慢して」乗るのが当然だと思われていた時期でした。そういった時代にオープン2シーターという衝撃的なパッケージングで登場したのが「テスラ・ロードスター」ということになり、その後2012年に登場したのが「モデルS」。「モデルS」も1000万円クラスと高価なクルマではあるものの4ドアサルーンという一般的なパッケージングを持ち、居住空間や走行距離、なによりパフォーマンスも「ガソリン車よりも上」というスペック。日産リーフ、三菱アイミーブ等の「節約志向」イメージの強いEVばかりであった中に「ラグジュアリーで、ガソリン車にできてこのクルマにできないことはなにもない」モデルSの登場はやはり衝撃的であり、その後にはSUVボディを持つ「モデルX」を発売しています。さらに2019年にはコンパクトで安価な「モデル3」を発売することになりますが、これまでの流れだと「小さい市場における高価な車(ロードスター)」→「大きな市場における高価な車(モデルS/モデルX)」→「大きな市場における安価なクルマ(モデル3/モデルY)」へとシフトしており、今回の「モデル2」については「大きな市場のさらに安価なクルマ」という戦略。まずは高価な、そして特殊なクルマを発売することでインパクトを与え、徐々に「実利」を求めて普及価格帯に移行するという構想を2006年に持っていて、それを実現してきたのだとすると、まさに「恐るべしテスラ」ですね。※利益単価の縮小は「販売台数」でカバー。


「補助金で200万円以下となるモデル2」

あわせて読みたい記事:【ロールスロイス】ジャスティン・ビーバーのワンオフモデルのスペック

現在アメリカではバイデン大統領のもとEVの販売促進策が導入されることになるものと思われ、となると期待できるのが「購入補助金」。これを考慮すれば「モデル2」が「200万円以下」で購入できるといい、となるともうこれは完全にガソリン車と競合するレベルです。北米ではガソリンエンジン搭載コンパクトカーの価格がおよそ150万円〜からだとされ、まだまだ50万円程度の開きはあるものの、ランニングコストの差、売却時の(テスラの)リセールの良さ等を考慮するに、十分にその差を埋めることができるのかもしれません。参考までに、テスラは国内での「モデル3」の価格を一部引き下げており、「スタンダードレンジプラス」だと429万円になっています。しかしこちらにはクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金が適用されるため、実際には「389万円で」購入できるということになり、これは相当なインパクトがあると思います(そのほか、環境性能割等を考慮すると、同価格帯のガソリン車に比較すると安く買えるということになる)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。