【竹野内豊】愛車の旧車カワサキZ1Rと歴代彼女、結婚しない理由

この記事は7分で読めます

【竹野内豊】愛車の旧車カワサキZ1Rと歴代彼女、結婚しない理由

あわせて読みたい記事:【ヒロミ】愛車CB400FOURヨンフォア八王子スペクター当時仕様

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

モデルとしてデビューし、日本のイケメン俳優として現在では渋い役どころが多い「竹野内豊」さん。ご自身でもバイクや車がかなり好きでマニアックな愛車を所有されていることで有名です。今回は、「竹野内豊」さんのドラマ「もう一度君に、プロポーズ」で愛車としていた「カワサキ・Z1-R」に注目です。


「竹野内豊さんのプロフィール」

  • 名前:竹野内 豊 たけのうち ゆたか
  • 本名:竹野内豊
  • 生年月日:1971年1月2日
  • 出生地:埼玉県所沢市
  • 出身地:東京都
  • 身長:179 cm
  • 血液型:O型
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1994年 –
  • 事務所:研音
  • 経歴:母と姉が男性ファッション誌のモデルに応募したことがきっかけで芸能界入りされています。モデルを経験した後、1994年放送のテレビドラマ『ボクの就職』にて俳優デビューされました。1995年、ドラマ『星の金貨』で第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞を受賞。1997年には『ビーチボーイズ』で「反町隆史」さんとともに主演を務め、その人気を決定的なものに。以降、『WITH LOVE』『氷の世界』『真夏のメリークリスマス』『できちゃった結婚』といった人気ドラマに主演し、2001年にはイタリア・フィレンツェを舞台とした映画『冷静と情熱のあいだ』ではケリー・チャンと共演し主演を務められています。20代までは恋愛作品のイメージが強かったが、2003年放送の『ヤンキー母校に帰る』では義家弘介をモデルにした元ヤンキーの熱血教師という自身初のこれまでにない硬派な役を演じ、当たり役を得る。2010年2月よりレナウンの男性向けブランド「D’URBAN(ダーバン)」のイメージキャラクターを務める。2010年10月放送の『流れ星』で、9年振りにフジテレビ月9ドラマに主演。2011年、映画『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』で大場栄陸軍大尉を熱演し主演を務め、第54回ブルーリボン賞主演男優賞を獲得。2021年4月クール放送の『イチケイのカラス』にて、50歳でフジテレビ月9としておよそ11年ぶりの主演。月9枠では「織田裕二」さん以来、4人目の50歳代での主演。

「もう一度君に、プロポーズ」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ネメシス】ドラマに登場した人物の愛車や旧車バイク車種一覧リスト

夫が病気で記憶をなくしてしまった妻に、もう一度プロポーズしようと決心する明るくピュアなラブストーリー。主人公・波留の存在も、二人の思い出もすべて忘れてしまった妻・可南子。妻を失いたくないという強い思いから、どんなにくじけそうになっても、周りから呆れられても、波留は決して諦めず、あえて明るいテンションで再び妻にアタックする。「諦めないハート」こそ、困難を乗り越える勇気と元気になるというメッセージも込められている。
主人公で整備工場に勤める整備士・宮本波留を竹野内豊。その妻・可南子役は和久井映見。また、亡くなった父の代わりに家族の大黒柱になろうと、懸命に努力している可南子の弟・谷村裕樹役には、山本裕典。波留に密かに思いを寄せる職場の同僚・吉城桂役に、倉科カナ。そして、記憶をなくした可南子のことを一番に考え、波留との仲を見守る可南子の母親・万里子役を、真野響子が演じる。


「竹野内豊さんが乗る愛車のカワサキZ1R」

あわせて読みたい記事:【AKIRA】愛車のZ2/カワサキ750RS鬼塚英吉GTO仕様

「竹野内豊」さんがドラマ「もう一度君に、プロポーズ」の主人公の愛車として「竹野内 豊」さん自身が気に入って「カワサキZ1R」が選ばれたようです。車両協力をおこなったのは空冷Z系のカスタムなどを手がける「PAMS(パムス)」。作品を見た感じでは前後ショックの換装、ダイマグ風のホイールに、リヤはフェンダーレス仕様。エキゾーストは4into1の集合と言った一見ライトカスタム。


「カワサキ・Z1-R」:概要

あわせて読みたい記事:【市原隼人】愛車のZ1・カワサキ900superfourの仕様

1978年にデビューした「カワサキ・Z1R」。これまでカワサキは、Z1シリーズ伝統の流麗な曲線を持ったデザインが特徴でしたが、大幅に変更し直線基調でスリム化を徹底。この変貌は称賛されて世界に受け入れられ、そのスタイルは後の「カワサキ・Z1000MkⅡ」、「カワサキ・Z1000R」、そして「カワサキ・ZRX」に至るまでカワサキデザインのキーポイントになります。実にこのデザインは、微妙な曲線美を持つ日本刀がイメージ。

エンジンはZ1のエンジンを1,015ccに排気量アップしたZ1000A1がた、しかも初期のZ1と同じ塗色のブラックを搭載。エンジンの基本ブロックは1978年モデルのZ1000(KZ1000-A2)のそれと同一だが、大径キャブレターの採用等により出力90ps(Z1000は83ps)を発揮し、スペシャルモデルとしての差別化。またカワサキ初のアルミキャストホイールや大容量膨張室を持った“4 in 1”集合管を装着し、ビキニカウリング内にはスピード/回転計のほか、燃料計と電流計が備えられ、方向指示器にはオートキャンセル機構が付加。実際、姿・形ばかりでなく、やはり最高速に挑み続けてきたカワサキらしい車両は、ゼロヨンで12秒フラットをマーク。最高速は218km/h以上をたたき出し、さらにデビュー翌年の1979年のル・マン24時間耐久レースではシルエットノーマルクラスで優勝を飾り、そのポテンシャルの高さを世界に知らしめた。

1978年モデルとして投入された「カワサキ・Z1-R(KZ1000-D1)」以外に現地プロデュースによる派生モデルとしてフランスにZ2-R(カラーリング変更)、ドイツにZ1000S(ビッグタンク、4本マフラー装備、北米向けプロダクションレーサーKZ1000S1とは無関係)、アメリカにZ1-RTC(ターボ装着)が存在。


「カワサキ・Z1R-2」:概要

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

1978年に発売されたのが1979年型の「カワサキ・Z1R-II」。変更点は、フレームとエンジンのベースをZ1000からZ1000MKIIへ変更、フロント19インチホイール、フロントフォークステムのショートオフセット化(60mm→50mm、トレール量確保と軸間距離の最適化)、燃料タンク容量アップ、“4 in 2”マフラー。

同年発売のZ1000MKIIベースとなったエンジンは、カムカバーが角型になったほかZ1000MKIIと形状の異なる専用マフラーなどの採用によって出力も僅かだがZ1000MKIIより高いものとした。Z1の強化版のZ1000からダウンチューブの一部を二重鋼管としたZ1000MKIIベースのフレームとなった。カラーリングも黒と赤の2色が用意された(1980年モデルは黒1色のみ)。


「カワサキ・Z1000Mk-II」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鰐淵春樹の愛車Z1000Jジェイソンの仕様

「カワサキ・Z1000」の特別仕様として1977年に発売したモデルが「カワサキ・Z1-R」ですが、「カワサキ・Z1000」の1978年のモデルチェンジ(1979年モデル)で直線スタイルのデザインとなったにが、「カワサキ・Z1000MKII」。「Z1000MKII」は2年間販売されました。そして、1980年のモデルチェンジ(1981年モデル)で「カワサキ・Z1000-J1/Z1100GP-B1」になりフレームの新製および徹底したエンジンの改良を行いZ系からJ系へとターニングポイントを迎えました。


「カワサキ・Z1000H」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真嶋夏生のホンダCB1100R爆音スペシャル

「カワサキ・Z1000Mk-II」をベースに、1980年に誕生したのが「カワサキ・Z1000H」。Z1000Mk-IIとの最大の違いは、燃料供給を従来のキャブレターではなく、当時まだまだ市販2輪車では珍しかった電子制御の燃料噴射装置に置き換えたことだ。吸気量をセンサーで計測し、そのデータに合わせて理想的な燃料噴射量を決定するKEFIと呼ばれるこの電子制御燃料噴射システムは、ドイツのボッシュが4輪車向けに開発したLジェトロニクスを2輪車用にしたもの。最高出力で見るとZ1000Mk-IIの93PSに対して、Z1000Hは96PSとパワーアップを実現。


「カワサキ・Z1-Rシリーズ」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2160/800/1295mm[2218(2155)/805/1290(1280)mm]{2180/900/1180mm}
  • シート高:815(825)mm
  • 車軸距離:1505mm[{1490(1478)mm}]
  • 車体重量:246kg(乾)[250kg(乾)]{245kg(乾)}
  • 燃料容量:13.0L[20.0L]{17.8L}
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
  • 総排気量:1016cc
  • 最高出力:90ps/8000rpm[94ps/8000rpm]{93ps/8000rpm}
  • 最高トルク:8.7kg-m/7000rpm[9.2kg-m/6500rpm]{9.1kg-m/6500rpm}
  • 変速機:常時噛合式5速リターン
  • タイヤサイズ:前3.50H18後4.00H18[{前3.25V-19後4.00V-18}]
  • バッテリー:YB14L-A2
  • プラグ:B8ES、W24ES-U
  • スプロケ:前15|後33[{前15|後35}]
  • チェーンサイズ630|リンク92
  • スペックはZ1-R
  • []内はZ1R-II/D2
  • ()内はZ1R-II/D3
  • {}内はMK-II

「竹野内豊さんの歴代彼女について」

あわせて読みたい記事:【佐藤健】8年越しの花嫁/土屋太鳳と劇中車のトヨタ2000GT

ここからは、「竹野内豊」さんのプライベート、つまり歴代彼女について振り返りたいと思います。


「竹野内豊さんと後藤エミさん」

あわせて読みたい記事:【志尊淳】歴代彼女と永野芽郁との交際状況、初恋相手や愛車に注目

2人は「竹野内豊」さんのモデル時代に出会い、交際が始まったとされており、熱愛報道は「女性セブン」(1999年6月頃)での報道でした。熱愛報道後、2人の交際は5年間続きましたが、俳優として多忙になっていった竹野内豊さんとのすれ違いから、2人は破局に至った、と言われています。現在、後藤エミさんは芸能界を引退しているようです。


「竹野内豊さんと榊ゆりこさん」

あわせて読みたい記事:【手越祐也】愛車ランボルギーニの価格と実名本で公開された芸能人

「榊ゆりこ」さんは、ファッション雑誌「JJ」で活躍していたモデルです。2人は、週刊誌に熱愛を報道(1999年)されました。しかし、その後、破局。「榊ゆりこ」さんは、その後、一般男性と結婚し、現在は2児の母親となっています。


「竹野内豊さんとブレンダさん」

あわせて読みたい記事:【新木優子】 歴代彼氏や愛車の旧車とすっぴん画像やコスプレ画像

「ブレンダ」さんは、ファッション雑誌「JJ」ほかで活躍していた人気モデルです。2人は「フライデー」(2005年)で熱愛をスクープされました。2002年頃から始まったとされていますが、熱愛報道後、ほどなくして2人は破局。破局の原因は、お互いに多忙だったこと、「ブレンダ」さんには離婚歴があり、結婚に慎重だったこと、などが憶測されています。その後、「ブレンダ」さんはハワイ在住の一般男性と結婚(2008年)し、現在は2児の母親となっています。


「竹野内豊さんと天海祐希さん」

あわせて読みたい記事:【橋本環奈】歴代の彼氏や交際相手と環奈伝説と言われた事件や愛車

2人の出会いは、ドラマ「離婚弁護士」(2004年)での共演でした。ドラマでの2人の息のあった掛け合いや、番宣で出演したバラエティ番組での2人の仲の良さなどから、熱愛の噂に発展したようです。しかし、もともと友人同士で、その関係をメディアで披露するなどしています。こうしたことから友人である可能性が高いと思われます。


「竹野内豊さんと和久井映見さん」

あわせて読みたい記事:【川口春奈】矢地祐介と結婚、歴代彼氏、スッピン画像や愛車に注目

2人の出会いは、ドラマ「不毛地帯」(2009年)での共演でした。しかし週刊誌にツーショットをスクープされたわけではないので、2人が交際していた確証はないのですが、2人は交際後、ほどなくして破局したと見られています。


「竹野内豊さんと尾野真千子さん」

あわせて読みたい記事:【佐田真由美】愛車のメルセデスAMGと野村訓市の旧車デュース改

2人の出会いは、映画「ニシキノユキヒコの恋と冒険」(2014年)での共演でした。しかし、「竹野内豊」さんと「尾野真千子」さんにツーショット目撃情報も熱愛情報も出なかったことから、2人の熱愛は噂止まりだったと思われます。


「竹野内豊さんと倉科カナさん」

あわせて読みたい記事:【市川紗椰】歴代彼氏や愛車の旧車とガンダム愛のハマーンコスプレ

2人の出会いは、ドラマ「もう一度きみにプロポーズ」(2012年)での共演でした。2人に熱愛報道が出たのは、その2年後の「フライデー」(2014年10月17日)でのスクープでした。交際が始まったのは、2014年秋頃から(ドラマ「もう一度きみにプロポーズ」(2012年)の共演の翌年)だと報じられています。そして2人が破局したのは、2018年の夏頃だと見られています。2人が破局した理由ですが、なかなか結婚に踏み切らない「竹野内豊」さんに対し、30歳までに結婚を望んでいた「倉科カナ」さんが別れを切り出した、と憶測されています。


「竹野内豊さんと綾瀬はるかさん」

あわせて読みたい記事:【ダレノガレ明美】メーカーカスタムの愛車と歴代彼氏やスッピン画像

2人の出会いは、ドラマ「義母と娘のブルース」(2018年)での共演でした。しかし、2人のツーショット目撃情報や熱愛情報は出ていませんし、竹野内豊さんと綾瀬はるかさんの熱愛は噂止まりのようです。


「竹野内豊さんが結婚しない理由」

あわせて読みたい記事:【大沢たかお】愛車のメルセデスG63キングダム六大将軍王騎仕様

「竹野内豊」さんは「結婚すると落ち目になるのでは」と思っているということ。また「彼は意外にも自己評価が低く、演技もプライベートも迷いが多い優柔不断なタイプなんです。結婚に関しても、7年前に父親を病気で亡くして、母親の面倒をみることもあり、慎重になっている。女性に対して積極的でもないので、交際に発展しづらい」とメディア関係者は見ているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。