【テンダラー浜本】旧車芸人としての愛車ケンメリの仕様スペックは

この記事は4分で読めます

【テンダラー浜本】旧車芸人としての愛車ケンメリの仕様スペックは

あわせて読みたい記事:【佐藤健】歴代彼女と上白石萌音と交際状況、愛車や人気の秘密とは

あわせて読みたい記事:【有村架純】愛車と交際相手の岡本圭人と佐藤健の関係と注目の画像

あわせて読みたい記事:【岡田准一】愛車と「ザ・ファブル第二章」のあらすじ・キャスト・ハコスカGT-R

お笑い芸人の「テンダラー浜本」さん。以前から旧車好きで旧車芸人としても有名な方ですが、今回はインターネット上でも「超貴重なモデルでは?」とか、「渋い愛車に乗っている」と話題になっているようです。それで今回は、「テンダラー浜本」さんがどのような旧車を愛車として乗っておられるのか注目です。

あわせて読みたい記事:【山本美月】結婚を発表した彼女の旧車への思いと真夜中のスーパーカーAE86のスペック


「テンダラー浜本さんのプロフィール」

  • 名前 浜本広晃(はまもと ひろあき)
  • 生年月日 1974年2月15日
  • 出身地 大阪府
  • 身長 177CM
  • 血液型 O型
  • コンビ テンダラー(ボケ)
  • 事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 1994年6月入社。同期の白河悟見とお笑いコンビ、テンダラーを結成。コンビで映画「岸和田少年愚連隊~血煙り純情篇~」やDVD「ハビデ NEO お笑いクールウェイブvol.3」などに出演。なんばグランド花月やよしもと漫才劇場などの舞台で活躍中。趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞。

「テンダラー浜本さんの愛車」

あわせて読みたい記事:【長瀬智也】愛車とジャニーズ退所の理由やこれまでの恋愛について

「テンダラー浜本」さんは、以前、父が乗っていた「日産・フェアレディZ」の2台目モデルの「S130型:フェアレディZ2000」の3AT仕様、カラーはワインレッドで同じ仕様の個体を偶然、インターネットで見つけ購入して乗っていました。「テンダラー浜本」さんがおっしゃっていましたが、渋滞の原因となる程に遅いクルマだったようです。その後、京都の仕事に向かう際にインターネットで見つけた現在の愛車に出会い購入されたそうです。

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種ー嘉手納南風の紫のケンメリスカイライン

その現在の愛車が「日産・スカイライン(KGC110型:ケンメリ)」。「ケンメリ・ヨンメリ」の愛称で今でもファンを魅了し続けている4代目となる「C110系型:スカイライン」シリーズは、デビューから伝説となった「スカイライン」、悲劇の「スカイライン」などとも呼ばれるスカイラインです。デビューとなったのは、1972年9月のことでした。「GT-R」は希少価値、参戦することのなかったモータースポーツ、それでいながら先代モデルのすでに伝説となっていた「ハコスカGT-R」に搭載されていた「S20エンジン」を搭載などによって、ファンを魅了していったモデルでした。

あわせて読みたい記事:【吉沢亮】歴代の交際相手と最新映画の杉咲花との関係と愛車の旧車


「ネーミングの由来」

あわせて読みたい記事:【ノスタルジック2デイズ】生産7台の赤のケンメリGTRが販売に

「ケンメリ・ヨンメリ」として今でも親しまれているC110型の通称は、広告キャンペーン「ケンとメリーのスカイライン」が由来となっています。これは、先代モデルのC10型の時代に展開された「愛のスカイライン」キャンペーンを継承、発展させたものでした。「ハコスカ」時代の「愛のスカイライン」のキャッチコピーも引き続き使用されましたこのCMの内容としては、若い男女のカップルがスカイラインに乗り、日本各地を旅するというシリーズもののCMで、この二人の名がケンとメリーでした。性能の高さや、レースでの栄光といった旧来のスカイラインの硬派なイメージとは異なるソフトなイメージのCMシリーズであったものの社会現象と呼べるまでの人気となりました。そして、「ヨンメリ」については4ドアセダンは「ヨンメリ」と呼ばれており、これは、「4(ヨン)枚(ドア)のケンメリ」の略となっています。


「テンダラー浜本さんのケンメリ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

ホワイトのボディカラーで「GT-R」仕様となっています。当時では上級モデルにしか採用されていなかったパワーウィンドウ、後付けクーラーが装備されています。またパワーウィンドウも後付けされているようです。「テンダラー浜本」さんの「ケンメリ・スカイライン」のグレードは「スカイライン2000GT-X」。


「C110系型:スカイラインHT 2000GTX-E」:スペック

  • 年式:1976年
  • 型式:C111型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,660mm × 1,625mm × 1,385mm
  • ホイールベース:2,610mm
  • トレッド(F/R):1,370mm / 1,350mm
  • 車両重量:1,210kg
  • エンジン型式:L20E
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC
  • 排気量:1,998cc
  • 最高出力:130PS / 6.000rpm
  • 最大トルク:17.0kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ディスク / ドラム

「スカイライン GT-R(KPGC110型:ケンメリGT-R)」

あわせて読みたい記事:【ケンメリGT-R】C110型スカイラインレーシングのスペック

超希少車として伝説的な存在となっているのが「ケンメリGT-R」。このモデルは、4代目スカイライン(C110型)の2ドアハードトップ2000GTをベースに1973年1月から4月の3か月のみ「2000GT-R」として販売されました。

GT系と比較して、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラーを装備するほか、先代では標準でなかったラジオが標準装備とされています。エンジンは先代同様S20型エンジンが採用されています。しかし、使用されていたS20型エンジンが昭和48年排出ガス規制に適合しなくなったため、レースカーもコンセプトカーが発表されたのみで実際のレースへ参加することはなしに3か月後の4月末をもってわずか197台だけで生産・販売が終了した悲劇の「R」ともいわれています。

この少ない生産台数についてはS20型エンジンの在庫処理のためという説もありますが、排ガス規制の問題や日産の経営状況、モータースポーツでの活躍が困難など多くの説があるようです。総生産台数は197台、うち195台が市販されたとされています。またエンジンは、「ハコスカGT-R」と変更されていないものの、燃料タンクが100リットルから55リットルとほぼ半減しています。

サスペンションシステムに関しては、リアにスタビライザーが装備され、マスターバック付き4輪ディスクブレーキが装備されています。車体は全長で130mm、全幅で30mm、ホイールベースで40mm拡大されており、GT系と違いオーバーフェンダーが前後に装備されています。これらの装備を足されたことでトータル45kgの重量増となりました。なお、後に現行型の日産・GT-Rまで踏襲されている丸型4灯のテールランプはこの代から採用されています。


「スカイライン 2000 GT-R(KPGC110:ケンメリ)」:スペック

  • 年式:1973年(昭和48年)1月
  • 型式:KPGC110
  • 全長:4,460mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,380mm
  • ホイールベース:2,610mm
  • 車両重量:1,145kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム:F/R ディスク
  • 生産台数:197台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。