【TECHART GT Street RS】 限定車のスペック

この記事は2分で読めます

【TECHART GT Street RS】 限定車のスペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・911】 ニューモデル「992型」のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【RUF・CTRアニバーサリー】記念モデル発表!スペック・価格

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

「テックアート」社が「ポルシェ・」のベースのコンプリートカー、「GTストリートRS(GT Street RS)」をジュネーブ・モーターショーにおいて発表とのことです。しかも今回まずは画像そしてスペックが公表され、わずかに10台のみが限定販売されることも同時にアナウンスされています。

そして、この「GTストリートRS(GT Street RS)」のエンジンは3.8リッターツインターボで、これはベースモデルとなる「ポルシェ・911ターボS」と同じということです。ただし「テックアート」社のパワーユニットとなるエンジンは、最高出力を770馬力にまでパワーアップ(+190馬力)させています。これは「テックアート」社がすでに発表済の「GTストリートR」のもっとも過激な仕様に比較しても+50馬力となっています。この最高出力770馬力によって「GTストリートRS(GT Street RS)」」の0−100km/h加速は2.5秒というポテンシャルです。ガソリンエンジン搭載車でこのタイムを出せるのは「ブガッティ・シロン」のみで(ダッジ・チャレンジャーSRTデーモンは”2.3秒”ですが、実際にはこのタイムは出ない模様)、もちろん「ポルシェ・911」ベースの改造車としてもいまだ達成したことのない数字です。最高速については安全のため時速340km/hに制限されるものの、実際のテストでは時速360km/hを記録したということです。

なお、外装については「フォージド・デザイン・カーボン(鍛造カーボン)」が採用され、ホイールはテックアート製のセンターロック”フォーミュラIVレース”となっています。

カーボン製のエアロディスクが装着され、そして最近の流行でもある「一箇所だけにカラー」が与えられています。

そのほか、リアウインドウ、リアサイドウインドウは軽量な「ゴリラガラス」採用とのことですが、これはポリカーボネートよりも軽量ということです。リアディフューザーはもちろんカーボン製、そしてクワッドテールパイプを持つエキゾーストシステムはチタン製(フラップ付きでサウンドコントロールが可能)です。リアウイングは「二段式」で、「かなり強い角度」がつけられています。

限定台数は上述のように「10台」ですが、それぞれのナンバーはフロントフード上に記される、とのことです(画像では”01”と入っている)。これまでに樹脂や織り目の見える通常のカーボンだったパーツはこんな感じで「フォージド・デザイン・カーボン」になっています。

エアインテークやオーバーフェンダーも鍛造カーボンが採用されています。エアインテーク内には整流効果を狙ってかフィンのようなものが見られます。

エンジンフード上のエアインテーク(シュノーケル)、リアウイングも鍛造カーボンです。

サテン仕上げの上にグロス仕上げのクリア層、そしてオレンジのラインがポイントです。

「GT Street RS」のインテリアも「フルカスタム」されており、フロアマット、ダッシュボード、センタートンネル、センターコンソール、サンバイザー、ドアピラーそしてルーフライニングはアルカンターラ張りになっています。

さらに要所にはブラックレザーが使用され、ステッチはグレーとオレンジとなっています。また、グレーに見える生地はウールだそうで、最近クルマの内装素材として再注目されています。外装同様にアクセントカラーとしてオレンジが使用され、ロールバーの他、ドアオープナーやメーター、ドライブモードスイッチもオレンジになっています。

「テックアート」はこれまでの他のカスタム車両においてもこの部分をペイントしています。

そしてこちらはそれぞれの車両に付属するバッグです。もしろん「01」から「10」までのナンバーが揃うようです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。