【滝沢秀明】 ジャニーズ副社長としてのこれまでの改革活動と愛車

この記事は4分で読めます

【滝沢秀明】 ジャニーズ副社長としてのこれまでの改革活動と愛車

あわせて読みたい記事:【山本美月】結婚を発表した彼女の旧車への思いと真夜中のスーパーカーAE86のスペック

あわせて読みたい記事:【小島瑠璃子】現在の愛車や原泰久とキングダムへの愛の経緯と過去

あわせて読みたい記事:【長瀬智也】愛車とジャニーズ退所の理由やこれまでの恋愛について

芸能界を引退し、ジャニーズ事務所でプロデュース業に専念する「滝沢 秀明」は、引退前に「僕的には“さよなら”という言葉は使いたくないので、“行ってきます”という意味。人として大きく、皆さんの期待に応えられる男になりたい」と決意を述べておられました。それからタレント部門の統括は「滝沢秀明」さんが副社長という重責に就いて担い、ジャニーズ愛にあふれる変化をもたらすために専念してこられました。その「滝沢秀明」さんは、どのようなな経緯で現在の状況となっているのか振り返ってみたいと思います。その点は下記で見ることができます。まずは、「滝沢秀明」さんの愛車に注目です。


「滝沢秀明」さんの愛車:メルセデス・ベンツGクラス」

あわせて読みたい記事:【橋本甜歌(てんちむ)の愛車】FD3S型RX-7イニシャルD高橋啓介仕様

「ゲレンデヴァーゲン」こと「メルセデス・ベンツGクラス」は、メルセデスとオーストリアのシュタイア・プフ(現マグナ・シュタイア)が7年の歳月をかけて共同開発し、1979年に発売した正統派オフロード・ヴィークル。以来、シュタイアの工場では19万台を超えるGクラスが生産され、いまだに根強い人気を誇っているのはご存じのとおり。このGクラスには、4ドアのロングボディのほか、2ドアのショートホイールベース版やカブリオレが存在。現在日本で販売されているのはロングのみで、「G500ロング」と「G55 AMGロング」のふたつがラインナップされている。

あわせて読みたい記事:【メルセデスベンツ・300SL】石原裕次郎の遺産・愛車のスペック・価値

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、「ゲレンデヴァーゲン(GELANDEWAGEN)」の名で1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化しつづけてきた、クロスカントリーの代表モデル。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載、最高出力422馬力(310kW)を発揮する「G550」、3L 直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「656」を搭載、最高出力は286馬力(210kW)を発揮する「G350d」を設定。トランスミッションは、「9G‐TRONICトランスミッション」を採用。今回、「G350d」をベースとした特別仕様車「G350d マヌファクトゥーアエディション」を設定。エクステリアには、サイドミラー、フロント/リアスカート、ホイールアーチ、フロントグリル、ルーフトップ、前後スリーポインテッドスター、スペアタイヤリング等随所にブラックのアクセントを、更にヘッドライト、フロントウインカー、リアコンビネーションランプにブラックスモークを施している。インテリアには、上質で滑らかな肌触りのナッパレザーにシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター(前席)、リラクゼーション機能(前席)等の快適装備を採用。インテリアトリムにおいても、カタログモデルには設定のないブラックアッシュウッドインテリアトリムを採用。さらに、ダンパーを電子制御することで連続可変制御が可能なアダプティブダンピングシステムを採用することで、路面を問わず快適な乗り心地を実現している。ボディカラーは、通常モデルには設定の無い「ダイヤモンドホワイト(M)」と「ジュピターレッド(S)」の全2色を用意。「G350d」、「G350d マヌファクトゥーアエディション」は右ハンドル、「G550」は左ハンドルの設定。


「メルセデス・ベンツGクラス・ゲレンデヴァーゲン」:スペック

  • 全長×全幅×全高=4530×1860×1950mm
  • ホイールベース=2850mm
  • 車重=2500kg
  • 駆動方式=4WD
  • 排気量=5.5リッター
  • エンジン=V8SOHC24バルブ(500ps/6100rpm、71.4kgm/2750-4000rpm)
  • 価格=1650.0万円

「滝沢秀明さんジャニーズ副社長としての活躍」

あわせて読みたい記事:【山下智久】愛車のスペックと恋愛相手モデルのマリア愛子について

2019年年7月、当時ジャニーズ事務所の社長だった「ジャニー喜多川」氏が亡くなり、ジャニーズを始め芸能界に大きな影響を与えました。そしてその後、ジャニーズでは体制が一新されることになりました。タレント部門の統括は若き幹部、「滝沢秀明」さんが副社長という重責に就いて担い、ジャニーズ愛にあふれる〝改革〟が進むことが期待されていました。しかし、ジャニーズの状況は難しい難題を突きつけられています。ジャニーズメンバーが相次いで退所しているだけでなく、様々な問題を起こし話題となっているのです。では、「滝沢秀明」さんはこれまでどのような活動をされてきたのでしょう。まず、昨年よりジャニーズ事務所傘下に新たに興された関連会社『ジャニーズアイランド』社長に就任。Jr.のプロデュースおよび新人発掘に取り組み始めました。その後、ジャニー氏が逝去したことを受け、同年9月に新たな役員人事にて本社副社長就任が発表されました。しかし、「滝沢秀明」さんがどのような思いで〝愛にあふれる改革〟を推し進めているのかはなかなか見えにくいものの、形となって表れているのが、事務所を辞めるアイドルたちの大物ばかりが目立っているということかもしれません。

あわせて読みたい記事:【ブガッティ・チェントディエチ】C・ロナウドが限定10台・価格11億オーバーの愛車

「滝沢秀明」さんが副社長に就任して以降、元『関ジャニ∞』の「錦戸亮」さん、元『SMAP』の「中居正広」さん、元『NEWS』の「手越祐也」さんが退所しました。先ごろ『TOKIO』の「長瀬智也」さんも2021年3月いっぱいでの退所を表明しました。まだ就任して1年もたっていないことを思えば、彼らはまさに〝改革〟の犠牲者なのかもしれません。そもそもジャニーズ事務所は毎年、100人単位でアイドルの卵を採り、みんなタダ働き同然で消えていくといわれています。実際、これはリストラのように見える改革といえるかもしれません。長年の功労者も〝候補〟として名が挙がっています。筆頭は『少年隊』の「錦織一清」さん。1980年、90年代に圧倒的な人気を博したグループです。近年、主だった活動もなく解散したように思われていますが、ちゃんと現存しています。とはいえ、グループで活動していることは皆無の状態。事実、「滝沢秀明」さんは副社長になるに当たって、事務所に『50歳定年制』を打ち出しているようです。ということは、引き続きリストラという改革に加えて、問題を起こすアイドルは売れていても、有名でも厳しい判断が下されていくのかもしれません。今後、どのように改革を進めていくのか「滝沢秀明」さんの行動に注目です。


「滝沢秀明」さん:プロフィール

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】池田美優みちょぱオススメのシリーズとキャラ

滝沢 秀明(たきざわ ひであき、1982年(昭和57年)3月29日 – )は日本の演出家、実業家。東京都八王子市出身。ジャニーズ事務所副社長、傘下のジャニーズアイランド社長を務める。愛称は「タッキー」。 2018年12月31日以前は芸能界にて歌手、俳優、タレントとして活動しており、男性アイドルデュオ・タッキー&翼の全活動期(2002年 – 2018年)のメンバー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。