【プジョー406】映画「TAXi(タクシー)」の劇中車が競売に

この記事は2分で読めます

【プジョー406】映画「TAXi(タクシー)」の劇中車が競売に

あわせて読みたい記事:【ロッド・スチュワート】 所有していたガヤルドがオークションに

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ】ミュージアムに展示される映画に登場したモデル

あわせて読みたい記事:【A80型スープラ】映画ワイルドスピード劇中車のスペック・価格

「リュック・ベッソン」が製作・脚本、そして「ジェラール・ピレス」監督による1998年の大ヒットカーアクション映画「TAXi」で使用された「プジョー 406」が、オークションに登場するということで注目されています。映画の内容は、もちろんフランスの映画だったので、フランスのマルセイユを舞台にしています。そしてタクシー運転手と新米刑事が強盗団を相手に奮闘するというものでした。

  • (出典:www.ferrarilamborghininews.com)

主人公のタクシードライバー・ダニエルと、ちょっとマヌケ(左右もわからない)な刑事エミリアンのコンビが繰り広げ、ダニエルが乗る「プジョー・406」の改造車(イングランドツーリングカー選手権仕様)や、街を疾走する迫力のカー・アクションが見ものでした。映画の中での「プジョー・406」はダニエルの愛車・商売道具として登場していますが、普段は普通のタクシーと変わりないが車内のスイッチを押すとあっという間に改造車(レーシングカー)に変身し、時速200キロ以上でマルセイユの街を突っ走る超速マシンです。エンジンは劇中では最上級モデルのV6 3リッターをチューンしてあることになっていますが、実際はBTCC仕様のためエンジンは2リッターで300馬力程度を発生しているはずです。

  • (出典:www.ferrarilamborghininews.com)

ダニエルのタクシーの変形機構は以下の通りとなっていました。

  • グローブボックスからコンソールパネルを出し、スイッチを入れる。
  • 車体下部からジャッキが展開し、車体が持ち上がる。
  • タイヤがフェンダー端ギリギリまでせり出し、トレッドが広がる。
  • エアロパーツが車体下部から展開。同時にリアウイングがトランク蓋からせり出す。
  • ハンドルを純正のものからスポーツ仕様のものに付け替え、ジャッキが折りたたまれて車体が接地し、変形完了。

今回、オークションに登場する「プジョー・406」は、まさに映画「TAXi」で使用されたエアロパーツが装着されており、ファンにとっては見逃せない個体となっています。

  • (出典:www.ferrarilamborghininews.com)

ちなみに当然ではありますが、変形することはなくエアロパーツ装着済みの状態です。予想落札価格は、1,000万円~1,200万円とされています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。