【テクノクラシカ2019】VWの世界記録樹立車を展示・スペック

この記事は3分で読めます

【テクノクラシカ2019】VWの世界記録樹立車を展示・スペック

あわせて読みたい記事:【令和に残すスーパーカー】1980年代~1990年代編・その1

あわせて読みたい記事:【令和に残す平成の名車たち:1】スポーツカー編のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【日本の旧車・スーパーカー】市販間近だったコンセプトモデルたち

「フォルクスワーゲン(Volkswagen)」社は、2019年4月5日にドイツで4月10日に開幕する世界最大規模のクラシックカーだけのモーターショー、「テクノクラシカ2019」に、3つのテーマで秘蔵モデルを公開すると発表しました。「レコードブレーカー、伝説のフォルクスワーゲン車」をテーマにした展示では、スピード、耐久性、燃費で数々のベンチマークを打ち立てたフォルクスワーゲンの30年に及ぶ記録への挑戦から、6台の展示を行うということです。


「24時間連続走行で平均速度322.89km/h。現在でも世界記録」

「フォルクスワーゲン・W12ナルド」は2001年秋の「東京モーターショー2001」において発表された高性能クーペコンセプトです。排気量6.0リットルのW12気筒ガソリンエンジンを搭載しています。最大出力は600ps、最大トルクは63.3kgmのスペックとなっています。

  • (出典:response.jp)

イタリアのナルドの高速サーキットにおいて、10の世界記録を打ち立てたマシンでした。中でも、24時間連続の高速走行テストでは、平均速度322.89km/hという世界記録を樹立しました。「フォルクスワーゲン」によると、この記録は今でも抜かれていないということです。なお、W12ナルドは量産化されることはなかったものの、W12エンジンは最上級サルーンの「フォルクスワーゲン・フェートン」に採用されました。


「燃費42km/hのギネス記録達成のルポ。エコモービルは1リットルの燃料で1491kmを走破」

「フォルクスワーゲン」は2000年にコンパクトカーである「ルポ」「3L TDI」グレードを使用して、「80日間世界一周燃費チャレンジ」を実施しました。2台の「フォルクスワーゲン・ルポ3L TDI」は、世界22か国を巡り、3万3333kmを走破しました。100km走行あたり、消費した燃料はわずか2.38リットル(燃費は約42km/リットル)という偉業でした。燃料平均消費量で、世界で最も経済的な量産車として、ギネスブックに登録されています。

  • (出典:response.jp)

1982年には、3輪プロトタイプが当時の燃費世界記録を打ち立てています。「フォルクスワーゲン・エコモービル」は、空力性能を追求した軽量ボディに、最大出力0.272psのディーゼルエンジンを搭載しています。わずか1リットルの燃料で、1491kmを走破という記録を残しています。

  • (出典:response.jp)

1988年には、2台の「フォルクスワーゲン・コラードG60」がドイツのエーラ=レッシエンの「フォルクスワーゲン」のテストコースにおいて、6つのクラス記録を樹立しました。「コラード」というモデルは、2代目となる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のメカニズムをベースに開発されたスポーツクーペです。「フォルクスワーゲン・シロッコ」の後継モデルで、「カルマン」と共同開発され、1987年に発表されました。「G60」グレードには、1.8リットル直列4気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載していました。6つのクラス記録を樹立したモデルでは、最大出力220psのスペックでした。

  • (出典:response.jp)

「現存するゴルフで最古。1974年に南北米大陸縦断を果たす」

「フォルクスワーゲン」は1974年、初代モデルの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を発表しました。1974年10月、「フォルクスワーゲン」は初代モデルの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を2台使用して、アラスカからアルゼンチンまでの南北アメリカ大陸を縦断することに挑戦しています。初代ゴルフは3万0517kmを完走しました。「フォルクスワーゲン」によると、この大陸縦断を果たしたイエローの初代ゴルフは、現存するゴルフで最も古い1台になるということです。

  • (出典:response.jp)

1972年2月17日には、初代モデルとなる「フォルクスワーゲン・ビートル」は世界で最も生産台数の多い自動車になりました。「フォルクスワーゲン」はこれを記念して、「フォルクスワーゲン・ビートル」の最初の特別モデルを発表しました。今回の「テクノクラシカ2019」に出展される『ビートル1302 S』がそのモデルで、「ワールドチャンピオン」のモデル名が冠されていました。

  • (出典:response.jp)

「初代ビートルの美しいカブリオレを出展。生産台数696台の希少車」

「サマーフォーエバー。ビートルカブリオレの70年」をテーマにした展示では、「フォルクスワーゲン・1100ヘブミュラーカブリオレ』と「フォルクスワーゲン・1100カルマンカブリオレ」を展示する予定となっています。

  • (出典:response.jp)

「フォルクスワーゲン」は1949年、初代の「ビートル」の最初のオープンバージョンを発売しました。フォルクスワーゲンクラシックは非常にレアなモデルを、「テクノクラシカ2019」に出展するということです。1949年の「フォルクスワーゲン・1100カルマンカブリオレ(タイプ151)」と、1950年の「フォルクスワーゲン・1100ヘブミュラーカブリオレ(タイプ14A)」。非常に美しいデザインが特長で、わずか696台しか生産されなかった希少なビートルになっています。

  • (出典:response.jp)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。